スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGAC シェンロンガンダム レビュー

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGシェンロンガンダム」のガンプラレビューです。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムWに登場し、張五飛チャン ウーフェイが搭乗するシェンロンガンダムのHGAC 1/144版をご紹介。

2022年発売。

HGACフォーマットにて立体化されているほか、ドラゴンハングは展開・格納状態が再現でき、延長用パーツに差し替えることによりアーム伸長も再現できます。

という事で、HGACシェンロンガンダムをレビューしていきたいと思います!

HGAC シェンロンガンダム

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

ついに最新フォーマット版が発売された、テレビ版のHGACシェンロンガンダムさん。

本キットの発売により、HGACにおいてはついに「これにてガンダム5機確認!」となりました。めでたい!(>ω<)

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

頭部まわりと肩・胸部、ドラゴンハングの目のような部分の色を補うものが付属します。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

本キットはHGACシリーズのガンダム系共通フレームを使っているため、一部パーツが余ります。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGAC 1/144 シェンロンガンダムがこちら。

首や胸部、腰部などわりと複雑な配色をしている影響で旧キットでは色分けが甘甘でしたが、HGACシリーズということで大幅に色分けが向上しました。

ただ肩部のグリーン(丸い部分)のシール感は結構目立ちます。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

プロポーションにおいては、現代風なスタイリッシュ体型で再現されています。

価格は1,650円(税10%込)、実売だと1,000円代前半で買える事もありランナー数は少なめで、初心者モデラーさんでも迷わず組み上げることができる内容になっています。

ユニコーン系など一部のHGUCシリーズより組む難易度が低いので、これからガンプラデビューを考えているファンの方には特にオススメかもしれません。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

接地性、自立性とも問題ありません。

それでは各部細かく見ていきます!

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足はそれなりに広がりほぼ真横まで開脚します。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

手足の関節も90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

上半身が前後左右と柔軟に動くため、細かな表情付けもできます。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

全体的に見て、最近のガンプラ準拠な広い可動範囲を誇ります。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

トサカ中央やツインアイはホイルシールを使いますが、アンテナ中央のレッドは内部からパーツが露出する形で色分けされています。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。合わせ目はありません。

アンテナ先端には安全フラッグあり。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体は中央のグリーンこそシールを使いますが、ほかは色分けされています。

ただ前後はめ込み式になっており、脇の下に合わせ目が出ます。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

上から見た図。肩はボールジョイント接続で、前後に可動。

ショルダーアーマーは一部前後はめ込み式になっていて、合わせ目が出ます。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

肩部をアップで。グリーンの丸い部分は色分けされておらず、ホイルシールで色を補います。

このあたりが部分塗装推奨ポイントといったところ。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部は前腕部の前後に合わせ目が出ます。

左腕にはシェンロンシールドを装備できます。くぼみ部分などは要塗装。

ちなみにシェンロンシールド表面中央のでっぱっている部分ですが、ベースの黄色と同じ成形色になっているのに別パーツ化されていました。地味に高得点ポイントです。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

右腕には、ドラゴンハングを装備しています。

アームの構造と武装が左右異なっているのも、シェンロンガンダムの特徴の一つです。(アームの伸縮ギミックについては後述)

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

手首パーツは、通常の武器持ち手のほか↑画像の「平手」「角度突き武器持ち手」が左右分、計6つ同梱します。(他のHGACガンダムシリーズと共通)

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部。旧キットではシールだった部分も、しっかりと色分けされています。

底面には、スタンド用の3mm穴あり。地味に腰部リアアーマー内部がグレーで再現されているのがいい感じですね。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

↑枠の背部中央パーツはある程度可動し、ビームグレイブをマウントすることができます。

接続強度は緩めですが、ポロリが激しいことはない感じ。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部に合わせ目はありません。アンクルガードはある程度動き、接地性も高いです。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部の関節フレームに合わせ目はありません。

ただ、足裏には肉抜きがあります。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

「あまりに無防備だ。このナタク、甘く見られたものだ」

五飛、シェンロンガンダム出撃!

