icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGAC ウイングガンダムゼロ レビュー

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGACウイングガンダムゼロ」のガンプラレビューです。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムWに登場し、ヒイロ・ユイが搭乗するテレビ版のウイングガンダムゼロをご紹介。

2014年発売。

オールガンダムプロジェクト準拠で立体化され、ツインバスターライフルは連結・分離が可能

差し替えでネオバード形態へ変形します。

という事で、HGACウイングガンダムゼロをレビューしていきたいと思います!

HGAC ウイングガンダムゼロ

HGACウイングガンダムゼロのボックスアート画像です

ボックスアートはツインバスターライフルを構えるゼロと、ネオバード形態のゼロが描かれています。

この絵だけで既にかっこいいわ!(>ω<;)←TV版ゼロ大好物な人

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGACウイングガンダムゼロがこちら。

今回はアニメ作画のような姿を再現したかったので、スミ入れはグレーではなく敢えてのブラックで入れてみました。

HGACウイングガンダムゼロの組み立て書の画像です

↑組み立て書の作例画像。

組み立て書の作例画像が黒でスミ入れしてるっぽかったので、この姿に影響された次第であります。

90年代特有のアニメ作画のような見た目になると思うぞ!

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

設定画に比べると多少スリムになっているものの、肉付きの良いプロポーションで立体化されています。

ご覧のようにHGにしてはモールドが多めです。パーツ数はそこまで多くないので、サクサク組み上げる事ができました。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

色分けに関しては「ツインバスターライフル」「ウイングバインダー」のイエロー部分等、シールで補う箇所がちょいちょいあります。

それでは細かく見ていきます!

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

可動域から。オールガンダムプロジェクト準拠という事で、手足は水平まで広がり顔も大きく上がります。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

肘関節は180度近く曲がり、ヒザ関節も90度以上曲がります。ヒザ立ち可能です。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ネオバード形態への変形ギミックの恩恵もあり、上半身は360度回転します。

また、胴体と腰回りはブロック構造になっており前後・左右と柔軟に可動します。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ゼロのイケメンフェイスがこちら。

顔左右のダクト内部などの凹んでいる部分(黒)は色分けされていないものの、スミ入れペンで塗るだけでOKです。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

厳密に言えばトサカ付近に合わせ目が出ますが、ほとんど目立たない位置になっています。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

胸部中央のサーチアイはクリアグリーンのパーツを使用。胸部左右のエアダクトはシールです。

胴体は前後はめ込み式で、上部と側面の一部に合わせ目あり。こちらもあまり目立たないです。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

上面のカバーを外すとマシンキャノンが顔を出します。ボディ色と同じ青のままなので、ここは要塗装です。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に大きく可動します。

ウイングバインダーも自由度の高い動きを見せますが、各所ちょこちょこと合わせ目は出ます。ただ、このあたりもあまり目立たない位置にきます。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーのサブアーマーは可動。

また、肩部は開閉ギミックを搭載しておりショルダーバーニアが顔を出します。ショルダーバーニア自体も角度を変える事ができます。

細かな作りをしているな……(*_*)

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

腕部は「肩内部ブロック」と「前腕部の一部」に合わせ目が出ます。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。リア側には、ネオバード形態時にスタンド穴として使用できる3mm穴が空いています。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

脚部は「スネ」「関節パーツ」に合わせ目が出ます。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

後ろ側の関節にも合わせ目が出ますが、こちらはほとんど目立ちません。

脚のモールドが細かくてかっこいいぞ!(>ω<;)

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

足裏はカカト付近に多少肉抜きがあるものの、ゼロバーニア(土踏まずのバーニア)は別パーツで色分けされています。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴有り。脚の付け根は角度をつける事ができます。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

背部まわりを見ていきます。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ウイングバインダーは展開可能で、

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

大きく広がります。

HGACウイングガンダムゼロのウイングバインダーのガンプラレビュー画像です

表情付けがうなる予感!

