icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG シャイニングガンダム レビュー

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG シャイニングガンダム」のガンプラレビューです。

HGシャイニングガンダムとドモン・カッシュのフィギュアのレビュー画像です

機動武闘伝Gガンダムに登場し、ネオジャパンのドモン・カッシュが搭乗するシャイニングガンダムをご紹介。

2011年に発売されたHGFCシリーズとなります。

今回の売りは間違いなく巨大なシャイニングフィンガーのエフェクトパーツが付属する点!

という事でHGFCシャイニングガンダムを、今のガンプラ基準で見るとどんな出来か!?というのを中心に見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG シャイニングガンダム

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ちょっと前に発売されたものとばかり思ってましたが、もう7年前のガンプラになるのですね……時の流れ早すぎィ!(*´ェ`*)

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

シールはスーパーモード時の肩部分を補うものとレッグカバーのブルーを補うものなどが付属します。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

「ノーマルモードの頭部」「スーパーモードの頭部」「ビームソード長短1つずつ(エフェクトパーツも)」「シャイニングフィンガーソード」「ハンドパーツ6種」「巨大なシャイニングフィンガー用ハンドパーツ

残念な事に、平手とバトルモードの頭部は付属しません。(バトルモードの頭部は一応差し替えで再現可能です)

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

まずはノーマルモードから。

造形はよく出来ていますが、ご覧の通り各部ダクト(黒)部分が真っ白になっています。

ただ、ダクトまわりはスミ入れペンで塗ってあげるだけで良さげです。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

スタイルはどこからどう見てもシャイニングガンダム!といった感じで、変なアレンジが入っておらず再現度は高いと思います。

ただ、設定全高16.2mにしては一般HG(HGUC RX-78等)と同等の高さになっているためオーバースケールになっている模様。

1/144旧キットと並べると違和感が出てしまう大きさです。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

コアランダーは着脱式ですが、色分けは甘いです。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は手脚がよく曲がり膝立ちもできます。

特に腕は二重関節構造になっているため優秀。

上半身は引き上げて戻せば位置を変えることができますが、ビームソードとコアランダーが干渉するため右回転(右を向く動作)は不得意です。

ただ今のガンプラ基準で見てしまうと、上半身の前後可動が無いためポージング幅は思ったより狭いです。←Gガン系だと可動域に厳しくなる人

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ノーマルモードの頭部。

このHGFCシャイニングガンダムの特徴として、フェイスカバーや頭部フィールドリダクションフィン(黄色いフィン部分)が可動するギミックは搭載されていません。

スーパーモードにするには頭部をまるまる交換するという仕様になっています。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

側面には多少合わせ目が出ます。

その他は合わせ目も無く色分けも優秀です。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

胸中央の丸い部分はシルバーシールの上にクリアグリーンパーツをはめ込みます。

上半身ブルーのパーツは前後はめ込み式で側面の一部と上部に合わせ目が出ます。

脇や腰まわりは段落ちモールド化されています。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

肩は胴体内部のポリキャップが前方へ露出するため、前方向の可動が得意です。

白い外装は1パーツで合わせ目が出ませんが、赤い外装パーツは側面に合わせ目が出るのと内部の色分けはされていません。(グレーで要塗装)

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

二の腕は筒状1パーツ、前腕部はガッツリと合わせ目が出ます。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーの黒いラインはシールが付属します。

その他のダクトなどは色分けされていませんが、スミ入れペン1本で処理できる部分かと思います。

左側のサイドアーマーには長短1本ずつビームソードをマウント。

ただこのビームソード、本体を動かしていると高確率でポロリするため気になるモデラーさんは要調整といったところです。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

あまり目立ちませんが、脚の付け根に合わせ目あり。

動かしていると抜けやすいため注意ポイント。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は左右はめ込み式で前面に合わせ目が出ます。

レッグカバーのブルー部は青いシールで補います。

ここはちょっと残念!(>ω<)

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ふくらはぎ付近にも合わせ目。

アンクルガードの黒いラインはシール。

足裏は肉抜きが無く、グレー部分が色分けされています。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

コアランダーは取り外し可能で、一部可動します。

ポロリする事もありませんでした。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

色分けは甘いので、手を加えるとしたらコアランダーまわりの塗装を中心にする事になりそうです。

側面には合わせ目あり。

それではポージングいってみます!

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

シャイニングガンダム、正拳突き!

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

長い方のビームソードを装備!

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

両手持ちは厳しく、かなりギリギリになってしまいます。

↑のように無理がある感じになってしまうため、実質両手持ちはできないと思った方がいいかもしれません。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

長短ビームソードの二刀流!

