icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ザクII C-6/R6型 レビュー

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGザクII C-6/R6型」のガンプラレビューです。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

ガンダムTHE ORIGINにて、ファルメル隊が搭乗するザクII C6/R6型をご紹介。

2019年発売。

C-6型の特徴であるバルカン砲搭載の右胸部が付属

また、パチェコ機を再現できる左肩のショルダー・アーマーが付属します。

という事で、HGザクIIC-6/R6型をHGザクIIC型/C-5型との違いを含めレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ザクII C-6/R6型

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

C-6/R6型とは

・ルウム会戦で投入された初期生産型であるC型(宇宙仕様)を改修したザク

C-5型との違いは、右胸部にバルカン砲が追加されている点

・型式番号の末尾にあるR6はR6キット搭載型の意味で、20mm前腕部機銃ポッドと胸部左右の30mmバルカン砲の2種類で構成されている

・R6キットは主にC-5型・C-6型・F型が装備しており、両方もしくは片方を装備している場合は型式番号の末尾に『/R6』が追加される

またマニアックな設定です……(*ノェノ)

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

このキットにはデニム曹長機(101)、スレンダー伍長機(102)、ジーン兵長機(103)、アッシュ軍曹機(104)、パチェコ機(105)を再現できるマーキングシールが同梱します。

ジーン機の頭に貼るジオンマーク、めちゃめちゃかっこいいぞ……(*´ェ`*;)

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

マーキングシールがこちら。

モノアイのシールは2種類からの選択式で、機体ナンバーのほか細かなマーキングや照準スコープを補うものなどが付属します。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ベルト給弾式MS用マシンガン」「ヒート・ホーク×2(展開状態・収縮状態)」「MS用対艦ライフル」「MS用バズーカA2型(+ジョイントパーツ)」「バズーカ用予備マガジン×2」「選択式ランドセル」「パチェコ機用ショルダー・アーマー」「ハンドパーツ×4」「スタンド用ジョイントパーツ」

青文字がHGザクII C型/C-5型には同梱しない付属品です。

逆に、C型/C-5型に同梱していたドラムマガジン式MS用マシンガンは同梱しません。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

ブレード・アンテナ付き指揮官用頭部と、胸部まわりのパーツが余りまくるぞ!(>ω<)

余剰パーツを使ってC型に組む事もできますが、C-5型は組めませんでした。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGザクII C-6/R6型がこちら。

相変わらずの良プロポーションで立体化されており、深みのあるグリーンの成形色が非常に綺麗です。

ストレート組みでここまでになるのだから、やはりオリジンザクは最高です……(涙

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

このキットの最大の売りとしては、ファルメル隊が再現できる点だと思います。

ぶっちゃけC型/C-5型からの変更点は少ないのですが、デニム機などを再現できるのはでかいですね。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

それでは各所細かく見つつ、C-6/R6型の特徴を見ていきます!

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手脚は大きく広がり綺麗に膝立ちできます。

また、上半身も360度回転。

オリジンのザク系という事で、このあたりに不満は出ないと思われます。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

頭部。今回は浮き出たようなモノアイシールを選択してみました。

モノアイの凹凸形状は造形されていません。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。合わせ目の出ない優秀な造りをしています。

※今回の合わせ目は「組み立て書の作例基準」で解説

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

下面にあるつまみを動かせば、モノアイが可動します。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

余剰パーツでブレード・アンテナ付きのヘルメットも付属します。

ファルメル隊の再現には不要ですが、カスタム派モデラーさんには嬉しいボーナスパーツですね。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

胴体の前面と側面。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

↑の胸部まわりがC-6型の特徴となります。

「コクピット部が左に配置」され、「レーザー銃を搭載」している点はC-5型と共通ですが、右側にバルカン砲が搭載されている点がC-6型の特徴です。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

胴体は前後・左右と柔軟に可動します。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

肩の前後可動にも優れています。

胴体と左肩上部には合わせ目が出ます。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは可動の妨げにならないよう、パカっと開きます。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

そしてここもこのキットの売りとなる部分で、パチェコ機再現用のショルダーアーマーが付属します。(選択式)

戦闘でスパイクが損傷し、取り外した状態が再現されている模様。

へっこんだ◎部分はシールが付属しないため、グレーで要塗装となります。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

パチェコ機をバストアップで。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

腕部は肩内部ブロックと前腕部前面に合わせ目が出ます。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

左腕は選択式になります。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

アップで。実はC型/C-5型にも同じパーツが同梱します。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

