icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD ジムIIIビームマスター レビュー

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ジムIIIビームマスター」のガンプラレビューです。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズに登場し、ユッキーが使用するジムIIIビームマスター(ジム3ビームマスター)をご紹介。

2018年発売。

色違いのHGUCジムIIIに、ビームマスターの新規パーツとチェンジリングライフルが付属。

頭部と脚部の形状が新規造形になっており、成形色もオレンジに変更されています。

という事で、HGBDジムIIIビームマスターをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBD ジムIIIビームマスター

HGBDジムIIIビームマスターのボックスアート画像です

「ガンダムビルドダイバーズ」に登場し、ヒダカ・ユキオことユッキーがビルドしたジムIIIビームマスター。

ボックスアートでは市街地で戦っているビームマスターが描かれています。

HGBDジムIIIビームマスターの組み立て書の画像ですユッキーことヒダカ・ユキオの画像です

ビルダーはユッキー。ガンダムシリーズのアニメが大好きで、知識量は大人顔負けだそうです。

普段はちょっと地味な少年だけど、ガンプラビルダーとしての腕前は一流だぞ!(*´ェ`*)

HGBDジムIIIビームマスターに付属するシールの画像です

ホイルシールは少なめですが、目立つヒザ部分を全面シールで補う仕様です。

HGBDジムIIIビームマスターの新規ランナー画像です

↑がビームマスターの新規ランナー部分。

あとはベースキットのHGUCジムIIIの色違いランナーが付属します。

HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です

とりあえずはストレート組み状態から見ていきます。

HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です

オレンジを主体としたカラーリングで再現されている他、頭部や大型化された脚部形状がビームマスターの特徴です。

設定的には、脚部は精密射撃時の機体安定性を確保するため大型に改造したとの事です。

HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です

まずはぐるりと見ていきます。

HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です

以下スミ入れ後の写真になります。

HGBDジムIIIビームマスターのスミ入れ後のガンプラレビュー画像です

素組み+スミ入れのみの状態。

ミサイルポッドのセンサー部は色分けされておらずシールも付属しないので、つまようじで塗装してみました。※後述

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

ジェガンっぽい頭部と腰部左右のバスターバインダーの影響で、ジムIIIからイメージが変わりました。

ただ、ベースキットに2011年に発売されたHGUCジムIIIが使用されているため、構造的に古い部分もあり最新ガンプラ感はそこまで感じない点はご注意です。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGBDジムIIIビームマスターの可動域のガンプラレビュー画像です

可動域は狭く、手足はそこまで広がりません。

特に腰部側面に装備されたバスターバインダーの影響で、ジムIIIより開脚範囲は狭くなりました。

HGBDジムIIIビームマスターの可動域のガンプラレビュー画像です

肘関節は二重関節構造で、180度近く曲がります。

ヒザも90度ほど曲がり、ヒザ立ち可能です。上半身は回転こそしませんが、少しまわせます。

HGBDジムIIIビームマスターの頭部のガンプラレビュー画像です

頭部は新規造形で、新デザインのジェガン風?ヘッドユニットになっています。

メインカメラにはクリアパーツを使用。各センサー部はシールで色を補います。

頭部は前後はめ込み式で、合わせ目が出ます。

組み立て書の解説によると「個人のカスタムであっても宇宙世紀にそぐわないものには絶対にしたくない」というユッキーのこだわりが一番反映されたデザインになっているとの事です。

