iconicon
icon
icon

【ガンプラ】1/144 ガンダムデスサイズ レビュー【旧キット】

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「1/144ガンダムデスサイズ」のガンプラレビューです。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムWに登場し、デュオ・マックスウェルが搭乗するTV版ガンダムデスサイズをご紹介。

1995年発売の旧キットになります。

バスターシールドは刃の開閉が可能で、先端部に取り付けるビーム刃のパーツも付属。

当時ものキットという事で味のあるガンプラに仕上がっています。

という事で、1/144ガンダムデスサイズのレビューいってみます!

スポンサーリンク

1/144 ガンダムデスサイズ

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

今回はアニメ放映当時に発売されたバージョンをご紹介。

後にCG調のボックスアートになった『追加でフィギュアが同梱するバージョン』も発売されましたが、こちらはアニメ調のボックスアートになっています。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

組み立て書表紙の背景付き作例画像が、時代を感じるデザインになっているぞ……(*´ェ`*)

パイロットはもちろんデュオ・マックスウェルさん。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量はそこそこといった感じですが、目立つ口元部分やバスターシールド表面などはシールで補う事になります。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

そして完成した1/144ガンダムデスサイズがこちら。

旧キットという事で、合わせ目の出ない箇所の方が少ないため今回は合わせ目画像は省略させていただきます(*´ェ`*)

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

こう見てみると肉付きの良いプロポーションで立体化されていますね。

って、最近はスリム体型が多いので麻痺ってました

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

元デザインを見る限り、もっと肉付きがあっても良い体型なんですよね。

という事でこの旧キット、ずんぐりむっくりに見えますが何気に劇中デスサイズを意識した体型で立体化されています。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

可動域は狭く、今のガンプラ目線で見ると手脚はほとんど広がりません。

ただ各関節は90度曲がり、上半身を少し引き出せば回転しちゃったりします。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。

シリーズ共通、口のレッド部がシールなのでこのあたりは塗装推奨といった感じです。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

アンテナ基部の接続強度は弱いので、接着推奨です。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

胴体は、旧キットながら胸のダクトが別パーツで色分けされています。

肩の接続は軸接続です。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

ハイパージャマー搭載のバックパック。

背部は「バックパック1パーツ」と「スラスター1パーツ」シンプルな構造で、合わせ目が出ません。

リアアーマーには収縮状態のビームサイズをマウントできます。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

肩の黄色いラインはゴールドのシールが付属します。

当時物あるある、シールのサイズが微妙に合わないためここも塗装推奨といったところ。

肩側面のスラスターは別パーツ化されています。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

腕部はバスターシールドを装着できる穴が空いています。(左右どちらにも取り付けられます)

あと↑の二の腕をご覧いただければわかるように、全体的にパーツの合いが悪いです(*´ェ`*)

スナップフィット式で接着剤は必要ありませんが、綺麗に組むには接着(というか合わせ目消し)前提になっている点はご注意を。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーのライトグレー部はシールで補います。

股間のV字は要塗装。

股下にスタンド穴は空いていません。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

何気に設定画に忠実な脚部。

膝付近の◎や足の甲パーツは要塗装となります。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

関節はシリーズ共通、ポリパーツが使用されています。

足裏にモールドの類はありませんが、肉抜きもありません。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

バスターシールドは表面をシールで補います。

基部で回転しませんが、抜け落ちる事も無くガッチリ保持されます。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

ビームサイズはシンプルな3パーツ構造です。

リアアーマーにマウントする収縮した状態とは別で付属します。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

刃先は可動しますが、ホワイト成型になっているためグリーンで要塗装となります。

それではアクションポーズいってみます!

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

戦場に現れるガンダムデスサイズ!

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

可動域が狭いので、アクションポーズは苦手ですw

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

だが、頑張って動かしてみるぞ!(>ω<)

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

バスターシールドは展開し、先端部に取り付けるビーム刃パーツも付属します。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

「行くぜぇ……死神のお通りだ!」

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

襲いかかるガンダムデスサイズ!

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です ガンダムデスサイズとリーオーのガンプラレビュー画像です

リーオーを捉えるデュオ!

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

「斬りまくるぜぇ!!」

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です ガンダムデスサイズとリーオーのガンプラレビュー画像です

リーオーを一刀両断するデスサイズ!

ガンダムデスサイズとリーオーのガンプラレビュー画像です ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です ガンダムデスサイズとリーオーのガンプラレビュー画像です

HGACリーオーと比較。

このリーオー、ほんとに出来が良いのでオススメだよ……(*´ェ`*)

※当ブログ1周年時点で、このリーオーが一番注目度が高かったガンプラ(一番読まれた記事)だったりします

【ガンプラ】HGAC リーオー レビュー

 

TV版ガンダムWのガンプラレビュー画像です

TV版ガンダム勢でディスプレイ。

ウイングだけHGACです。

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGAC ウイングガンダム レビュー
【ガンプラ】1/144 ガンダムサンドロック レビュー【旧キット】

 

ガンダムデスサイズとデスサイズヘルEWの比較ガンプラレビュー画像です

ついでに1/144デスサイズヘルのEW版と比較。

EW版ヘルは昨今のガンプラ体型で立体化されています。

【ガンプラ】1/144 ガンダムデスサイズヘルカスタム レビュー【旧キット】

 

ガンダムデスサイズのガンプラレビュー画像です

1/144 ガンダムデスサイズの感想

ということで1/144 ガンダムデスサイズのご紹介でした。

 

旧キット基準で見た場合、元のカラーデザインのおかげか色が足りない箇所はそこまで多くない印象です。

シールが目立つ「口」「バスターシールド」や、色分けされていないビーム刃が要塗装といった感じ。

放映当時物という事で、現代風アレンジが一切されていないのが味であり売りのキットだと思いますぞ……(*´ェ`*)

そして定価が安過ぎるのが最大の魅力。

手を加えるモデラーさんなら、これだけで半月ぐらいは遊べるのではなかろうか。

 

以上、「1/144 ガンダムデスサイズ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る
>> 中古(フィギュアバージョン)の在庫を見る