スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGBF ウイングガンダムゼロ炎 レビュー

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGBFウイングガンダムゼロ炎」のガンプラレビューです。

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドファイターズ炎トライに登場し、コウエン・ユウセイが使用するウイングガンダムゼロ炎をご紹介。

2015年発売。

翼部分に大型剣ハイパーカレトヴルッフを2本装備しているほか、飛行形態のネオバードモード炎に変形可能

新規ランナーがかなり多いビルド系キットに仕上がっています。

という事で、HGウイングガンダムゼロ炎をHGACウイングガンダムゼロとの比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

HGBF ウイングガンダムゼロ炎

HGウイングガンダムゼロ炎のボックスアート画像です

ウイングガンダムゼロ炎とは

・月刊ホビージャパン公式外伝「ガンダムビルドファイターズ炎トライ」に登場

・格闘戦に特化した機体で、炎クリスタル(クリアオレンジの部分)により「炎システム」を搭載

 

ガンプラ的には一部にHGACウイングガンダムゼロの関節パーツを使用しているものの、外装は全て新規造形です。※比較は後述

ツインバスターライフルも一部新規造形になっているので、リデコキットというより新規ガンプラと思って良い内容になっていました(*_*)

組み立て書とコウエン・ユウセイの画像です

組み立て書には、ビルダー兼ファイターのコウエン・ユウセイ(紅炎勇星)が記載。

格闘戦を得意とするファイターで、清炎学園の美術教師です。

HGウイングガンダムゼロ炎のホイルシールの画像です

ホイルシールの量は少なく、「ツインアイ」「胸部まわり」「ツインバスターライフル」などの色を補うものが付属します。

HGウイングガンダムゼロ炎の付属品と余剰パーツの画像です

付属品一覧がこちら。

※「ツインバスターライフル×2」「ビームサーベル」「ウイングシールド炎」

HGACゼロではサーベル柄が2本入っていましたが、本キットでは1本のみ同梱。ただ、クリアグリーンのサーベル刃は2本付属します。(ブラックライトで光るタイプのやつ)

また、関節ランナーの余剰パーツが出ます。炎では何気に「前腕部の関節」「足首パーツの関節」なども新規造形になっていたりします。

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBFウイングガンダムゼロ炎がこちら。

レッドを主体とした成形色になっており、炎クリスタルにはクリアオレンジのパーツが使用されているのが特徴です。

外装は新規造形で、流用パーツはかなり少ないです。

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

元のゼロがオールガンダムプロジェクト準拠のフォーマットで立体化されていたので、本キットでも関節パーツ・ポリキャップの位置などにその名残が残っている感じ。よく動くぞ!(>ω<)

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

翼の展開ギミックはウイングバインダーと同じですが、2本の大型剣ハイパーカレトヴルッフを装着しているのが特徴です。

それでは細かく見ていきます!

HGウイングガンダムゼロ炎の可動域のガンプラレビュー画像です

可動域は広く、腕は水平以上上がり真横まで開脚します。顔も大きく上を向く事ができます。

HGウイングガンダムゼロ炎の手足関節のガンプラレビュー画像です

肘関節はほぼ180度曲がり、ヒザ関節は90度ほど曲がります。ヒザ立ち可能です。

HGウイングガンダムゼロ炎の上半身回転のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。ネオバードモード炎(飛行形態)再現時に回転させる部分です。

HGウイングガンダムゼロ炎の頭部のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。各センサー部やツインアイはシールです。色分けは優秀で、くぼみ部分をスミ入れするだけで色分けは完了します。

HGウイングガンダムゼロ炎の頭部のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、トサカ周辺の側面に合わせ目が出ます。

また、側面には炎クリスタルのクリアオレンジのパーツを取り付けます。ちょっとエッジが緩いかな?

HGウイングガンダムゼロ炎の胴体のガンプラレビュー画像です

胸部をアップで。サーチアイ(胸中央の丸)は光沢感のあるシルバーシールの上にクリアグリーンのパーツをはめ込んで再現します。

左右のエアダクト部グリーンはシールです。

ちなみに胴体上にあるカバー(白いパーツ)を外しても、マシンキャノンは造形されていません。

HGウイングガンダムゼロ炎の上半身可動のガンプラレビュー画像です

上半身は前後・左右と柔軟に可動します。

HGウイングガンダムゼロ炎の胴体側面と肩のガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、側面のポリキャップ上下に合わせ目が出ます。

ショルダーアーマー外側のサブアーマーは可動します。

HGウイングガンダムゼロ炎の背部のガンプラレビュー画像です

背部をアップで。この溝は、ネオバードモード炎(飛行形態)に変形する時にウイングシールド炎を差し込む穴になっています。

HGウイングガンダムゼロ炎の可動域のガンプラレビュー画像です

肩・翼ともに前後に可動。特に翼は細かく動きをつける事ができます。

ただ、ショルダーアーマーなどに合わせ目が出ます。

HGウイングガンダムゼロ炎の翼可動のガンプラレビュー画像です

展開ギミックも搭載しているぞ!