フロント・サイドスカートは大きく広がります。

腰部に貼るファルメル隊のマーキングシールも付属します。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

相変わらずモールドが細かい脚部。

膝関節を曲げるとフレーム部分の合わせ目が露出します。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

側面と関節にも合わせ目が出ますが、モールドのようにも見えるような配置になっています。

ただ、段落ちモールド化はされていません。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはありません。

股下に3mm穴は空いていませんが、専用のスタンド用ジョイントパーツを噛ませる事ができます。

アクションベース5に対応しています

 

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

ランドセルは選択式です。

※このあたりはC型/C-5型と同じ

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

こちらがベルト給弾式MS用マシンガン

グリップ下部から伸びているベルトは

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

↑のボックスマガジンと繋がっており、ランドセル下部に接続します。

※ランドセルはどちらのタイプでも接続可能

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

外れる事も無く、ガッチリと接続されます。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

給弾式MS用マシンガンを構えるザクII C-6/R6型。

それではアクションポーズいってみます!

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

ヒート・ホークは腰部にマウントできる収縮状態のほか、

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

展開した手に持たせる用のものと、2種類が付属します。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

ヒート・ホークで斬りかかるザクII C-6/R6型!

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

MS用バズーカA2型を装備させてみます。

グリップ部分が引き出せるので、非常に持たせやすいです。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

予備マガジン×2が付属し、L字シールドに取り付ける事ができます。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

こちらのフォアグリップも可動するので、両手で構える事が可能です。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<)

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

バズーカは専用のジョイントパーツを使い、ランドセル側面にマウントする事ができます。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

MS用対艦ライフルASR-78も付属します。

HGザクI(デニム/スレンダー機)や、HGシャア専用ザクII(オリジン版)などにも同梱するタイプです。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

先端が開口されていたり、機関部分のモールドが細かく造形されています。

また、ハンドパーツ内の凹凸と合わせて持たせるためガッチリと保持されます。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

狙い撃つC-6/R6型!

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

可動域が広いので、カッチリとポーズ付けが可能です。

素晴らしい……(*´ェ`*)

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

一昔前のガンプラでは無理だった、『照準スコープを覗いているような構え方』が可能です。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

パチェコ機でも何枚か。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です HG シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.のガンプラレビュー画像です

シャア専用ザクIIと作戦行動開始!

HG シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.のガンプラレビュー画像です HG シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.のガンプラレビュー画像です

同日発売のHGシャア専用ザクII(赤い彗星Ver.)とディスプレイ。

【ガンプラ】HG シャア専用ザクII 赤い彗星Ver. レビュー

 

HG ザクII C-6/R6型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGザクII C型/C-5型と比較。(C-5型で組んであります)

HG ザクII C-6/R6型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

違いをざっくり言うと、C型/C-5型はドラム式MS用マシンガンが付属し、今回のC-6/R6型はパチェコ機の肩が付属するといった感じです。

C型はどちらのキットでも組めますが、C-5型とC-6型の胸部中央パーツはそれぞれにしか入っていません。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

デニム・スレンダー繋がりで、HG ザクI(デニム/スレンダー機)とも比較。

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ザクI(デニム/スレンダー機)レビュー

 

HG ザクII C-6/R6型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

ファースト版のHGUC量産型ザクも加えて比較。

※左から「HGUC量産型ザク」「HGザクII C型/C-5型」「HGザクII C-6/R6型(今回のキット)」

HG ザクII C-6/R6型の違い・比較ガンプラレビュー画像です HG ザクII C-6/R6型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC 量産型ザク(ザクII)レビュー
【ガンプラ】HG ザクII C型/C-5型 レビュー

 

HG ザクII C-6/R6型のガンプラレビュー画像です

HG ザクII C-6/R6型の感想

ということでHG ザクII C-6/R6型のご紹介でした。

 

ぶっちゃけてしまうとHGザクII C型/C-5型から変更点は少なめですが、最大の売りはファルメル隊が再現できる点かと思います。

『胸部』『パチェコ機再現用の肩』『ファルメル隊のマーキングシール』目当てなら満足するキットで間違いないでしょう。

複数買いがうなるキットになっているので、たくさんのザクを組みたいというモデラーさんには特にオススメといった感じだよ!

 

以上、「HG ザクII C-6/R6型」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る