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装とギミックを見つつ、アクションポーズいってみます!

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームグレイブはグレーの棒部分1パーツと、先端クリアグリーン刃のシンプルな2パーツ成形です。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

両手で構えることもできるぞ!

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

飛びかかるシェンロンガンダム!

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

角度付きのハンドパーツも同梱するので、色々な表情付けができます。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

ドラゴンハングを展開させてみます。

右腕のみ、↑のようにアームを引き出すギミックが搭載されています。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

↑枠の腕延長パーツを噛ませれば、伸びた状態が再現できます。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

各クローは、可動します。一部グレーは足りないので、要塗装です。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

「ドラゴンハングファイヤー!」

シェンロガンダム、ドラゴンハングで攻撃!

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

いい感じ……。

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

リーオーを切断するナタク!

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

HGACリーオーと大きさを比較。

【ガンプラ】HGAC リーオー レビュー

 

旧キットとHGACシェンロンガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

旧キットの1/144シェンロンガンダム(左)と比較。

旧キットとHGACシェンロンガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

発売年と値段に違いがありすぎるので、クオリティ差は言わずもがな、ですね。

旧キットとHGACシェンロンガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

アップで比較。旧キットの2000年に発売されたバージョンには五飛のフィギュアが付属するので、フィギュア狙いで購入するのはアリだと思います。(安過ぎるのでwフィギュア無し版もあるので買い間違えにはご注意を)

チャン・ウーフェイのガンプラレビュー画像です

1/144アルトロンガンダム1/144ガンダムナタクも混ぜてディスプレイ。

この中で一番クオリティが高いのはもちろん本キットですが、なにげに1/144ガンダムナタクはこの時代にしては異常な高クオリティで立体化されていました。

【ガンプラ】1/144 シェンロンガンダム レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 アルトロンガンダム レビュー【旧キット】
【ガンプラ】1/144 ガンダムナタク レビュー【旧キット】

 

ガンダムWのHGACのシリーズのガンプラ画像です

HGACシリーズ、5機のガンダムでディスプレイ。

ガンダムWのHGACのシリーズのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGAC ウイングガンダム レビュー
【ガンプラ】HGAC ガンダムデスサイズ レビュー
【ガンプラ】HGAC ガンダムサンドロック レビュー
【ガンプラ】HGAC ガンダムヘビーアームズ レビュー

 

HGACシェンロンガンダムとMGシェンロンガンダムEWの比較ガンプラレビュー画像です

MG 1/100 シェンロンガンダムEWと比較。

MG版はエンドレスワルツ版が発売されています。

HGACシェンロンガンダムとMGシェンロンガンダムEWの比較ガンプラレビュー画像です

こう見比べてみると、デザインが結構違いますよね。

【ガンプラ】MG XXXG-01S シェンロンガンダム EW レビュー

 

HGACシェンロンガンダムのガンプラレビュー画像です

「逃げも隠れもしない。この戦い、すぐにケリをつける!」

HGAC シェンロンガンダムの感想

ということでHGシェンロンガンダムのご紹介でした。

 

ほかのHGACシリーズ同様、現代風スタイリッシュ体型にてうまく再現されています。

肩に貼るグリーンのシールは結構目立つので、ここの部分塗装は推奨といったところ。

HGACシリーズは全部組んできましたが、「色分けが完璧じゃないかわりに価格おさえめ、かつ必要最低限のギミック・スタイリッシュなプロポーションが再現」されているのが特徴だと思います。

良い風にとらえれば、手を加える余地が残されているガンプラといった印象です。

大改造をせずとも部分塗装など少し手を加えれば魅力が爆上がりする系のキットだと思うので、初心者さんからカスタム派まで誰にでもオススメなHGに仕上がっていると思いますぞ。

残るはHGACエピオン、エアリーズあたりかな?(EW版も出してほしい……(>ω<))

 

以上、「HGACシェンロンガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る