スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HG ウイングガンダムスカイゼロ レビュー【プレバン】

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGウイングガンダムスカイゼロ」のガンプラレビューです。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ガンダムブレイカー バトローグに登場する、ウイングガンダムスカイゼロをご紹介。

2022年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

『ガンダムブレイカーバトローグ』オリジナルカラーとして、青みがかった成形色で再現。

シリーズキットをカスタマイズ可能なジョイントパーツが付属します。

という事で、HGウイングガンダムスカイゼロをレビューしていきたいと思います!

HG ウイングガンダムスカイゼロ

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ガンダムブレイカーバトローグシリーズに登場する、ウイングガンダムスカイゼロさん。

ガンプラ的には、2014年に発売されたHGACウイングガンダムゼロの色替えキットとなり、追加で背中のジョイントパーツが付属する内容になっています。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

プレバン品ながら、組み立て書は一部カラーのものが付属します。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。スカイゼロ専用になっています。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ツインバスターライフル」「ビームサーベル×2」「シールド」「ネオバード形態用パーツ」「ジョイントパーツ」

HGACウイングガンダムゼロとの違いは、成形色と↑枠のジョイントパーツが追加されている点です。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGウイングガンダムスカイゼロがこちら。

その名の通り爽やかな青みがかった色合いで再現されています。

地味な点ですが、ポリキャップもブルーで再現されているのに好感が持てたぞ……(*´ェ`*)

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

いかがでしょうか。

ご覧のように、今のガンプラ目線でも通用する良プロポーションで立体化されているのが見て取れますね。

接地性・自立性ともに優秀で、安定して展示できます。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ただ「ほとんど色替えキット」と言っていい内容になっているので、新規造形てんこ盛りを期待するモデラーさんにはちょいオススメしづらい感じです。

それでは各部細かく見ていきます!

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がり顔を上げる動作も得意です。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

特に腕関節は、180度近く曲がります。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。ツインアイをはじめ、グリーン部はホイルシールで色を補います。

アンテナ先端には安全フラッグあり。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込みで一部合わせ目が出ますが、ほとんど目立たない配置になっています。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

サーチアイにはクリアパーツが使用されています。

胴体は前後はめ込み式で、一部合わせ目が出ます。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

上部のカバーは外すことができ、中にはマシンキャノンが搭載されています。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

肩部は一部合わせ目あり。側面のアーマーは可動します。

展開ギミックを搭載しており、開けばショルダーバーニアが顔を出します。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

腕部は「肩内部の基部パーツ」「前腕部」の一部に合わせ目が出ます。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

上から見た図。肩はボールジョイント接続で、前後に可動。

また、ウイングバインダーもフレキシブルに可動します。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

フレキシブルバインダーは、前後にも可動。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

開く事もできます。↑枠部分には合わせ目あり。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

腰部。このあたりのくぼんでいる部分は、濃いブルーで要塗装です。

リアアーマーのダボ穴は、ネオバード形態時にスタンド穴として使用します。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

脚部は「スネ」「関節パーツ」に合わせ目あり。

足裏に肉抜きはなく、ゼロバーニアが搭載されています。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

足を曲げた際に露出する関節フレームにも、合わせ目あり。

股間軸は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ウイングガンダムスカイゼロ、出現!

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

シールドは伸縮します。

緑色の部分は、ホイルシールで色を補います。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

このように前腕部に引っ掛けるようにして保持させるのですが、動かしているとポロリする事が多々ありました。

一度ポーズを決めて飾っておく分には問題無いレベルですが、気になる方は気になる部分かも。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフルがこちら。

トリガーガードが造形されていますが、本キットに銃持ち手は付属しません。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフルをぶっ放すウイングガンダムスカイゼロ!

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフルは、分割可能です。

※このあたりのギミックはベースキットと同じ

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃!

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

撃ちまくるウイングガンダムスカイゼロ!

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ボックスアート風ポーズでパシャリ。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルを抜刀!

ビーム刃のエフェクトパーツは、クリアグリーンのものが付属します。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

飛びかかるスカイゼロ!

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルは、2本付属します。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ネオバード形態へ変形させてみます。

頭部と下半身を反転させ、ショルダーアーマーを下げます。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

足首パーツを差し替え、ゼロバーニアを移植してヒザ関節を折りたたみます。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ウイングバインダーを広げ、

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフルをシールドの左右に取り付け、シールド自体を背中に取り付けます。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

あとはリアアーマーのダボ穴にスタンド軸を取り付ければ……

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ネオバード形態で展示する事ができます。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

横から。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

下から。このあたりのギミックも、ベースキットと同じです。

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

ここが今回の追加部分で、↑枠のジョイントパーツを取り付ける事により

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

HGUC陸戦型ガンダムに同梱するバックパックなどに対応します。

※コンテナやパラシュートパックを取り付け可能

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

このように、HGUC陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)とも背部まわりを交換する事ができるよ……(*´ェ`*)

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム レビュー
【ガンプラ】HGUC 陸戦型ジム (スレイヴ・レイス隊仕様) レビュー【プレバン】

 

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

もちろん今回も、HGGBBシリーズとの互換性があります

気軽にカスタマイズできるので、遊びの幅が広がります。

HGウイングガンダムゼロとスカイゼロの違い・比較ガンプラレビュー画像です

ベースキットの、HGACウイングガンダムゼロ(スミ入れ済)と比較。

HGウイングガンダムゼロとスカイゼロの違い・比較ガンプラレビュー画像です HGウイングガンダムゼロとスカイゼロの違い・比較ガンプラレビュー画像です

アップで比較。前述したとおり、違いは「成形色」「ジョイントパーツの有無」(+組み立て書やシール)のみです。

HGウイングガンダムゼロのバリエーションキットのガンプラ画像です

HGACウイングガンダムゼロのリデコキット勢揃いでディスプレイ。

※中央は「HGBFウイングガンダムゼロ炎

ゼロ炎は一般発売されており、新規造形てんこ盛りな内容になっています。

HGウイングガンダムゼロのバリエーションキットのガンプラ画像です HGウイングガンダムゼロのバリエーションキットのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGAC ウイングガンダムゼロ レビュー
【ガンプラ】HGBF ウイングガンダムゼロ炎 レビュー

 

HGウイングガンダムスカイゼロのガンプラレビュー画像です

HG ウイングガンダムスカイゼロの感想

ということでHGウイングガンダムスカイゼロのご紹介でした。

 

出来としてはベースキットのHGACウイングガンダムゼロと全く同じなので、変更された成形色と追加で付属するジョイントパーツが購入判断ポイントになると思います。

弱点という弱点ではありませんが、動かしているとシールドがちょい外れやすいのでご注意を。

元のキットが2014年製とはいえ、非常に良プロポーションで立体化されているため今のガンプラ目線でも通用しまくるHGに仕上がっていると思いますぞ。

 

以上、「HG ウイングガンダムスカイゼロ」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る