icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD ガンダムシャイニングブレイク(BEFORE) レビュー【プレバン】

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)」のガンプラレビューです。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズブレイクに登場し、アークが使用するガンダムシャイニングブレイクのBEFOREバージョンをご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

マスダイバーとして活動していた頃のダークトーンで再現されています。

という事で、HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)をレビューしていきたいと思います!

HGBD ガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

マスダイバーらしいダークなシャイニングブレイクのガンプラ。

ベースキットは一般発売されているHGBDシャイニンブレイクが使用されており、違いは成形色が変更されている点のみとなります。(大元のキットはHGFCシャイニングガンダム)

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールは通常のシャイニンブレイクと同じものが付属します。

シールを使うところが少なく、色分けが良好です(*´ェ`*)

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

付属品がこちら。

※「ビームライフル」「ビームサーベル×2(+長短のビーム刃エフェクトパーツ)」「シールド」「手首パーツ×4」

手首パーツは左右の「武器持ち手」「握り手」の計4つ同梱します。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

ランナー都合による「HGBDシャイニングブレイク」の余りパーツと、大元のキットである「HGFCシャイニングガンダム」の余剰パーツがかなり出ます。

センサー部分のシールこそありませんが、ビームライフルが1本組めたりします

※付属品・余剰パーツともに白いシャイニングブレイクの成形色違いです

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBDガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)がこちら。

ティターンズカラーを彷彿とさせるダークブルーを基調とした成形色に変更されているのが最大の特徴です。

ダークトーンのカラーリングになり、マスダイバーを感じる見た目になりました。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

相変わらずの良プロポーションですね。

大元にはHGFCシャイニングガンダムが使用されていますが、胴体や足首が伸びスタイリッシュなデザインに生まれ変わっています。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続、足は軸接続で手足が大きく広がります。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

各関節も90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。HGとしてはシャープな造形でできており、パキっとした造形です。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

前後はめこみですが、合わせ目位置が段差になっているため合わせ目は出ません。

アンテナ先端には安全フラッグがあります。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、上部と側面に合わせ目が出ます。

胸部まわりの色分けが優秀で、胸部にはクリアグリーンのパーツが使われています。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

背部にはビームサーベル長短を1つずつマウントしていて、基部は可動します。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマー内部にはスラスター。肩はボールジョイント接続で、前後に大きく動きます。

上から見た場合肩に合わせ目はありませんが、胴体にはあります。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

腕は前腕部前後に合わせ目が出ます。

二の腕は筒型で、関節フレームにも合わせ目がありません。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

フロントアーマーの黒いラインはシールです。

股関節(足の付け根部分)は可動式で、股下には3mmスタンド穴が空いています。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

脚部はスネとふくらはぎに合わせ目が出ます。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

関節フレームには合わせ目無し。180度近く曲がります。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

脚部を下から見るとスラスターがチラリと見えてかっこいいです(*´ェ`*)

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

ガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)、ミッション開始!

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

シールドはグリップを握ったあと、前腕部側面に取り付けるためガッチリと保持できます。

表面のモールドも細かいですね。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

ビームライフルがこちら。上面は段落ちモールド化されていますが、下面には合わせ目が出ます。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

ビームライフルで攻撃!

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

スタイル・可動域ともに良いので、現代のガンプラといった感じの完成度です。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

ヒザをついて射撃!

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像ですHGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

ビームライフルは余剰パーツでもう1本組めるので、2丁持ちもできます。

ただ、同梱するセンサー部グリーンのシールは1つしか付属しません。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

撃ちまくるシャイニングブレイク!

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルを装備させてみます。

基部が可動するうえ、腕周りの可動域が広いため収納状態のサーベル柄をつかむ事ができます。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルを抜刀!

柄・サーベル刃ともに長短1つずつ付属します。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

飛びかかるシャイニングブレイク!

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

斬!

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

両手持ちも可能だよ!

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

飛行形態であるシャイニングベルクート形態への切り替えは簡単です。

各部角度を変え、ビームライフルとシールドを連結させて再現します。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

この状態でもスタンドに対応します。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

感じ的には、ウイングガンダムのバード形態に近い変形機構となります。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

HGBDガンダムシャイニングブレイクと比較。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

違いは成形色だけです。白のシャイニングブレイクは一般販売で入手可能です。

【ガンプラ】HGBD ガンダムシャイニングブレイク レビュー

 

HGガンダムG-エルス(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

HGガンダムG-エルス(BEFORE)とディスプレイ。

プレバンにて同時期に発売されたガンプラですが、G-エルスのBEFOREはフェイスマスクが新規造形として付属します。という事で、BEFORE系はG-エルスのキットを買う方がオススメだったりします。

【ガンプラ】HGBD ガンダム G-エルス(BEFORE) レビュー【プレバン】

 

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

大元のキットである、HGFCシャイニングガンダムと比較。

足首パーツが延長されているので、かなり印象が違って見えますね。

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG シャイニングガンダム レビュー

 

HGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のガンプラレビュー画像です

余剰パーツの紹介や変形過程などは一般販売の白ブレイクで解説してありますので、↓のレビューも併せてどうぞ。

【ガンプラ】HGBD ガンダムシャイニングブレイク レビュー

 

HGBD ガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)の感想

ということでHGガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)のご紹介でした。

 

ガンプラ自体は可動域も広く洗練されたプロポーションで立体化されており、非常に出来がいいです。

ただプレバン品として見た場合は新規造形がなく、一般販売されているHGBDシャイニングブレイクの完全な色替えキットとなっているので塗装派モデラーさんは白ブレイクを塗装した方が安上がりだと思います。(その方が下地色も白なので)

ちなみに、クリアパーツ色は白ブレイクと同じです。

以上の事から、手軽にダークカラーのBEFOREシャイニングブレイクを再現したい素組み派モデラーさんにはオススメのガンプラといった感じです!

 

以上、「HGBD ガンダムシャイニングブレイク(BEFORE)」のガンプラレビューでした!

icon

 

 

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る