HGBDジムIIIビームマスターの胴体のガンプラレビュー画像です

胴体。左胸のセンサーはシールです。

HGBDジムIIIビームマスターの上半身のガンプラレビュー画像です

ミサイル・ポッドの上にちょこんと付いているセンサー部分のグリーンは色分けされていないので、要塗装です。

ミサイル内の底面もグレーが足りないため、このあたりは部分塗装推奨箇所になています。

HGBDジムIIIビームマスターのミサイルポッドのガンプラレビュー画像です

ミサイル・ポッドをアップで。着脱可能で、先端のハッチは閉まっている状態のものも付属します。

※このあたりのパーツはHGUCジムIIIと同じ

HGBDジムIIIビームマスターのランドセルのガンプラレビュー画像です

ランドセルはオレンジ部分が新規造形です。

グレー部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

HGBDジムIIIビームマスターのサイドアーマーのガンプラレビュー画像です

腰部サイドアーマーはビームマスターの新規造形になっていて、

HGBDジムIIIビームマスターのフロントアーマー周辺のガンプラレビュー画像です

左右に射撃兵装のバスターバインダーを装備しています。ここはビームマスターの新規造形部分です。

HGBDジムIIIビームマスターのバスターバインダーの画像です

バスターバインダー裏側。色分けは優秀ですが、オレンジ部分は合わせ目が出ます。

HGBDジムIIIビームマスターの脚部のガンプラレビュー画像です

脚部は新規パーツが多く、マッシブなプロポーションに。

ヒザ上にあるグレーのパーツは一面シールで色を補うので、可能ならこのあたりも塗装推奨といったところです。

劇中ではヒザからビームサーベルの柄を出していましたが、このキットではオミットされています。

HGUCジムIIIの大型ミサイルランチャー取り付け位置の画像です

↑はHGUCジムIIIの大型ミサイルランチャー。ジムIIIでは腰部側面に接続しますが、

HGBDジムIIIビームマスターの大型ミサイルランチャーの画像です

ビームマスターでは脚側面に取り付ける構造です。

HGBDジムIIIビームマスターのバスターバインダーの可動のガンプラレビュー画像です

腰部のバスターバインダー、脚部の大型ミサイル・ランチャーともにロール回転します。

注意点ですが、脚部側面に取り付ける大型ミサイルランチャーはポロリ率が高いです。少し調節した方がいいかもしれません。

HGBDジムIIIビームマスターの足裏のガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはありません。股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGBDジムIIIビームマスターのビームライフルの画像です

ビームライフルはジムIIIと同型で、合わせ目アリです。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

ビームライフルで攻撃!

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのライフルフォアグリップのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

かっこいいですね……(*´ェ`*)

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

ビームサーベル抜刀!

HGBDジムIIIビームマスターのビームサーベル(SB6)の画像です

ビームエフェクトパーツは短めの「SB6」が付属します。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

サーベルの柄、エフェクトパーツともに2つ付属するので、二刀流も可能です。

ガンダムビルドダイバーズ1話の再現画像です

「リク!」

プチ劇中再現いってみます。

ガンダムビルドダイバーズ1話の再現画像です ガンダムビルドダイバーズ1話の再現画像です

「いっけぇぇ!!」

ビームサーベルを借りるリク!

チェンジリングライフルの画像です

それではチェンジリングライフルを装備させてみます。

チェンジリングライフルの取り付け方法の画像です

チェンジリングライフルはバスターバインダーに差し込む事ができます。(左右どちらでもOK)

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

チェンジリングライフルを装備。

ディテールが細かく、ここだけ最新ガンプラ感を感じますw

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

やばいカッコイイ。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

色々な持ち方ができます。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

肩・腕周りの可動域がそこまで広くないので、ポーズ幅は限られます。特に手首パーツが外れやすい印象です。

チェンジリングライフルの取り付け位置を買えた場合の画像です

チェンジリングライフルの取り付け位置を変える事により、「ビームライフル」「ビームバルカン」2種類のモードに切り替える事ができます。

HGBDジムIIIビームマスターのオープニング再現画像です

OP風に。

ダブルオーダイバーとジムIIIビームマスターのOP再現画像ですダブルオーダイバーとジムIIIビームマスターを並べた画像です

【ガンプラ】HGBD ガンダムダブルオーダイバー レビュー

 

HGBDジムIIIビームマスターをダイバーギアに飾った画像です

ダイバーギアに展示してみた。

 

HGBCチェンジリングライフルのガンプラレビュー画像です

チェンジリングライフルの単品販売を追加で装備させてみました。

ビームマスター付属のライフルとどこが違うのかはこちら↓

【ガンプラ】HGBC チェンジリングライフル レビュー

 

HGUCジム3とビームマスターの比較ガンプラレビュー画像です

ベースキットのHGUCジムIIIと比較。

HGUCジム3とビームマスターの比較ガンプラレビュー画像です

成形色・武装のほか、頭部や脚部の形が変化しているのが特徴です。

HGUCジム3とビームマスターの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ジムIII レビュー

 

色んなジムIIIのガンプラ画像です

色々なジムIII(改造品)でディスプレイ。

【ガンプラ改造】HGUC ジムIII(ダカール配備型)※ガンダムUC ep4 ver.
【ガンプラ改造】HGUC ジムIII(ロンド・ベル配備型)※ガンダムUC ep2 ver.

 

HGBDジェガンブラストマスターとジムIIIビームマスターの比較ガンプラレビュー画像です

HGBDジェガンブラストマスターと比較。

【ガンプラ】HGBD ジェガンブラストマスター レビュー

 

ビルドダイバーズのガンプラレビュー画像です

ビルドダイバーズのみんなとディスプレイ。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像ですHGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

HGBD ジムIIIビームマスターの感想

という事でHGBD ジムIIIビームマスターのご紹介でした。

 

まずは弱点からですが、「頭部」「腕部」「アンクルガード」「バスターバインダー」など合わせ目の量が多い点。また、今のガンプラ目線で見てしまうと可動域が狭く、チェンジリングライフルを構えるポーズが決め辛い点だと思います。

反対に長所ですが、

HGBDジムIIIビームマスターの余剰パーツの画像です

HGUCジムIIIの余剰パーツがかなり多いので、このように頭部が丸々組めたり

HGBDジムIIIビームマスターの余剰パーツの画像です

シールドまで組む事ができる点です。

ビームマスターの再現に加え、パーツ取りとしても優秀な側面を持つのが売りで間違いないでしょう!

 

以上、「HGBD ジムIIIビームマスター」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る