icon
icon
icon

【ガンプラ】RG ウイングガンダムゼロEW レビュー

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「RG ウイングガンダムゼロEW」のガンプラレビューです。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

RGシリーズで発売されたエンドレスワルツ版のウイングガンダムゼロをご紹介。

2014年発売。

特徴的な翼はフレキシブルに可動し、大気圏突入モードも再現可能

もちろんツインバスターライフルの合体機構も搭載しています。

という事でRGウイングガンダムゼロEWを、RGウイングガンダムEWやHGACで発売されたウイングガンダムとの比較写真を含め徹底的に見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

RG ウイングガンダムゼロEW

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

美しすぎるガンダム、それがウイングガンダムゼロEW……(*´ェ`*)

かなり好き嫌いが分かれる機体だと思いますが、好き派はとことん好きなデザインですよね。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

リアリスティックデカールは赤いマーキングを中心にメタリック風のシールも付属します。

白い装甲に赤いマークが映え、全て貼るとめちゃめちゃかっこよくなります。

ちなみに貼るだけで1~2時間ぐらいかかりました。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ツインバスターライフル(左右)」「ビームサーベル×2(クリアグリーンのサーベルエフェクトパーツ×2)」「ハンドパーツ×8」「スタンド用ジョイントパーツ」「1/144 ヒイロ・ユイ」

サーベルエフェクトパーツはあまり見ない濃いめのグリーンになっています。(RGウイングガンダムと同じものが付属)

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

RGらしく、1/144ヒイロ・ユイのフィギュアも付属します。

かなりアップで撮りましたが、実寸はめちゃめちゃ小さいです。(全高1cmほど)

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

そして完成したRGウイングガンダムゼロEWがこちら。

まず特出すべき点は、大きな翼を背負っているにもかかわらず自立が安定する点です。

最悪後翼の先端がうまい具合に接地してくれるというのもあり、転倒する心配は無いと思います。

公式にも「最新の自立ロボットの内部構造を考察」と記載されていたので、このあたりのバランス調整に気を使い設計されているのだろうなと思われます(*´ェ`*)

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

もう立たせておくだけでかっこいいんだけど……(涙

濃いブルー部分など深みのある成型色で再現されており、素組み派モデラーさんには嬉しいガンプラに仕上がっています。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

翼に合わせ目が出ますが、パーツの合いが良いせいかあまり目立ちませんでした。

↑写真を見て気になるモデラーさんは処理した方が良いと思われます。

それでは細かく見ていきます!

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手脚は十分上がり膝立ちも可能です。

上半身も360度回転します。

アドヴァンスドMSジョイントを使用しているため、良くも悪くも接続強度は硬いです。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

頭部。パーツ分割が細かく、リアリスティックデカールの恩恵でセンサー部の見栄えがいいです。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

特出すべきところはアンテナが無改造状態でシャープに尖っている点。

また、写真右のように小さなスリット部分も綺麗に開口されています。

これだけ接写しても綺麗に見えるのが凄いぞ!(>ω<;)

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

合わせ目は出ません。

どの角度から見ても良く出来ていますね。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

胴体。パーツ数だけでなく、モールドもかなり細かく刻まれています。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

胸中央はクリアパーツを使用。

各ハッチは開き、マシンキャノンの銃口部分も細かく造形されています。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは↑のように上からかぶせる構造です。

後発のRGウイングガンダムEWではユルユルでしたが、何故かゼロEWはそこまでポロリしませんでした。

共通パーツが使用されているためゼロが優れているのか個体差なのかわかりませんが、とりあえず安定して取り付け可能です。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは可動します。

※後述する大気圏突入モードで位置を変えます

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

肩は前方向へ動きますが、後ろ方向へは動きません。

上半身はブロック構造になっている恩恵で左右に振れます。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

腕部。RGウイングガンダムEWと共通パーツが多いですが、前腕部外装はゼロ特有の形状をしています。

色分けも細かいですね。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

下半身はRGウイングEWと同形状です。

股下にスタンド穴は空いていませんが、専用のジョイントパーツを取り付ける事ができます。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーとリアアーマーは可動します。

脚の付け根はスイングギミックを搭載しているため、可動範囲を広げる事ができます。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

リアアーマーも動くため、脚の前後可動範囲はかなり広いです。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目は全て段落ちモールドになっています。

少し分かりづらいかもしれませんが、部分ごとに「ホワイト」「少しグレーがかったホワイト」になっています。

立体感が出て見栄えが良いっす(>ω<)

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

足裏はもちろん肉抜きがありません。

つま先は可動します。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

関節を曲げると外装がスライドするギミックを搭載しています。

曲げる際、つかむ部分によっては破損の恐れがあるのでご注意を!

