icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGFC マスターガンダム&風雲再起 レビュー

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG マスターガンダム&風雲再起」のガンプラレビューです。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

機動武闘伝Gガンダムに登場し、東方不敗マスター・アジアが搭乗するマスターガンダムと風雲再起ふううんさいきのセットガンプラをご紹介。

2011年発売。

ウイングシールドの差し替えにより、「アタックモード」「ノーマルモード」が再現可能。

ダークネスフィンガーのビッグエフェクトパーツや、1/144風雲再起も同梱するサービス精神旺盛なガンプラに仕上がっています。

という事で、HGFCマスターガンダム&風雲再起をROBOT魂版との比較画像を含めてじっくりとレビューしていきたいと思います!

HGFC マスターガンダム&風雲再起

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

マスターガンダムと風雲再起のHGFC版。

本キットに同梱する風雲再起は、別売りのHGFCゴッドガンダムを乗せることもできるぞ!(>ω<)

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

マスターガンダムの「胸部」「ウイングシールド」や、風雲再起の「目」「ひずめ」部分を補うものが中心です。

本キットに黄色いランナーは同梱しないため、黄色い部分が塗装ポイントになります。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

全内容物がこちら。

マスターガンダムと風雲再起のほか、「手首パーツ×6」「マスタークロス(+1/144マスター・アジア)」「差し替え用ウイングシールド」が同梱します。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

1/144マスター・アジアとマスタークロスは繋がっていて、マスターガンダムに持たせる場合はニッパーでカットする仕様です。

※カット部分は選択式になります

 

マスターガンダム

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

まずはマスターガンダムから見ていくぞ!(>ω<)

2011年製という事でもはや結構昔のガンプラになりますが、ご覧の通り良プロポーション・色分けで立体化されています。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

HGFCゴッドガンダムの約1年後発という事で、足首周りの可動域が広くなり変な肉抜きが無くなっています。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

ウイングシールドの重みで重心が後ろに寄りますが、自立は可能です。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこ優秀で、手足は十分広がります。

ただデザイン的に、顔を上げる動作は↑が限界といったところ。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

腕の関節は90度強、ヒザ関節は180度曲がりキレイにヒザ立ち可能です。

HGFCシリーズの中では、かなりの高可動です。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。色分けは優秀で、トサカ前後のグリーンとツインアイ以外は色分け済みです。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式のため、上面に合わせ目が出ます。

※モールドに見えなくもない位置ですが、厳密に言えば合わせ目部分

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体は胸部↑枠のイエローのみシールで色を補います。

胴体は前後はめ込み式ですが、側面は段落ちモールド化されていて合わせ目が出ない作りになっています。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で合わせ目あり。

ボールジョイント接続で、前後に動きます。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

腕は前腕部の「レッド部」「ブルー部」に合わせ目が出ます。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

ウイングシールドはフレキシブルに可動。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

黄色いラインは凸形状になっていて、ホイルシールで色を補います。

その他の色分けは良好です。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。フロント・サイドアーマーともに広がります。

股関節パーツは可動式で、アクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は「付け根の基部フレーム」「モモ」「スネ」「ふくらはぎ」「アンクルガード後ろ」と合わせ目の量が多いです。

※モモ部分は山部分で分割されているため、そこまで目立たず

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒザ関節に合わせ目はありません。180度曲がります。

足裏に肉抜きはありません。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

マスターガンダム現る!

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは付属品を紹介しつつ、アクションポーズいってみます!

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

挑発する東方不敗!

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

特殊な手首パーツに交換してみます。右、左と形が違います。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

キック!

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

足首パーツの関節可動が広いので、

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

柔軟なポーズ付けが可能です。

Gガン系HGとしてはかなり動く部類です。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

腕を組んで。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

ダークネスフィンガーの手首パーツはクリアレッド素材でできており、左右分付属します。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

ダークネスフィンガー!

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

右のみビッグエフェクトパーツが付属します。

通常の右手ダークネスフィンガーと重ねるようにして再現します。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

ド派手!

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

マスタークロスは専用の持ち手が右手分のみ付属します。

この手首パーツは後述するビーム手綱を掴む手としても利用します。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

マスタークロスで攻撃!

