スポンサーリンク
スポンサーリンク

[PR]プレミアムバンダイ
iconiconiconicon
icon

【ガンプラ】HGAC 1/144 ガンダムデスサイズヘル レビュー【プレバン】

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGガンダムデスサイズヘル」のガンプラレビューです。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムWに登場するガンダムデスサイズヘルの、HGAC版をご紹介。

2023年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

増設された特殊装甲「アクティブクローク」を中心に「頭部」「胴体」などが新規造形で再現されています。

デスサイズヘルの特徴でもある、ツインビームサイズとバスターシールドも再現。

ということで、HGACガンダムデスサイズヘルをレビューしていきたいと思います!

HGAC 1/144 ガンダムデスサイズヘル

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

EW版デザインではないデスサイズヘルのHGAC 1/144版キットは、プレミアム・バンダイ限定での発売となりました。

ガンプラ的には一般発売されているHGAC 1/144 ガンダムデスサイズのリデコキットになりますが、本機の場合頭部や各部装甲・武装と新規造形多めの内容になっているのが特徴だぞ!(>ω<)

価格は2,420円(税込)です。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。ベースキット自体2021年発売ということで、比較的最近のフォーマットで作られているため色分けは良好です。

アクティブクロークの内側や、バスターシールドなどにシールを使います。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGAC 1/144 ガンダムデスサイズヘルがこちら。

今回はオールガンダムプロジェクトあたり準拠の、ポリキャップを組み込む従来のHG構造で立体化されています。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

EW版との違いがかなりある本機ですが、TV版同士のヘビーアームズ⇔改の違いと比べても新規造形が多い内容になっています。

やはりこの独特のデザインをしたアクティブクロークの存在感がでかいですね。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

接地性、自立性ともに良好です。

それでは各部細かく見ていきます!

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がります。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

手足の関節は大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

ベースキットと同様に、ヒザの装甲にはロック機能が搭載されています。(後述)

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

真横を向くこともできます。HGACシリーズは比較的パーツ数を抑えたモデルではあるのですが、可動域は広く仕上がっています。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

追加装甲のアクティブクロークをアップで。

レッドやホワイト部は別パーツにより色分けされています。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

アクティブクロークは、↑枠のジョイントパーツにより接続されています。

ジョイント基部は動き、接続部でも角度を変えることができるためフレキシブルに可動します。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

前後・側面の6枚は、独立して可動します。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

ただ、前面のクローク内側は表面の白いパーツの裏面が露出してしまう影響で、一部シールで色を補います。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

新規造形の頭部はパーツ分割がかなり細かく、白いフチ部分まで色分けされています。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。頭部だけで11パーツも使われているため、今回の売り部分の一つになっていると思います。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

画像では見えないですが、厳密に言えば上部にも合わせ目あり。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

肋骨状の粒子増幅用補助装置、リブジャマーをアップで。

グレー部は、シールで色を補います。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続により、前後に可動します。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

前腕部には合わせ目が出ます。

ショルダーアーマーの合わせ目は、段落ちモールド化されているようでした。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

電波妨害装置のハイパージャマーに変更はありません。地味に可動します。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

腰部は、サイドとリアアーマーが新規造形です。

足の付け根軸は、前後にスイング可動します。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

新規造形のリアアーマーに、ツインビームサイズをマウントすることができます。

ちなみにこのツインビームサイズはマウントする専用のパーツで、

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

反対側には目立つ肉抜きがあります。持たせる際は、専用のビームサイズパーツを使います。※後述

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

脚部は、ふくらはぎ付近に合わせ目が出ます。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

ニーアーマーとのロック仕様になっていて、よりヒザを曲げたい場合はロックを外して動かします。

足裏は、つま先付近に肉抜きあり。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

「死神の復活を、大々的に知らせてやらなきゃな!」

ガンダムデスサイズヘル、降臨!

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

バスターシールドをアップで。

基本部分のレッド・イエローは色分けされていますが、細かなところはシールで色を補います。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

そして本キットの売り、ビーム発振器が2基に増設された連装刃タイプのツインビームサイズがこちら。

ビーム刃のエフェクトパーツ2つは、形状が違うものが付属します。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

ビーム刃をアップで。上側は可動します。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

「斬って斬って斬りまくる!」

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

攻撃を仕掛けるガンダムデスサイズヘル!

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

両手で持たせ、色々な表情をつけることができます。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

うむ。かっこいい……!(>ω<)

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

ハンドパーツは、「平手」「角度付き武器持ち手」も左右分付属します。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

挑発するデュオ!

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

バスターシールドのブレードは可動し、専用のビーム刃も付属します。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

バスターシールドで攻撃!

※本キットにスタンドは付属しません

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

旧キットの1/144 ガンダムデスサイズヘルと比較。

発売年の差がありまくるので、クオリティ差がハンバ無いです……w

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

頭部とアクティブクロークを比較。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

ツインビームサイズを比較。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

バスターシールドを比較。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

本キットの登場により需要は低くなったと思いますが、旧キットの方も気になる方は↓のレビューからどうぞ。

【ガンプラ】1/144 ガンダムデスサイズヘル レビュー【旧キット】

 

HGACガンダムデスサイズとデスサイズヘルの違い・比較ガンプラ画像です

一般発売されている、HGAC 1/144 ガンダムデスサイズと比較。

本キットのベースキットとなります。

HGACガンダムデスサイズとデスサイズヘルの違い・比較ガンプラ画像です

手足は共通部分が多いのですが、頭部をはじめ各部装甲や武装など変化箇所がかなり多いです。

HGACガンダムデスサイズとデスサイズヘルの違い・比較ガンプラ画像です

頭部を比較。

HGACガンダムデスサイズとデスサイズヘルの違い・比較ガンプラ画像です

胸部、肩部を比較。

HGACガンダムデスサイズとデスサイズヘルの違い・比較ガンプラ画像です

腰部を比較。

HGACガンダムデスサイズとデスサイズヘルの違い・比較ガンプラ画像です

腰部リア側を比較。

HGACガンダムデスサイズとデスサイズヘルの違い・比較ガンプラ画像です

バスターシールドを比較。

HGACガンダムデスサイズとデスサイズヘルの違い・比較ガンプラ画像です

今回はかなり変化ポイントが多いので、オススメのプレバン品に仕上がっていると思いますぞ。

【ガンプラ】HGAC ガンダムデスサイズ レビュー

 

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

最後に、ガンダムブレイカーバトローグシリーズでリリースされているHG 1/144 ガンダムリヴランスヘブンと比較。

ガンダムリヴランスヘブンはデスサイズヘルベースでありつつ、真逆の機体名称(コンセプト)になっているのが特徴です。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

頭部を比較。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

アクティブクロークを比較。

クロークの取り付け方や腕など、違っている箇所は多いです。

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガンダムリヴランスヘブン レビュー

 

HGACガンダムデスサイズヘルのガンプラレビュー画像です

HGAC 1/144 ガンダムデスサイズヘルの感想

ということでHGACガンダムデスサイズヘルのご紹介でした。

 

通常のデスサイズから変化しているポイントがかなり多いので、お得なプレバン品に仕上がっています。

ラインナップ的にも、まさかのTV版デスサイズヘルが最近のクオリティで立体化されているのに軽く感動するよね……(*ノェノ)

胸部リブジャマーとバスターシールドのシール部分は結構目立つので、このあたり部分塗装すればクオリティが上がりそうです。

EW版デスサイズヘルの1/144は最近のフォーマットでリリースされていないので、次はEW版のリニューアルに期待したいですね!(>ω<)

 

以上、「HGAC 1/144 ガンダムデスサイズヘル」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る