スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】MG XXXG-01S シェンロンガンダム EW レビュー

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「MG XXXG-01S シェンロンガンダム EW」のガンプラレビューです。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムWに登場し、張五飛が搭乗するシェンロンガンダムのエンドレスワルツ版(アーリータイプ)のMGをご紹介。

2011年発売。

同アーリータイプのMGと同様に可動性の高いXXX-Gフレームが採用されており、カトキハジメ氏によりデザインされたマーキングシールが付属します。

新デザインのドラゴンハングは5ヶ所の可動により、牙部分の展開ギミックを再現。

という事で、MGシェンロンガンダムEWをレビューしていきたいと思います!

MG XXXG-01S シェンロンガンダム EW

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

俗にアーリータイプと呼ばれるシェンロンガンダムの、MG版ボックスアート。

同シリーズ共通のXXX-Gフレームが採用されており、カトキハジメ氏によるデザインやギミックの再検証を経てデザインされているのが特徴です。

とはいえ2011年製という事で、今や10年以上前のMG。今回は今のガンプラ目線で見るとどうなのかという視点でレビュっていきたいと思いますぞ……(*´ェ`*)

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシール、ガンダムデカール(ドライデカール)の3種類が付属します。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームトライデント」「ドラゴンハング」「シールド」「ビームトライデント用マウントパーツ」「アクションベース用ジョイントパーツ」「1/100張五飛」「ハンドパーツ切り替え用指パーツ各種」

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

1/100張五飛のフィギュアをアップで。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

そして完成したMGシェンロンガンダムEWがこちら。

関節フレームにMGアーリータイプ系の共通フレームが採用されていますが、ABS樹脂製になっており関節強度はキツめに設計されています。

その他外装はEW版らしいスタイリッシュなプロポーションで立体化されているのが特徴です。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

画像では伝えづらい部分なのですが、大きさの割にズッシリと重さがあるので所有欲が満たされる重厚さを感じます。

接地性・自立性ともに優秀。

見た目に関しては、今のガンプラ目線で見ても見劣りしない出来に仕上がっているのではなかろうか。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がり顔を上げる動作も得意です。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がり、ヒザ立ち可能です。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

KPSフレームを多用した最新のMGのように変態可動はしませんが、必要十分には動く印象です。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。バルカンは内部からパーツが露出する形で色分け済み。

MGらしく、アンテナ先端に安全フラッグはありません。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

前後はめ込み式ですが、合わせ目はモールド位置になっています。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

胴体も細かく色分け済み。

こちらも前後はめ込み式ですが、側面の合わせ目は段落ちモールド位置になっています。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

コクピットハッチは開閉します。

中には座った状態のウーフェイを乗せますが、組み上げてしまうとあまり見えなくなります。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、合わせ目は段落ちモールド位置になっています。

肩は軸接続で、前方向への可動に優れています。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

腕部。手首付近の細かなイエロー部分も、パーツ分割により色分け済みです。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

手首パーツは「握り手」「平手」「武器持ち手A」「武器持ち手B」の4パターンに切り替え可能です。(左右とも)

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

腰部もイエロー部が細かく色分けされています。

本キット、色分けについてはほぼ完璧と言っていい出来です。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

脚部はモモ側面、足裏フレームの一部に合わせ目が出ます。

が、ほとんど目立たないうえモモ側面はモールドにも見えるような分割構造になっています。(設定画ではモールドが無いので、原作忠実派モデラーさんは要合わせ目消し)

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

足を曲げた際に露出する関節フレームにも、合わせ目が出ます。

足裏フレームと同様、ABS部分なのでちょい手間がかかりそうな部分。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

↑枠のジョイントパーツを股下に取り付ければ、アクションベースに対応します。(後ろからスライドさせるようにして取り付け。ガッチリと接続可能)

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

「目標を捕捉。いくぞ、ナタク!」

シェンロンガンダム、出撃!

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

円形の小型シールドは、色分けが細かくシールいらずで再現できます。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

シェンロンガンダムEW版の特徴であるビームトライデントは、指パーツ内と凹凸を合わせるようにして持たせます。(棒は2箇所から選択可能)

三叉状のビーム刃は、クリアグリーンのパーツが使用されています。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

ビームトライデントを構えるシェンロガンダム!

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

突撃!

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

「見下げ果てた奴!」

ビームトライデントで攻撃!

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

両手で持たせる事もできます。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

「弱い者に正義を語る資格は無い。覚えておけ!」

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

突き!

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

↑枠のパーツを交換すれば、ビームトライデントを背中にマウントする事ができます。

ただ、保持力はちょい弱です。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

ドラゴンハングを見ていきます。

TV版のように大きな伸縮はしませんが、大型にデザインされています。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

各部クローは展開します。

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像ですMGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

「俺に負けるのならば、貴様は悪だ!」

ドラゴンハングファイヤーを放つウーフェイ!

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像ですHGACシェンロンガンダムとMGシェンロンガンダムEWの比較ガンプラレビュー画像です

HGAC 1/144 シェンロンガンダム(左)と比較。

HGAC版は、TV版が発売されています。

HGACシェンロンガンダムとMGシェンロンガンダムEWの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGAC シェンロンガンダム レビュー

 

MGシェンロンガンダムEWのガンプラレビュー画像です

MG XXXG-01S シェンロンガンダム EWの感想

ということでMGシェンロンガンダムEWのご紹介でした。

 

硬めのABSフレームを採用しているため塗装には適さないものの、古さを感じない可動・色分け・プロポーションで立体化されていると思います。

意外と重量感があり、ズッシリとしたガンプラに仕上がっているのでシェンロンファンなら満足する出来になっているかと。

弱点という弱点もないので、ファンには普通にオススメです。

 

ちなみに獠牙タウヤーが付属するMGシェンロンガンダムEW(タウヤー装備)もプレミアム・バンダイで発売されているので、再販タイミングがあえばこちらをチョイスするのも手ですぞ!↓

icon

 

以上、「MG シェンロンガンダム EW」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る

 

icon