スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
iconiconicon
icon

【ガンプラ】HG ブレイジングガンダム レビュー

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGブレイジングガンダム」のガンプラレビューです。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ガンダムブレイカーバトローグに登場し、サツキノ・ミサが使用するブレイジングガンダムをご紹介。

2021年発売。

ゴッドガンダムをベースにした機体で、エメラルドグリーンに輝く足パーツが付属し、爆熱爆砕ブレイジングキックが再現可能です。

という事で、HGブレイジングガンダムをレビューしていきたいと思います!

HG ブレイジングガンダム

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

シャイニングガンダムに対するライジングガンダムが存在したように、後継機であるゴッドガンダムをベースに兄弟機をコンセプトとしてカスタマイズされたブレイジングガンダムさん。

ガンプラ的にもHGFCゴッドガンダムのランナーを使いつつ、ブレイジングの新規造形パーツが同梱する内容になっています。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはサツキノ・ミサさんが記載。

ゲームソフト「ガンダムブレイカー3」のキャラクターで、アニメ「ガンダムブレイカーバトローグ」に登場するガンダムファイターになります。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

ツインアイのほか、細かな黒い部分を補うものが中心です。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームトンファー×2」「ビームソード×2」「ビーム刃×2(長短二種)」「エメラルドグリーンの足パーツ×1」「頭部切り替え用パーツ」「手首パーツ×6」

手首パーツは左右の「握り手」「武器持ち手」「ブレイジングショット用平手」の計6つが同梱します。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

本キットはHGFCゴッドガンダムのリデコキットとなるため、装甲パーツなどがちょろちょろと余ります。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGブレイジングガンダムがこちら。

ライジングガンダム的なレッドを主体としたカラーリングで再現されており、劇中でも使用していたアンチデバフユニットであるブレイジングマスクを装備した姿が再現できます。(組み換えで通常時の頭部ユニットも再現可能)

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

内部フレームや外装の一部にHGFCゴッドガンダムのパーツが使われていますが、赤いパーツを中心に新規造形パーツが多く同じHGGBBシリーズと組み換え可能な共通規格にて立体化されているのが特徴です。

ご覧の通り自立性・接地性ともに優秀だぞ!

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく開き顔を上げる動作も得意です。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

腕関節は90度しか曲がりませんが、足関節は90度以上曲がりキレイにヒザ立ち可能です。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

最近のガンプラ目線で見てしまうと腕の曲がり具合いがやや弱いですが、全体的に見て可動域は広いと思います。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ブレイジングマスクを装着した状態の頭部がこちら。

ゴッドガンダム風なアンテナになっていますが、フェイスマスクはへの字スリットのないタイプです。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

アンテナ先端には安全フラッグあり。

合わせ目はありません。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は組み換えにより、ブレイジングマスクを外した状態も再現できます。

そんなに複雑な構造ではないので、気軽に切り替えできると思います。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、厳密に言えば↑枠部分に合わせ目が出ますが角に配置されていてほとんど目立ちません。

基本、段落ちモールド位置になっています。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式ですが、こちらも段落ちモールド化されており合わせ目が出ません。(厳密には内側に合わせ目がありますが見えなくなります)

肩はボールジョイント接続で、前後に可動。

バックパックは、一部合わせ目が出ます。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

バックパックの左右には、ビームトンファーをマウント可能です。

接続強度がそこまで強くなく、ぶつかるとポロリする事が多々あります。気になるモデラーさんは要調節ポイント。

ベース機にあった、コアランダーの合体機構はオミットされています。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部には、ゴッドガンダムの背後についていたエネルギーフィールド発生装置(羽みたいなパーツ)を模したブレイジングブーストプロテクターを装着しています。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ここは展開式のスラスターユニットになっており、各パーツは可動します。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

手首パーツは「握り手」「武器持ち手」「ブレイジングショット用平手」の3種類が、左右分付属します。

同梱するハンドパーツの多さはGガン系ぽくていいですね……(*´ェ`*)

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。左右には、ビームソードをマウントできます。

丸いラック部分は、ある程度まわす事ができます。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目は少なく、基部部分のみです。腰アーマーに隠れるので、ほとんど見えません。

足裏はグレーで色分けされており、肉抜きはありません。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ふくらはぎのカバーは開閉します。

股間軸は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

アンクルガードはゴッドフィンガープロテクター(ゴッドガンダム前腕部のプロテクター)のようになっていて、ツメは可動します。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ブレイジングガンダム、参戦!

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

まずはビームトンファーから。

1色2パーツのシンプルな武装ですが、ビーム刃を取り付ける事ができます。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ブレイジングガンダム、ビームトンファーを展開!

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームソードを抜刀!

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ブレイジングスラッシュ!

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

付属するビーム刃は、↑のように長さが違います。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

エメラルドグリーンの足パーツは1つ付属し、アンクルガードごと取り替える事で……

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

爆熱爆砕ブレイジングキックが再現できます。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ブレイジングマスクを外した状態でも何枚かいってみます。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

結構印象が変わるので、どちらで飾るか迷うな……!(*_*;)

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

ベースキットのHGFCゴッドガンダムと全身を比較。

ゴッドガンダムは、2010年に発売されたものです。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

アップで比較。まさに、ゴッドガンダムの「シャイニングにとってのライジング的コンセプト」でデザインされているのが見て取れますね。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

背部を比較。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

このように、ゴッドガンダムのエネルギーフィールド発生装置(羽みたいな部分)がブレイジングガンダムのブレイジングブーストプロテクター(前腕部の赤いプロテクター)の形に反映されています。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

また、ゴッドガンダムのゴッドフィンガープロテクターがアンクルガードのデザインに落とし込まれているのも特徴です。

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGFC ゴッドガンダム レビュー

 

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

もちろん別売りのHGGBBシリーズと共通規格で作られているため、カスタマイズ性にも優れているぞ!

※HGガンダムヘリオスとHGガンダムパーフェクトストライクフリーダムを使用

ガンダムブレイカーバトローグのガンプラ画像です

「さあ、動けるようになればこっちのものだよ!」

ガンダムブレイカーバトローグのガンプラと一緒にディスプレイ。

【ガンプラ】HG ガンダムヘリオス レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムリヴランスヘブン レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムパーフェクトストライクフリーダム レビュー

 

HGブレイジングガンダムのガンプラレビュー画像です

HG ブレイジングガンダムの感想

ということでHGブレイジングガンダムのご紹介でした。

 

弱点という弱点ではないですが、腕関節が90度しか曲がらないのは2010年発売のベースキットの構造を引き継いでいる部分です。

ビームトンファーがバックパックから外れやすいので、紛失にはご注意を。

その他は爆熱爆砕ブレイジングキックのポーズがキレイに再現できたり、多彩な武装やハンドパーツが付属するため遊びの幅が広いガンプラに仕上がっています。

選択式にはなりますが、組み換えによりブレイジングマスクのON/OFF状態が再現でき、印象をかなり変える事ができるので好みの状態で組めるのも長所の一つだと思いますぞ!

 

以上、「HGブレイジングガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る