HGウイングガンダムゼロ炎の翼を広げた状態のガンプラレビュー画像です

開いた状態がこちら。

翼とハイパーカレトヴルッフには、クリアオレンジのパーツがふんだんに使われています。

HGウイングガンダムゼロ炎の腕のガンプラレビュー画像です

腕部の合わせ目は肩内部ブロックのみです。合わせ目の量は少なくなっている模様。

HGウイングガンダムゼロ炎の腰回りのガンプラレビュー画像です

腰部。ウイングガンダムゼロではリアアーマーにスタンド穴が空いていましたが、炎の場合股下のみとなります。

HGウイングガンダムゼロ炎の脚部と関節のガンプラレビュー画像です

脚部は関節パーツに合わせ目が出ます。厳密にいえばヒザのクリアパーツ奥付近に合わせ目が出ますが、ほとんど目立ちません。

HGウイングガンダムゼロ炎の脚部のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。後ろ側の合わせ目の量は多く、足首パーツのカカトにも合わせ目アリです。

HGウイングガンダムゼロ炎の足裏と股下のガンプラレビュー画像です

足裏のつま先には少し肉抜きがあります。土踏まずにあったゼロバーニアは撤廃されました。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いており、股関節パーツは柔軟に動きます。

HGウイングガンダムゼロ炎のウイングシールド炎のガンプラレビュー画像です

こちらがウイングシールド炎。前腕部とのジョイントパーツ含め、新規造形になっています。

元キットではシールドが外れやすかったのが弱点でしたが、改善されガッチリと保持できるようになりました。ただ、ポーズによっては肩にちょっと干渉します。

HGウイングガンダムゼロ炎のウイングシールド炎に収納されたサーベル柄の画像です

ウイングシールド炎の裏側には、ビームサーベルの柄が1本収納されています。

HGウイングガンダムゼロ炎のビームサーベルのガンプラレビュー画像です

引き抜いて持たせる事ができますが、シールド側の凸軸を折らないようご注意を!←折れそうになった人(*ノェノ)

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

ウイングガンダムゼロ炎、ビームサーベルを抜刀!

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

翼が展開するため、ポーズが決まります(*´ェ`*)

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

飛びかかるウイングガンダムゼロ炎!

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

美しい……。

HGウイングガンダムゼロ炎のツインバスターライフルのガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフルを装備させてみます。

クリアオレンジのパーツが新規ですが、イエロー部はシールで色を補います。

トリガーは造形されているものの、元キットと同様にライフル持ち手が付属しないのはちょっぴり残念です。

HGウイングガンダムゼロ炎のツインバスターライフルのガンプラレビュー画像ですHGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

定番ポーズでパシャリ。

HGウイングガンダムゼロ炎のツインバスターライフルを連結させたガンプラレビュー画像です

連結させてみます。プラ同士のシンプルな凹凸接続ですが、ガッチリと連結できます。※このあたりはベースキットと同じです

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフル発射!

HGウイングガンダムゼロ炎のハイパーカレトヴルッフのガンプラレビュー画像です

そしてこちらが本キットの売り、ハイパーカレトヴルッフ

翼から引き抜いて持たせる事ができます。

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

ジャキッ……

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

重みがあるので手首パーツが外れやすいですが、かっこいいポーズは決まります。

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロ炎のネオバードモード炎のガンプラレビュー画像です

ネオバードモード炎がこちら。

ツインバスターライフルの取り付け位置こそ変わっていますが、その他の変形構造はウイングガンダムゼロとほぼ同じと思ってOKです。

HGウイングガンダムゼロ炎の飛行形態のガンプラレビュー画像です

リアアーマーにスタンド穴は空いていないので、股下に接続するか↑のような挟み込みスタンド必須といった感じです。

HGウイングガンダムゼロ炎の飛行形態のガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

HGACウイングガンダムゼロ(スミ入れ済)と比較。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロと炎の比較ガンプラレビュー画像です

アップで比較。ご覧のように、外装は全て新規造形になっています。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

変形状態で比較。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

今回の炎、新規ランナーの量がかなり多いです。別物のガンプラといっていい内容なので、ゼロを組んだモデラーさんも新鮮な気持ちで組む事ができると思うぞ!

ちなみに、リデコ元のHGACウイングガンダムゼロの出来もかなり良いので↓のレビューも併せてどうぞ。(写真キレイに撮り直しました)

【ガンプラ】HGAC ウイングガンダムゼロ レビュー

 

HGウイングガンダムゼロ炎のガンプラレビュー画像です

HGBF ウイングガンダムゼロ炎の感想

ということでHGウイングガンダムゼロ炎のご紹介でした。

 

色分け良好合わせ目の量も少なく可動範囲も広い現代のガンプラといった内容になっています。

そして、ビルド系の中では新規パーツがかなり多いキットになっているのが特徴です。

無理矢理弱点を挙げるとすれば、ポーズによりシールドが肩に干渉しやすい点とライフル持ち手が同梱しない点ぐらい。

 

昔ホビージャパンで炎用のカスタムキットカレトヴルッフフェーダーも発売されていたので、改造派モデラーさんは組み込んでみると面白いかもしれませんぞ!(今から買うなら中古を探す必要アリですが)

 

以上、「HG ウイングガンダムゼロ炎」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る