スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconicon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】1/144 ガンダムナタク レビュー【旧キット】

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「1/144 ガンダムナタク」のガンプラレビューです。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムW Endless Waltzに登場し、張五飛(チャン・ウーフェイ)が搭乗するEW版アルトロンガンダムをご紹介。

1998年発売。

差し替えパーツによりドラゴンハング攻撃状態が再現可能

旧キットとはいえ現代風なスタイリッシュ体型で立体化されています。

という事で、ガンダムナタク(アルトロンガンダムEW)をアルトロンガンダムとの比較画像なども含めレビューしていきたいと思います!

1/144 ガンダムナタク

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

ボックスアートにはアニメ調で描かれたアルトロンが描かれています。

ちなみにパッケージではHG表記になっていますが、1/144スケールの旧キットに分類されるガンプラとなります。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

パイロットは張五飛さん。

そして同シリーズの組み立て書同様、

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

ストーリーダイジェストレビューが記載されています。

ナタクの活躍をピックアップした劇中カット付きの読み物になっているので、ストーリーのおさらいに便利っす(>ω<)

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なめで、ショルダーアーマーや胸部を補うものなどが付属します。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

ツインビームトライデントのほか、ポリ製ハンドパーツ×6(うち通常武器持ち手×2は余剰)とドラゴンハング延長パーツが付属します。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

そして完成した1/144ガンダムナタクがこちら。

……出来良くないかコレ……?(*´ェ`*;)

細かな色は足りておらず接地性が悪かったりしますが、正直23年前のガンプラとは思えない再現度だと思います。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

現代風で細身のプロポーションになっているため、素立ち状態なら今のガンプラ目線でも通用しそうですね。

また、塗装・小加工で見栄えが爆上がりするポテンシャルを秘めた素体だと思われ。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

ドラゴンハングかっこええ……(*´ェ`*)

それでは細かく見ていきます!

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

当時ものとしては可動域が広いですが、足周りの可動が弱点となります。

ただ腕は水平まで上がり、上半身を少し引き上げれば好きな位置にもっていく事ができます。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。

角ばった口部分がシールになるため、ここは部分塗装推奨といった感じです。

アンテナ中央や細かな部分は要塗装となります。

※合わせ目に関してはほぼ全箇所に出るため、今回画像での説明は省略させていただきます

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

両側面グリーンは別パーツで色分けされています。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

胸部のフチはゴールドのシールで補います。

腕は昔ながらの軸接続。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

バックパックのスラスター2基は別パーツで色分けされています。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

ドラゴンハングのアームは、肘の軸に接続します。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

腕は90度曲がりドラゴンハング自体も可動する上、

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

先端の爪も引き出す事ができます。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

腰回り。

フロント・サイドアーマーともにあまり上がらないため、このあたりの可動が制限される感じ。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

脚の甲は要塗装です。

関節は当時ものらしくポリ製パーツになっています。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

股下にスタンド用の穴は無し。

足首パーツは合わせ目が出るものの肉抜きが無く、モールドも刻まれています。

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみます!

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

ツインビームトライデントは右手のハンドパーツと一体型の1色成形です。

このあたりは全て要塗装となります。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

ツインビームトライデントを構えるアルトロンガンダムEW!

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

上半身の可動にはそこまで困りませんが、足廻りの動きが苦手といったところです。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

うっ……普通にカッケェ……(*´ェ`*;)

ポーズパターンは限られますが、かっこいいポーズは決まりますね。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

アームを延長し、ドラゴンハング攻撃状態を再現してみます。

追加のアーム(↑の青枠)を接続すれば、

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

このように展開する事ができます。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

攻撃!

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

また、↑のように片腕のみに延長アームを取り付ける事もできます。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

ドラゴンハング展開!!!

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

延長アームは両腕に対応しています。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

長い!w

ドラゴンハング自体色分けが優秀で、爪内側の牙のような部分以外は色分けされています。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

ツインビームトライデント+ドラゴンハングで。

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

ゼロを襲うウーフェイ!

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムナタクとアルトロンガンダムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

1/144アルトロンガンダムと比較。

相変わらずTV版→EW版への上がり幅がでかい……w

1/144ガンダムナタクとアルトロンガンダムの違い・比較のガンプラレビュー画像です 1/144アルトロンガンダムとガンダムナタクのガンプラ画像です1/144シェンロンガンダムとアルトロンガンダムとガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

1/144シェンロンガンダムも含めてパシャリ。

【ガンプラ】1/144 シェンロンガンダム レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 アルトロンガンダム レビュー【旧キット】

 

ガンダムWのEW版のガンプラ画像です

エンドレスワルツのガンプラでディスプレイ。

ガンダムWのEW版のガンプラ画像です

【ガンプラ】RG ウイングガンダムゼロEW レビュー
【ガンプラ】1/144 ガンダムデスサイズヘルカスタム レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 ガンダムサンドロックカスタム レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 ガンダムヘビーアームズカスタム レビュー【旧キット】

 

1/144ガンダムナタクのガンプラレビュー画像です

1/144 ガンダムナタクの感想

ということで1/144 ガンダムナタクのご紹介でした。

 

1/144ガンダムデスサイズヘルEW同様、旧キットにしては色分けが優秀でプロポーションが秀でていると思います。

アンテナ中央と口、ツインビームトライデントは部分塗装推奨といった感じです。

足廻りの可動域が狭いので(シリーズ同様ですが)ポーズパターンが限られますが、何よりドラゴンハングのアーム延長ギミックが良く出来ており遊びがいのあるガンプラに仕上がっていると思いますぞ!

 

以上、「1/144 ガンダムナタク」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 新品の在庫を見る
>> 中古の在庫を見る