スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
iconiconicon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムリヴランスヘブン レビュー

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムリヴランスヘブン」のガンプラレビューです。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

ガンダムブレイカーバトローグに登場し、アイゼン・トウマが使用するガンダムリヴランスヘブンをご紹介。

2021年発売。

HGACガンダムデスサイズをベースとしつつ、アクティブクロークリヴランスヘブンの新規外装が付属します。

特徴的なビームランスは、ロッドモード・ランスモード・サイズモードの3形態に切り替え可能。

という事で、HGガンダムリヴランスヘブンをレビューしていきたいと思います!

HG ガンダムリヴランスヘブン

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

ガンダムデスサイズヘルをベースとしつつ、死神とは真逆の天使モチーフにてカスタマイズされたガンダムリヴランスヘブンさん。

ガンプラ的には一般販売されているHGACガンダムデスサイズのリデコキットとなりますが、新規造形で外装のほかアクティブクロークが付属する事から、HGACガンダムデスサイズヘルへの発売に向け一歩前進した形となります。てかこの流れ、絶対発売されるよね……!(>ω<)

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

組み立て書には、極袖大附属高校のアイゼン・トウマが記載。

クールな見た目に反して、積極果敢なバトルスタイルを持つフドウ・リュウセイの良きライバルキャラです。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

主にイエロー部を補うものが中心です。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

アクティブクローク以外だと、ビームランス(+ビームエフェクトパーツ)が付属。手首パーツは左右の「武器持ち手」「角度付き武器持ち手」「平手」の計6つが同梱します。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

ベースキットのHGACガンダムデスサイズのパーツのほか、HGUCシナンジュのクリア刃パーツなどが余ります。

また、↑画像でいう左の白いパーツは「今後リリースされるであろうHGACガンダムデスサイズヘルのパーツ」となります。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムリヴランスヘブンがこちら。

パッと見、成形色が白くなったガンダムデスサイズヘルのようにも見えますが、頭部や肩などリブランスヘヴン独自の形も多いです。

ちなみに胴体は、ガンダムヴァサーゴっぽいデザインになっているよ……(*´ェ`*)

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

いかがでしょうか。

アクティブクロークの中央はロックされるわけではないので、ピタッと合わせるには少しだけ手間がかかります。

自立性・接地性は、ともに優秀です。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がり顔を上げる動作も得意です。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。デスサイズ系とは違い、への字スリットのない天使モチーフの特徴的な頭部デザインに仕上がっています。

額とツインアイはシールです。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。トサカなどは左右はめ込み式ですが、合わせ目は段落ちモールド位置になっています。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

HGACガンダムデスサイズと比較。

頭部をはじめ上半身が大きく変化していますが、腰回りに面影を感じます。また、使われているフレームが色違いとなっています。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

が、モールドに見えなくもないうえ肩をつけるとほとんど目立ちません。(設定画ではモールド無し)

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

1/144ガンダムヴァサーゴの胴体と比較。

腹部には、ガンダムヴァサーゴと同様の大型メガ粒子砲が搭載されているという設定です。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、上部と側面に合わせ目あり。

肩はボールジョイント接続で、前後に大きく動きます。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

腕部は肩の内部ブロックを含め、合わせ目がありません。

前腕部の合わせ目は、段落ちモールド化されています。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

前腕部には、クリアブルーのパーツが使われています。

ここはゼロシステムになっていて、膨大な情報をガンプラファイターへ提供する特殊インターフェイスとの事です。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

背部は2つ穴タイプで、アクティブクロークをガッチリと取り付ける事ができます。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

アクティブクロークはクローズ形態から展開する事ができ、6枚の翼を広げたようなシルエットに変化します。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

内側のイエローは、シールで色を補います。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

後ろ側。メインスラスターはゴールドで色分けされています。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

翼は細かく可動するぞ!