それでは差し替えでスーパーモードに変形させてみます!

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

先述したように頭部はまるまる交換になります。

合わせ目箇所も同じで側面に少し出るものの、その他は色分け含め優秀。

※ちなみにノーマルモードとスーパーモードの頭部パーツを差し替えればバトルモードも再現可能です

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

肩は一度外した後、ずらしてはめ込み再現します。

中は光沢感のある金色のシールを貼る仕様です。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部カバーも一度外し、↑のようにジョイントパーツを引き上げて再現。

内部スマッシュブースターの装置(グレーのパーツ)は金色で塗装してあげた方がいいですね。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてこのキット最大の弱点が、このレッグカバーの位置差し替えギミックになります。

ここの接続強度が弱過ぎるため、触っていると高確率でポロリします。

また、内部脚部スラスターはゴールドで塗る必要あり。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

つま先は一度外し先端へ位置変更、アンクルガード左右はそのまま倒せばスーパーモードを再現できます。

このあたりは不満無し。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

シャイニングガンダム、スーパーモードに変形完了!

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

スーパーモード時のスタイルも手堅く出来ていますね。

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

シャイニングフィンガーソード発動!

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

……よし!ばっちりGガンファンのツボは押さえているようです!w

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

「くらえ!愛と怒りと悲しみの……」

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

「シャイニングフィンガーソード!!!」

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像ですHGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

「面! 面! 面!」

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

「俺のこの手が光って唸る!お前を倒せと輝き叫ぶ!!」

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

「シャイニングゥーッ、フィンガァァァーッ!!!」

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてこのキット最大の目玉、大型のシャイニングフィンガーエフェクトパーツがこちら。

ぶっちゃけこれが欲しかったのだ!w

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

個体差かもしれませんが、取り付けが緩くて装着するのに苦労しました。

※↑のように通常サイズのシャイニングフィンガーにかぶせるように取り付けます

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

こういうエフェクト、Gガンファンにはたまらんです……(涙

BB戦士とHGシャイニングガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

BB戦士シャイニングガンダム(塗装済)と比較。

HGとMGシャイニングガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

MGシャイニングガンダム(塗装済)と比較。

HGとロボット魂シャイニングガンダムの比較画像です

ROBOT魂シャイニングガンダム(→)と比較。

【ロボット魂】ROBOT魂 シャイニングガンダム レビュー【機動武闘伝Gガンダム】

 

HGBDガンダムシャイニングブレイクとHGFCシャイニングガンダムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズブレイクの主人公が乗る機体、HGBDガンダムシャイニングブレイクと比較。

外装パーツ一部と関節パーツにこのHGFCシャイニングガンダムのランナーが使用されています。

HGBDガンダムシャイニングブレイクとHGFCシャイニングガンダムの違い・比較のガンプラレビュー画像です HGBDガンダムシャイニングブレイクとHGFCシャイニングガンダムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBD ガンダムシャイニングブレイク レビュー

 

HGシャイニングガンダムとドモン・カッシュのフィギュアのレビュー画像です

S.H.フィギュアーツ ドモン・カッシュとディスプレイ。

ビームタスキの画像です

ビームタスキが……

ドモン・カッシュの画像です

最高にクールだぞ!w

【フィギュア】S.H.フィギュアーツ ドモン・カッシュ【機動武闘伝Gガンダム】

 

HGシャイニングガンダムとドモン・カッシュのフィギュアのレビュー画像です

「流派東方不敗は王者の風よ!全新、系裂、天破侠乱。見よ、東方は赤く燃えている!」

HGシャイニングガンダムのガンプラレビュー画像です

HG シャイニングガンダムの感想

ということでHG シャイニングガンダムのご紹介でした。

 

正直言うと、7年前のガンプラという事もあり今のガンプラ基準で見てしまうと色分け・合わせ目・可動域は満足いかない点が多々あります。

特にレッグカバーがレッド1色パーツな点、露出する金色部分のパーツが色分けされていない点、脚が抜けやすい点は残念。

ビームソードとレッグカバーのポロリが激しいのもマイナスポイントです。

※ちなみにわたくし、シャイニングガンダム大好きっ子のため評価厳しめな点はご注意w

 

部分塗装をするモデラーさんかつ、ポーズ固定で飾っておく分には良プロポーションのシャイニングガンダムが再現されていると思います。

 

ガンプラにこだわりがなければROBOT魂のシャイニングガンダムが決定版だと思うので、そちらも是非チェックしてみてくださいまし。(更にオーバースケールになっていますが)

 

以上、「HG シャイニングガンダム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 新品の在庫を見る
>> 中古の在庫を見る