スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGAC ガンダムデスサイズ レビュー

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGACガンダムデスサイズ」のガンプラレビューです。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムWに登場し、デュオ・マックスウェルが搭乗するガンダムデスサイズのHGAC版をご紹介。

2021年発売。

肩アーマーと膝アーマーはスライドギミックを搭載しており、自然なポージングが可能。

バスターシールド用の刃が1つ、ビームサイズ用のエフェクトパーツは2つ付属します。

という事で、最新フォーマットにて立体化されたHGACガンダムデスサイズをレビューしていきたいと思います!

HGAC ガンダムデスサイズ

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

サンドロック、ヘビーアームズに続き発売されたテレビ版・ガンダムデスサイズ。

このあたりのガンプラと共通のフレームランナーを使われていて、最新キットらしい可動ギミックを搭載したキットに仕上がっています。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

色分けは超優秀で、ホイルシールは頭部まわりと腰部中央の色を補うもののみ付属します。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームサイズ(展開・収納状態)」「ビームサイズ用エフェクトパーツ(2種)」「バスターシールド」「バスタシールド用エフェクトパーツ」「手首パーツ×6」「余剰パーツ(脚部フレームの一部)」

地味に、ビームサイズ用のエフェクトパーツが2種類(形状違い)付属しちゃいます。

また、手首パーツは左右の「武器持ち手」「角度付き武器持ち手」「平手」の計6つも同梱します。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGACガンダムデスサイズがこちら。

まずこのキット、そこまでパーツ数が多くないのに色分けが良好なのが最大の特徴かもしれません(*_*)

旧キットと比べ、成形色の色合いも劇中や設定画に近いダークブルーで再現されており、素組みでも満足度の高いデスサイズが組み上がります。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

ビームサイズも迫力のある大きさで立体化されていますね。

フレームはHGACでよく使われている共通ランナーが付属、少ないポリキャップとKPSの組み合わせにより高可動かつサクサクと組み上がるガンプラに仕上がっていました。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

可動域から。デザイン的に腕を上げる動作はちょい苦手ですが、開脚範囲は広いです。

実際は↑より開脚しますが、これ以上広げるとサイドアーマーが外れてしまう感じです。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

腕を上げる動作以外、可動域位はかなり広いです。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。ツインアイやトサカ前後は、ホイルシールで色を補います。

元々シンプルなカラーデザインのため色分けは良好ですが、バルカンはイエローで要塗装です。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

トサカ部分はモールドでOK、下側は段落ちモールド化されています。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

胴体も前後はめ込み式で、上部と側面に合わせ目が出ます。

マシンキャノンはグレー(もしくはアニメで見られたイエロー)で要塗装です。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

上半身は前方向へ大きく倒れます。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

バックパック左右のハイパージャマーは前後に動きます。

スリット部分は要塗装ですが、アップで見ても造形が細かいです。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

肩アーマーはパーツ分割により、細かく色分けされています。

接続基部の内部ポリキャップが前後にスライドし、肩を大きく前へ持っていく事ができます。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

また、肩のスラスターを押し込めば内部パーツが連動して引っ込み、腕の可動幅が多少アップします。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

腕は前腕部の前後に合わせ目があります。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

腰回りは中央のV字のみシールですが、それ以外の色分けは良好。

フロント・サイドアーマーのみならず、リアアーマーも可動します。

また、リアアーマーには収納状態のビームサイズをマウントする事ができます。(展開状態は別パーツとして付属)

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

脚部はヒザ下の一部と、ふくらはぎに合わせ目が出ます。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

膝アーマーはロックギミックを搭載していて、外せば180度近くヒザが曲がるようになります。つま先も可動します。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

足裏はつま先付近に肉抜きがあります。股下にはスタンド用の3mm穴あり。

フロントアーマーの内側ですが、パーツをはめる凹凸部分がボルトのような形になっています。プラモっぽさが軽減されるいいアイデアですね、関心してしまった(*_*)

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

ガンダムデスサイズ、出撃!

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

バスターシールドはプラ同士の凹凸接続で、基部でロール回転します。

色分けは超優秀で、シールを使わずパーツ分割により細かく色分けされています。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

ビームサイズがこちら。ご存知「鎌」の状態のほか、

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

ビーム発生器の角度を変えれば槍になります。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

また、ビームサイズ用のエフェクトパーツは2種類付属します。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

敵を挑発するデュオ!

平手パーツが左右分付属するのがいい感じ。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

「死ぬぜぇ…俺を見た者はみんな死んじまうぞ!」

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

敵を叩き斬るデスサイズ!

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

ビームサイズは、両手で掴む事もできます。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

また、角度付きの武器持ち手も左右分付属します。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

バスターシールド左右のブレードは展開し、専用のビーム刃を取り付ける事ができます。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

飛びかかるデュオ!

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

バスターシールドは3mmスタンドに対応しているため、射出した状態で展示する事ができます。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

HGACシリーズという事でスタイリッシュアレンジされた体型になっていますが、Wの機体って現代風アレンジが似合いまくる気がします。

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

旧キットの1/144 ガンダムデスサイズと全身を比較。

旧キットは1995年発売なので、1/144スケールのガンプラとしては実に26年ぶりにリニューアルされた形となります。※その間フィギュア付きも出ていましたが旧キットと同形状

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

アップで比較。クオリティ差は言わずもがな、ですね。

全高はHGACの方が高いです。

【ガンプラ】1/144 ガンダムデスサイズ レビュー【旧キット】

 

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

色々な1/144スケールのデスサイズ系でディスプレイ。

※左から「1/144ガンダムデスサイズ」「1/144ガンダムデスサイズヘルカスタム(EW版ヘル)」「1/144ガンダムデスサイズヘル

【ガンプラ】1/144 ガンダムデスサイズヘル レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 ガンダムデスサイズヘルカスタム レビュー【旧キット】

 

HGACガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

HGAC ガンダムデスサイズの感想

ということでHGガンダムデスサイズのご紹介でした。

 

少ないパーツ数ながら色分け良好・広い可動域と、現代風なガンプラを感じる良キットに仕上がっていると思います。

KPS関節により非常に動かしやすく、塗装もしやすいので「作りやすくポーズ付けが楽しいキット」といったところ。

個人的に評価したいのは、このクオリティでメーカー小売希望価格1,650円(税10%込)という点。実売だと更に安くなると思うので、コスパは最強かもしれません。ここまで良くできたものが1,000円ちょいで買えるというのがスゴイです。

少しガンプラ自体の感想からは外れますが、残念なのは転売屋により価格が釣り上げられている点かと。最近特にガンプラが目をつけられているのか、発売日に適正価格で買えなくなってきている気も。

プレバンの方が買いやすいという変な感じになっていると思うので、このあたりなんとか改善して欲しいですね……(>ω<;)

繰り返しになりますが、メーカー小売希望価格は1,650円(税10%込)のため、購入の際はご注意くださいね。

 

以上、「HGACガンダムデスサイズ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る