icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD ジムIIIビームマスター レビュー

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGBD ジムIIIビームマスター」のガンプラレビューです。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズで主人公リクの親友・ユッキーがジムIIIをベースに改造したジムIIIビームマスター(ジム3ビームマスター)。

2018年4月に発売、定価は1,944円です。

HGBDジムIIIビームマスターのボックスアート画像です

ランナー構成はHGUCジムIIIに「チェンジリングライフル」という後方支援に特化した狙撃タイプのライフルが付属

また、「頭部と脚部の形状が新規」で「カラーリングがオレンジ」になり、特徴的なガンプラに仕上がっていました。

それではジムIII大好きマンなワタクシがじっくりとご紹介していきます!

スポンサーリンク

HGBD ジムIIIビームマスター

HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です

「ガンダムビルドダイバーズ」に登場し、ヒダカ・ユキオことユッキーがビルドしたジムIIIビームマスター。

とりあえずはパチ組み状態をご紹介。

 

当ブログでお伝えしてきた通り、わたくしジムIII大好きなので今回は気合いを入れてレビューしようと思いますぞ!!

HGBDジムIIIビームマスターの組み立て書の画像ですユッキーことヒダカ・ユキオの画像です

ユッキーはガンダムシリーズのアニメが大好きで、知識量は大人顔負けだそうです。

普段はちょっと地味な少年だけど、ガンプラビルダーとしての腕前は一流だぞ!

HGBDジムIIIビームマスターに付属するシールの画像です

シールは少な目ですが、ヒザ部分の上部を全面シールで補う箇所があります。※後述

HGBDジムIIIビームマスターの新規ランナー画像です

基本的には2011年に発売された「HGUCジムIII」に上記写真のビームマスター用新規ランナーが付属する構成です。

HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です

特徴としてはカラーリングの他、この大型化された脚部形状ではないでしょうか。

精密射撃時の機体安定性を確保するため大型に改造したそうです。

という事で、まずはぐるりと見ていきます。

HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターの素組みのガンプラレビュー画像です

以下スミ入れ後の写真になります。

HGBDジムIIIビームマスターのスミ入れ後のガンプラレビュー画像です

ほぼ素組み+スミ入れのみの状態。

ミサイルポッドのセンサー部は色分けされておらずシールも付属しないので、つまようじで塗装してみました。※後述

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

ジェガンっぽい頭部と腰部左右のバスターバインダーの影響で、ジムIIIから結構印象が変わっていますね。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターの足裏のガンプラレビュー画像です

ベースとなったジムIIIも足裏の肉抜きは無かったので、良いところはそのまま継承されています。

HGBDジムIIIビームマスターの可動域のガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターの可動域のガンプラレビュー画像です

可動域は狭く、上半身の回転が苦手です。

……悪かったところも継承されてますw

HGBDジムIIIビームマスターの頭部のガンプラレビュー画像です

新デザインのヘッドユニット。

目はクリアパーツになっていますが、頭部前後で合わせ目アリ。

各部センサーもシールで補う感じです。

 

組み立て書の解説によると「個人のカスタムであっても宇宙世紀にそぐわないものには絶対にしたくない」というユッキーのこだわりが一番反映されている部分との事です。

 

ユッキーこだわるねぇ……(*´ェ`*)

HGBDジムIIIビームマスターの胴体のガンプラレビュー画像です

左胸のセンサーもシールになります。
※ここ含め基本的な胴体、腕部はジムIIIと同じ形状です

HGBDジムIIIビームマスターの上半身のガンプラレビュー画像です

ミサイルポッドの上にちょこんと付いているセンサー部分のグリーンは色分けされていないので要塗装です。

また、ミサイル内の底面グレーも色分けされていません。
※底面は今回塗りませんでした

HGBDジムIIIビームマスターのランドセルのガンプラレビュー画像です

ランドセル上部の左右オレンジのパーツが新規パーツになり、可動します。

HGBDジムIIIビームマスターのミサイルポッドのガンプラレビュー画像です

ミサイルポッドは外す事も出来る他、余剰パーツでハッチが閉まっている状態のものにも変えられます。

このあたりのパーツ構成はHGUCジムIIIと全く同じになります。

HGBDジムIIIビームマスターのサイドアーマーのガンプラレビュー画像です

サイドアーマーは地味にビームマスターの新規造形になっており、

HGBDジムIIIビームマスターのフロントアーマー周辺のガンプラレビュー画像です

左右に射撃兵装バスターバインダーを接続します。

ここがこのビームマスター最大の特徴かもしれません。

HGBDジムIIIビームマスターのバスターバインダーの画像です

色分けは完璧ですがオレンジ部はモナカ構造なのでバッツリ合わせ目が出ます。

HGBDジムIIIビームマスターのバスターバインダーの可動のガンプラレビュー画像です

バスターバインダー(↑)、大型ミサイルランチャー(↓)ともに可動します。

大型ミサイルランチャーの方は動かしていると少し外れやすい印象でした。

HGBDジムIIIビームマスターの脚部のガンプラレビュー画像です

脚部は新規パーツが多くボリュームのあるプロポーションになっています。

先述した通りヒザ上部のグレー部分は一面シールで覆う感じ。

また、劇中ではヒザからビームサーベルの柄を出していましたがこのキットでは再現不可となっています。

HGUCジムIIIの大型ミサイルランチャー取り付け位置の画像です

ジムIIIは大型ミサイルランチャーを腰に取り付けるのですが、

HGBDジムIIIビームマスターの大型ミサイルランチャーの画像です

ビームマスターは脚のサイド部分に付ける構造になっています。

これってガンプラ的にも余剰パーツが少なくなるし武装が強化された感がでるので秀逸なデザインですよね。

ユッキーの改造テクはエコ!