HGACウイングガンダムゼロのツインバスターライフル分離のガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフルは連結・分離ギミックを搭載。

左右で形が対象的になっていて、グリップ部分は銃身の中に収納できます。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

シールドはグリーン部がシール、両端のウイングバルカンは要塗装です。

実はここの保持力が本キットの弱点で、シールドを繋ぐジョイントパーツの接続強度が弱くポロリ率が高いです。※一度ポーズを決めて立たせておく分には勝手に外れる事はないと思います

HGACウイングガンダムゼロのシールドのガンプラレビュー画像です

ポーズによりショルダーアーマーと干渉する事がありますが、シールドは角度を変えられるうえ基部で360度ロール回転します。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

シールド先端は伸縮ギミックを搭載。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ウイングガンダムゼロ、出撃!

それではアクションポーズいってみます!

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

可動域が広く、ポーズがガンガン決まります。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

「怖いんだね……死ぬのが。だったら、戦わなければいいんだよっ!」

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

決めポーズで。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像ですHGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

やば、このキットかっこ良過ぎじゃないですかね……(涙

ファンにはかなり満足する出来になっているのではないでしょうか。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフルを連結させてみます。

シンプルなプラ同士の凹凸接続ですが、ガッチリと連結できます。

HGACウイングガンダムゼロのツインバスターライフルのガンプラレビュー画像です

銃身のイエロー部分はシールで色を補います。ちなみに、ツインバスターライフルはモナカ構造で合わせ目が出ます。

「トリガーに人指し指をかける手首パーツ(ライフル持ち手)」が付属しないのはちょっぴり残念。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフルを構えるゼロ!

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像ですHGACウイングガンダムゼロのビームサーベルのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルは、ブラックライトで光るタイプのクリアグリーンのものが2つ付属します。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ウイングガンダムゼロ、ビームサーベルを抜刀!

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像ですHGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像ですHGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフル+ビームサーベルで。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像ですHGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像ですHGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ふぅ……これはかっこいいわ。

それではネオバード形態へ変形させてみます!

以下、変形過程をザザッと写真でご紹介。

HGACウイングガンダムゼロのネオバード形態への変形ガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのネオバード形態への変形ガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのネオバード形態への変形ガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

足首パーツのゼロバーニアは、ネオバード形態用の足首パーツに付け替えます。

HGACウイングガンダムゼロのネオバード形態への変形ガンプラレビュー画像です

差し替える箇所はここだけです。後は顔と下半身を回転させたり、位置を調整する事で再現します。

HGACウイングガンダムゼロのネオバード形態への変形ガンプラレビュー画像です

シールドにツインバスターライフルを取り付け、背部に接続すれば……

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ネオバード形態の完成です。

慣れたらすぐに切り替えできる感じでした。

HGACウイングガンダムゼロのネオバード形態のガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

ネオバード形態では、リアアーマーに空いているスタンド穴を使用します。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像ですHGACウイングガンダムゼロのネオバード形態のガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのネオバード形態のガンプラレビュー画像です

ヒイロ・ユイのフィギュアとディスプレイ。

HGACウイングガンダムゼロとヒイロ・ユイのフィギュアのガンプラレビュー画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

RGウイングガンダムゼロEWと比較。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】RG ウイングガンダムゼロEW レビュー

 

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

HGBFウイングガンダムゼロ炎と比較。

このゼロ炎、一応本キットのリデコキットとなりますが外装が全て新規です。

バリエーションキットと言えど、ほとんど別物ガンプラになっているぞ!(>ω<)

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

「ネオバード形態」と「ネオバードモード炎」で比較。

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBF ウイングガンダムゼロ炎 レビュー

 

HGACウイングガンダムゼロのガンプラレビュー画像です

HGAC ウイングガンダムゼロの感想

という事でHGACでリリースされたTV版ウイングゼロのご紹介でした。

 

オールガンダムプロジェクト準拠で立体化されているため、少ないパーツ数ながら良く動くキットに仕上がっています。

弱点はシールドを繋ぐジョイントパーツが外れやすい点。

あとは銃持ち手がついてくれば良かったですが、全体的な出来としては今のガンプラ目線で見ても非常に良く出来ています。

 

特に素晴らしいのはその肉付きの良いプロポーション。好みもあると思いますが、マッチョ過ぎずスリム過ぎず丁度いいバランスでデザインされていると思います。

「ツインバスターライフル連結ギミック」「ネオバード形態への変形」はストレスフリーに再現できるので、遊びやすいのもポイント高いです。

ゼロファンなら満足度は非常に高いと思います。実際わたしは満足しすぎました(*_*)

 

以上、「HGAC ウイングガンダムゼロ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る