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

バックパック。「主翼を保持するアーム」が中心の構造になります。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルも2本搭載しています。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

そしてこのキットの売りである巨大な翼ですが、ご覧の通りパーツ数・モールド数ともにかなり細かく造形されています。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

主翼は3枚に分かれ、羽先も自由に角度を変える事ができます。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

裏側の造形やモールドも抜かりないです。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

アームの接続強度は安定していて、各所フレキシブルに可動します。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

後の翼も開いたり

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

上げる事もできます。

このあたりの構造は本当に良くできていて、不満点が見当たりません。(ポロリも無し)

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

スタンド用のジョイントパーツは「股下」か「バックパック下部」のどちらかに接続します。

一度展示して動かさなければ問題ありませんが、スタンドに展示したまま各所動かしているとジョイントパーツが外れる事が多いです。

それではアクションポーズいってみます!

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

宇宙を舞うウイングガンダムゼロEW!

↑のように脚を揃えるポーズをとらせる場合は「バックパック下部」の方にジョイントパーツを使用する必要アリです。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

もういきなりかっこいいっすw

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

ビームサーベル抜刀!

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

斬りかかるゼロ!

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

二刀流も可能です。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフルを装備させてみます。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

翼の可動範囲が広いため、かなり自由なポージングが可能です。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

ツインバスターライフルを連結させてみます。

右と左で形状が違い、それぞれの接続面を展開させ、

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

くっつけるだけです(*´ェ`*)

注意点としてはグリップ部分(ハンドパーツで挟み込む部分)の接続強度が強いため、ハンドパーツを外す際には破損に注意といった感じ。

外す時に破損しそうになり、結構ヒヤヒヤしました。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

連結したツインバスターライフルを構えるゼロ!

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

大気圏突入モードがこちら。

翼を前方へ展開し、肩・脚部を折りたたんで再現します。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

RGウイングガンダムEW(スミ入れ済)と比較。

ウイングガンダムEWは今回のゼロより後発で、2016年(2年後)に発売されました。

本体の共通パーツは多いです。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

ノーマルのEWが好きなモデラーさんも多そうですね。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】RG ウイングガンダムEW レビュー

 

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

TV版のHGACウイングガンダムゼロと比較。

【ガンプラ】HGAC ウイングガンダムゼロ レビュー

 

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

RGとHGACシリーズのウイングガンダムでディスプレイ。

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

アルファオメガのヒイロ・ユイリリーナ・ピースクラフトとディスプレイ。

アルファオメガより2016年に発売された新しめのフィギュアなので、クオリティがもの凄く高いです。

こちらもオススメだぞ!(>ω<)

RGウイングガンダムゼロEWのガンプラレビュー画像です

【フィギュア】ヒイロ・ユイ アルファオメガ レビュー
【フィギュア】リリーナ・ピースクラフト アルファオメガ レビュー

 

RGトールギスII(トールギス2)のガンプラレビュー画像です

ガンダムWシリーズのRGでディスプレイ。

個人的にはシェンロンガンダムのRG発売してほすぃ……

 

RG ウイングガンダムゼロEWの感想

ということでRG ウイングガンダムゼロEWのご紹介でした。

 

まず素晴らしいのは、RGなのにポロリが少ない点かと思います。

※先述したようにRGウイングガンダムEWではポロリしがちな肩アーマーもそこまで外れにくいです

あとはこのキットの売りである翼部分の造形が本当に素晴らしく、モールドも細かいしガンガン動くためノンストレスな点。

以上の点から、ゼロEWが好きなモデラーさんならほとんど不満の無いRGに仕上がっていると思います。

 

注意点としてはツインバスターライフルを持たせるとハンドパーツが外れにくくなるため、武器の持ち替え等で外す際は破損に注意なところかと思います。

 

とにかく見た目がいいガンプラに仕上がっているので、めちゃめちゃオススメです。

組み上げた時の満足感が半端なかったですぞ!

 

以上、「RG ウイングガンダムゼロEW」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る