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。フロント/サイドアーマーのみならず、リアアーマーも可動します。

ただ、黄色い部分はシールです。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

HGACガンダムデスサイズのフレームが流用されているため、上半身を前へ倒す事ができます。

長所が引き継がれている部分ですね。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

股間軸は前後にスイング可動します。

底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。リアアーマー内側の黄色い部分はシールです。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

脚部は大部分がデスサイズと同じで、ふくらはぎに合わせ目が出ます。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

足を曲げた際に露出する関節フレームに、合わせ目はありません。

足裏は、つま先に多少肉抜きがあります。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

HGACガンダムデスサイズの脚部と比較。

スリッパ部分のパーツが変更されています。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

ガンダムリヴランスヘブン、ミッションスタート!

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

こちらがビームランスロッドモード

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

手首パーツは、通常の武器持ち手のほか↑の「角度付き武器持ち手」「平手」が左右分付属します。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

キック!

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

先端にビーム刃を取り付ければ、ランスモードになります。

エフェクトパーツはラメがかったクリアパーツになっていて、非常にキレイです……(*´ェ`*)

※HGUCシナンジュの色替えエフェクトパーツ

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

両手で構える事もできるぞ!

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

突き!

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

ヘッドユニットを折りたためば、サイズモードに変化します。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

天使のような悪魔のような、面白いデザインになっていますね。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

「とはいえ、この匂い立つ戦場…浮足立つ気持ちはわかる!」

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

劇中シーンをプチ再現。トールギスIIIを叩き切るリヴランスヘブン!

【ガンプラ】RG トールギスIII レビュー【プレバン】

 

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

「残りも狩るぞ!リブランスヘヴン!」

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

ガンダムヘリオスとディスプレイ。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

ちなみにガンダムブレイカーバトローグシリーズ(HGBGGシリーズ)のガンプラは、「頭部」「胴体」「腕」「足」「バックパック」のジョイント規格が統一されているため、無改造で付け替え可能だぞ!

鉄血HGIBOのガンダム・フレーム系でもほぼ無改造で組み換えできましたが、ここまで互換性が高いシリーズははじめてかもしれませんね。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

こんな姿や……

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

こんな姿で、気軽に組み換え可能なのが嬉しいです……!(>ω<)

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像ですガンダムブレイカーバトローグのガンプラ画像です

ガンダムブレイカーバトローグのガンプラとディスプレイ。

【ガンプラ】HG ガンダムヘリオス レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムパーフェクトストライクフリーダム レビュー
【ガンプラ】HG ブレイジングガンダム レビュー

 

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

1/144ガンダムヴァサーゴと全身を比較。

【ガンプラ】1/144 ガンダムヴァサーゴ レビュー【旧キット】

 

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

HGACガンダムデスサイズと全身を比較。

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

ベースキットのレビューは↓でどうぞ。

【ガンプラ】HGAC ガンダムデスサイズ レビュー

 

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

ついでに、旧キットの1/144ガンダムデスサイズヘルと比較。

【ガンプラ】1/144 ガンダムデスサイズヘル レビュー【旧キット】

 

HGガンダムリヴランスヘブンのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムリヴランスヘブンの感想

ということでHGガンダムリヴランスヘブンのご紹介でした。

 

比較的最近のHGACガンダムデスサイズのフレームや外装を使用しているため、最新ガンプラを感じるフォーマットで立体化されています。

合わせ目も少ないうえ、前述した「同シリーズを使った組み換えギミック」を搭載しているため遊びの幅が広いガンプラに仕上がっている模様。

リブランスヘヴンの特徴としては、元ネタのデスサイズヘルとは少し違ったアクティブクロークの展開ギミックやビームランスを搭載している点でしょうか。

黄色い部分にシールを多用するので、可能なら部分塗装推奨といった感じです。下地が白いので、黄色でも色が乗りやすいと思いますぞ。

 

以上、「HG ガンダムリヴランスヘブン」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る