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

ノーマルモードを再現するには、ウイングシールドを差し替えます。

このように体の前後・左右からかぶせるように組み立てれば、

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

ノーマルモードの完成です。切り替えは簡単でした。

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

一部側面パーツを付け替えれば、左腕を展開した状態も再現できます。

 

風雲再起ふううんさいき

風雲再起のガンプラレビュー画像です

次は風雲再起を見ていきます。

頭部以外はホワイト1色成形で、ほぼ全ての面に合わせ目が出る点はご注意を。

風雲再起のガンプラレビュー画像です

横から。ビーム手綱はリード線で再現。つけない状態で組むこともできます。(選択式)

……ビーム手綱って名前だけで笑えるw

ドモン・カッシュの画像です

ちなみに↑はビームタスキ

風雲再起のガンプラレビュー画像です 風雲再起のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。赤いパーツは色分けされていますが、ツノや頬周辺はイエローで要塗装です。

風雲再起のガンプラレビュー画像です

足関節は細かく可動します。

ひずめのグレーはシールが付属しますが、イエローは足りません。

風雲再起のガンプラレビュー画像です

上から見た図。頭部・体・足とほぼ全てがモナカ構造になっているため、気になるモデラーさんは合わせ目消し推奨といったところです。

風雲再起のガンプラレビュー画像です

マスターガンダムを乗せるには、↑のパーツを外して軸パーツを引き起こします。

あとはビーム手綱を持たせ、上に乗せれば……

風雲再起のガンプラレビュー画像です

完了です(*´ェ`*)

風雲再起のガンプラレビュー画像です

いい感じ……w

風雲再起のガンプラレビュー画像です

別売りのHGFCゴッドガンダムを乗せることもできるぞ!(>ω<)

HGFCゴッドガンダムとマスターガンダムのガンプラ画像です

HGFCゴッドガンダムと比較。

ゴッドガンダムは2010年発売と、マスターガンダムより先に発売されています。

ゴッドガンダムの方は、エネルギーフィールド発生装置(背部コアランダーの赤いパーツ)に目立つ肉抜きがあるため、出来としては今回のマスターガンダムの方がちょい上です。

HGFCゴッドガンダムとマスターガンダムのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGFC ゴッドガンダム レビュー

 

ガンプラとROBOT魂のマスターガンダムの比較画像です

ROBOT魂マスターガンダムと比較。

カラーリングだけではなく、体型バランスが微妙に違います。また、全高も少しだけROBOT魂の方がでかいです。

ガンプラとROBOT魂のマスターガンダムの比較画像です

ROBOT魂は2015年発売で、今回のHGFCの4年後に発売。

ガンプラにこだわりの無いファンの方は、ROBOT魂版もオススメだよ……(*´ェ`*)

ガンプラとROBOT魂のマスターガンダムの比較画像です

アップで比較。こう比べてみると結構違いますね。

ガンプラとROBOT魂のマスターガンダムの比較画像です

【ロボット魂】ROBOT魂 マスターガンダム レビュー【機動武闘伝Gガンダム】

 

東方不敗のフィギュアとHGFCマスターガンダムの画像です

S.H.Figuartsの東方不敗とディスプレイ。

マスターアジアのフィギュアも出来がいいぞ!(>ω<)

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

HGFCデスアーミーHGFCデスビーストとディスプレイ。

次は是非、HGFCデビルガンダムを発売して欲しいっす……(*´ェ`*)

【ガンプラ】HGFC デスアーミー レビュー
【ガンプラ】HGFC デスビースト レビュー【プレバン】

 

HGFCマスターガンダムのガンプラレビュー画像です

「よいか!ワシの目的はな……この地球人類の抹殺なのだぞ!!」

HGFC マスターガンダム&風雲再起の感想

ということでHGマスターガンダム&風雲再起のご紹介でした。

 

HGFCシリーズの中では上位の出来になっていて、可動域が広いのがポイント高いです。

ただ合わせ目の量は多く、「頭部」「肩」「脚部」に加え「風雲再起」はほぼ全ての面に合わせ目があります。風雲再起は色分けも甘いので、完璧に作るとなるとそこそこ時間はかかりそうです。

両方とも、造形自体は今のガンプラ目線で見ても秀逸に立体化されていると思います。

HGFCゴッドガンダムよりクオリティが向上しているので、マスターガンダムファンにはオススメだよ!

 

以上、「HGFC マスターガンダム&風雲再起」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る