icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGFC ゴッドガンダム レビュー

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGFCゴッドガンダム」のガンプラレビューです。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

機動武闘伝Gガンダムに登場し、ドモン・カッシュが搭乗するゴッドガンダムをご紹介。

2010年発売。

ゴッドフィンガー再現用の手首パーツが付属、ポーズ再現用にリアアーマーが可動するガンプラに仕上がっています。

という事で、HGFCゴッドガンダムを塗装した状態を含め今のガンプラ目線で見るとどんな出来になっているかレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGFC ゴッドガンダム

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

ネオ・ジャパンのモビルファイター、GN13-01NJIIゴッドガンダムさん。

時代的には「ダブルオーのガンプラが商品化されているあたり」の2010年に発売されたキットになります。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

黒いくぼみ部分と、コアランダーのキャノピーを補うものなどが付属します。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「手首パーツ×8」「ビームソード×2(ビームエフェクトパーツ長短各1)」

多彩なハンドパーツが付属するのが特徴で、「握り手」「武器持ち手」「平手(左右で違うデザインの特殊型)」「ゴッドフィンガー再現用」が左右分付属します。

贅沢かもしれませんが、日輪のエフェクトパーツが付属しないのは残念です(>ω<;)

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGFCゴッドガンダムがこちら。

ガッチリとした肉付きの良いスタイルで立体化されています。

また、設定では頭頂高16.6mなのですが、オーバースケール気味になっているのが特徴です。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

中々の良スタイルですね。

このあたりは好みもあるかと思いますが、スタイリッシュ路線じゃないのが最高です(*´ェ`*)

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域から。手足は十分広がります。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

肘とヒザ関節は思ったほど曲がらないです。(HGFCのモビルファイターという事で可動域についてはいつもより厳し目に評価していきたいと思いますw)

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

腰はひねる事ができます。

動くには動いてくれますが、顔を真横に向ける事ができなかったり、肘関節が90度しか曲がらないのでゴッドガンダムとして見た場合のポージングは狭いと思った方がいいかもしれません。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

コアランダーは分離可能です。

キャノピー部分には光沢感のあるシルバーのシールを貼ります。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

コアランダーをドッキングモードにし、本体の背中に接続する事ができます。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

スラスターはグレーで色分け済みですが、内部はイエローで要塗装です。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてこのキット最大の弱点がここ。

エネルギーフィールド発生装置(コアランダーの赤いパーツ)の前面に、目立つ肉抜きがあります(>ω<)

かなり目立つので、ここだけでもパテ埋め+部分塗装推奨です。

※一応左右逆に取り付ける事により、肉抜きを後ろ側に持っていく事はできます

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。ツインアイと各センサー部はシールが付属しますが、バルカンは黄色で要塗装です。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

頭頂部トサカパーツは別パーツで上からかぶせる構造。アンテナ先端には安全フラッグがついています。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

肩部のマシンキャノンのカバー(白いパーツ)は外す事ができます。

外すと3連バレルが造形されていますが、銃口に貼る黄色いシールは左右1枚ずつしか付属しません。

胴体側面は青い部分に合わせ目が出ます。腰は段落ちモールド化されています。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に大きく可動します。

赤いパーツが前後はめ込み式になっており、上部・側面に合わせ目が出ます。(コアランダーにも合わせ目あり)

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部は合わせ目が出ない優秀な作りをしています。

手首付け根の凸部分のみグレーで要塗装です。(組み立て書基準)

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度しか曲がらないため、ゴッドフィンガーなどの特徴的なポーズがキレイに決まらずといった感じ。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーともに大きく上がります。

リアアーマーも後ろに可動するあたりはポイント高いです。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は合わせ目が出ない優秀な造りをしていて、ヒザ関節パーツにも合わせ目が出ません。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

くぼみの黒い部分はシールになりますが、ガンダムマーカー等で簡単に塗り分けられる部分なのでそこまで問題にはならないかと思います。

下半身の合わせ目が出ない点は非常に素晴らしいぞ!(>ω<)

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きは無く、グレーのパーツで色分けされています。モールドも刻まれています。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴あり。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

ガンダムファイト、レディー・ゴー!←いきなりテンション上がる人

それではアクションポーズいってみます!

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

パンチ!

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

キック!このあたりの動作はキレイに決まりますね。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

表情付き平手パーツを使い、ファイナルイナズマキック風ポーズで。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

特殊手首パーツをアップで。こういう付属品がGガンシリーズならではなのだ……(*´ェ`*)

ちゃんと丸指で再現されているのがいいですね。角指だったら怒っていたぞ!←Gガンに厳しい人

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

カンフーポーズで。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

Gガンファンにはたまらん……(涙

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

両腰のビームソード(ゴッドスラッシュ)基部はぐるぐる回転し、柄は引き抜く事ができます。

接続強度は丁度いい感じですが、動かしているとコアランダーと干渉し外れる事はあります。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

ゴッドスラッシュを抜刀!