HGBDジムIIIビームマスターのビームライフルの画像です

ビームライフルはジムIIIと同型です。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのライフルフォアグリップのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事ができますがギリギリつかめるといった感じ。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

かっこいいですね……(*´ェ`*)

HGBDジムIIIビームマスターのビームサーベル(SB6)の画像です

ビームエフェクトパーツは短めの「SB6」が付属します。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

サーベルの柄は2つ付属するので二刀流も可能。

ガンダムビルドダイバーズ1話の再現画像です

「リック!」

ガンダムビルドダイバーズ1話の再現画像です ガンダムビルドダイバーズ1話の再現画像です

「いっけぇぇ!!」

オレンジのビームサーベルをダブルオーダイバーに持たせれば、1話の劇中再現も可能!(無理矢理)

やっぱ並べると凄い絵になる気がする(>ω<)

チェンジリングライフルの画像です

お次はチェンジリングライフルを装備させてみます。

チェンジリングライフルの取り付け方法の画像です

バスターバインダーに差し込みます。(左右どちらでもOK)

ポロリもなく接続具合は良好でした。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

ジムIIIビームマスター、チェンジリングライフルを装備。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

やばいカッコイイ。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

色々な持ち方が出来ますので何枚か。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

と、ポージングがうなると思ったのですが手を持っていける範囲が狭いのでポーズ付けがかなり難しいです。

特にハンドパーツが外れやすい印象。

チェンジリングライフルの取り付け位置を買えた場合の画像です

チェンジリングライフルは基部を回転させる事により「ビームライフル」と「ビームバルカン」二種類のモードに切り替えが可能です。

※キットでは一度外して差し替える形で切り替えます

HGBDジムIIIビームマスターのオープニング再現画像です ダブルオーダイバーとジムIIIビームマスターのOP再現画像です

ビルドダイバーズのオープニング風ショット。

ダブルオーダイバーとジムIIIビームマスターを並べた画像です

最初の「頭がピョコンピョコンと出るところ」と↑のシーンが好きですw

HGBDジムIIIビームマスターをダイバーギアに飾った画像です

ダイバーギアに設置。アニメを見た影響か、凄い似合う気がします。

 

HGBCチェンジリングライフルのガンプラレビュー画像です

チェンジリングライフルの単品販売を装備させてみました。

ビームマスター付属のライフルとどこが違うのかはこちら↓

【ガンプラ】HGBC チェンジリングライフル レビュー

 

HGBDジムIIIビームマスターとHGUCジムIIIの比較画像です

ベースになっている「HGUCジムIII」と比較。

色んなジムIIIのガンプラ画像です

色々なジムIIIでディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC ジムIII レビュー
【ガンプラ改造】HGUC ジムIII(ダカール配備型)※ガンダムUC ep4 ver.
【ガンプラ改造】HGUC ジム3(ロンド・ベル配備型)※ガンダムUC ep2 ver.

 

HGBDジェガンブラストマスターとジムIIIビームマスターの比較ガンプラレビュー画像です

HGBDジェガンブラストマスターと比較。

【ガンプラ】HGBD ジェガンブラストマスター レビュー

 

ビルドダイバーズのガンプラレビュー画像です

ビルドダイバーズのみんなとディスプレイ。

HGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像ですHGBDジムIIIビームマスターのガンプラレビュー画像です

HGBD ジムIIIビームマスターの感想

という事でHGBD ジムIIIビームマスターのご紹介でした。

 

このキットの弱点としては、まず合わせ目が「頭部」「腕部」「アンクルガード」をはじめ目立つ「バスターバインダー」にある点。

狭い可動域と上半身の回転の苦手さからチェンジリングライフルを構えるポーズが決め辛い点がマイナスポイントだと思います。

 

2011年に発売されたHGUCジムIIIがベースになっているので、そこが足を引っ張ってしまっている感じ。(買う前から予想付いてたけどw)

 

ちなみにこのキットは余剰パーツとして

HGBDジムIIIビームマスターの余剰パーツの画像です

「ジムIIIの頭」と

HGBDジムIIIビームマスターの余剰パーツの画像です

「ジムIIIのシールド」が組めるので何気にプレイバリューは高いです。

 

わたしはジムIIIマニアなのでデカイ武器持ってダブルオーダイバーの横に並べるだけで満足しましたが(チョロイ)、先述した点から誰にでもオススメとまでは言えないキット、といった感じ。

デザインさえ気に入れば素立ちで飾っておく分には普通にかっこいいのでオススメです。

 

以上、「HGBD ジムIIIビームマスター」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGBD ジムIIIビームマスター』の在庫を見る
『新品 1/144 HGBD ジムIIIビームマスター』の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGBC チェンジリングライフル』の在庫を見る
『新品 1/144 HGBC チェンジリングライフル』の在庫を見る