ビームエフェクトパーツは長短1本ずつ付属します。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

斬!

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

エネルギーフィールド発生装置は各部展開可能です。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

お腹のエネルギーマルチプライヤーゲートはカバーが開きます。

中央は色分けされていないため、イエローで要塗装です。

グリーン・レッド・シルバーのホイルシールが付属し、選択して貼る仕様です。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

ゴッドフィンガー再現用の手首パーツも付属します。

ゴッドフィンガープロテクターの取り付け位置を前位置に変え、ツメを開いて再現します。

ちなみにツメ内側には肉抜きがありました。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

あとはふくらはぎのパーツを展開させれば……

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

ハイパーモードの完成です。

これで爆熱ゴッドフィンガーが再現できるぞ!

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

「ばぁぁくねぇぇぇつッ!!!」

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

「ゴッドォォ、フィンガァァァァァーー!!!」

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

「ヒィィィトォ、エンドォッ!!!」

……エネルギーマルチプライヤーゲート、赤いシール貼っとけば良かった(>ω<;)

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

クリアオレンジの特殊ハンドは両手分付属するので、石破天驚拳せきはてんきょうけんも再現できます。

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

このあたりのエフェクトパーツもできれば同梱してほしかった……(*ノェノ)

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

デスアーミーを圧倒するゴッドガンダム!

【ガンプラ】HGFC デスアーミー レビュー

 

塗装したゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

↑は合わせ目を消して塗装したゴッドガンダム。

いつ作ったのか思い出せないのですが、結構昔に筆と缶スプレーで塗った記憶があります。(最近ガンプラ作りすぎていつ作ったのか把握できなくなってきた……w)

カラーリングが基本的なトリコロール色オンリーという事で、ガンダムスプレーでも適した色が見つかりやすく塗装しやすいガンプラになっていると思います。

塗装したゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

なんか厚塗りになっていますが気にしないでください……(*ノェノ)

バルカンを塗装し、アンテナ先端は尖らせてあります。

塗装したゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

肉抜きが気になったので、ここはパテで埋めました。

一応「左右逆に取り付ければ肉抜きが後ろへいく」ので前からは見えなくなりますが、ここはパテ埋め推奨だと思います。

HGゴッドガンダムとドモン・カッシュの画像です

HGFCノーベルガンダムをかかえ、S.H.フィギュアーツのドモンと一緒にディスプレイ。(ノーベルガンダムを抱える手首パーツはHGFCノーベルの方に付属)

ドモンのフィギュアは……

ドモン・カッシュの画像です

ビームタスキが付属するぞ!w

【フィギュア】S.H.フィギュアーツ ドモン・カッシュ【機動武闘伝Gガンダム】

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

BB戦士とHGUCゴッドガンダムの比較画像です

BB戦士ゴッドガンダムと比較。

このBB戦士、2002年発売と17年前に発売された古いBB戦士ではあるのですが、出来がめちゃめちゃいいのでオススメです。オーパーツだと思います。

BB戦士とHGUCゴッドガンダムの比較画像です

【BB戦士】ゴッドガンダム レビュー

 

HGFCシャイニングガンダムとゴッドガンダムの比較ガンプラ画像です

HGFCシャイニングガンダムと比較。

HGFCシャイニングガンダムとゴッドガンダムの比較ガンプラ画像です HGFCシャイニングガンダムとゴッドガンダムの比較ガンプラ画像です

【ガンプラ】HG シャイニングガンダム レビュー

 

新シャッフル同盟の1/144スケールのガンプラ画像です

新シャッフル同盟の1/144スケールのガンプラ(旧キット)と一緒にディスプレイ。

このあたりのHGFC化は実現するのだろうか。

【ガンプラ】1/144 ガンダムマックスター レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 ドラゴンガンダム レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 ガンダムローズ レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 ボルトガンダム レビュー【旧キット】

 

HGFCゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

HGFC ゴッドガンダムの感想

ということでHGFCゴッドガンダムのご紹介でした。

 

まず弱点として、「エネルギーフィールド発生装置(背部コアランダーの赤いパーツ)」の肉抜きが非常に目立つ点が挙げられます。

頭部を真横に向ける事ができず、肘関節も90度しか曲がらないため爆熱ゴッドフィンガーがキレイに決まらないのが残念です。

オーバースケールだったり、日輪のエフェクトパーツが付属しないのも少し気になります。

という事で、最近のガンプラ目線で見てしまうと不満点があるのが正直な感想です。(わたし旧キット以外のGガンプラモ評価は厳し目なのでご注意をw)

 

……と結構ボロクソ言っていますが、肉付きの良いプロポーションにゴッドガンダムらしいイケメンフェイスはほんとにかっこいいです。

また、下半身の合わせ目が無い点は非常に高得点。

長所も多く、Gガン好きにはたまらないスタイルで立体化されているのが一番の売りだと思います。

肉抜き問題さえ解決すれば、非常に見栄えのいいガンプラに仕上がっているぞ!

 

以上、「HGFC ゴッドガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る