icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGFC デスアーミー レビュー

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGFCデスアーミー」のガンプラレビューです。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

機動武闘伝Gガンダムに登場し、ゾンビ兵が搭乗するデスアーミーをご紹介。

2019年発売。

まさかのHGFC化となったデスアーミーですが、パーツ差し替えにより脚部の折りたたみ変形ギミックを搭載しています。

また、瞳は選択式で2パターンが再現可能。

という事で、HGFCデスアーミーをMIA版との比較画像などを含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGFC デスアーミー

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

デビルガンダムにより無限増殖されるデスアーミーさん。

DG細胞に感染したゾンビ兵が操り、人類抹殺の尖兵として活動する機体だぞ!w(草つけちゃった)

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

組み立て書には物量で襲いかかってくるデスアーミーが描かれています。

これは複数買いがうなるガンプラになっているな……(*´ェ`*;)

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

元のカラーデザインがシンプルという事もあり、ホイルシールは瞳2枚のみです。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

付属品は「金棒型ビームライフル」「手首パーツ×3」「変形用足首パーツ」の3種類。

右手のみ、金棒型ビームライフルを棍棒のように持つ事ができる手首パーツが付属します。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGFCデスアーミーがこちら。

ご覧の通り、非常に再現性の高い成形色・プロポーションで立体化されていますね……。

これ以上デスアーミーに何を求めるんだといったクオリティだと思いますw

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

一応ポリキャップ仕様ですが、肩と足の付け根一部はプラ関節構造だったりします。

もちろんABSレス仕様なので接続強度は丁度良く、固いといった事もありません。ただ手首パーツの接続は弱めです。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

可動域から。腕・肩ともに水平まで開きます。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度しか曲がりませんが、各部柔軟に動くためキレイにヒザ立ち可能です。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

上半身をまわすと多少ひっかかるところはありますが、一応360回転します。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。瞳部分はシールで補います。

「茶色のバイザー」「頭頂部の赤いトンガリ」は別パーツになっており、色分け済みです。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。頭部は上下はめ込み式ですが、合わせ目は段落ちモールド化されています。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

頭部底面のツマミを動かせば、モノアイが可動します。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

また、一度分解する必要がありますが「瞳パーツを前後逆」に取り付ける事により、2種類の瞳が再現できます。

2つともシール下にモールドがあるので、塗装派モデラーさんも安心ポイントです。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。くぼみ部分は黒で要塗装ですが、基本的に色分けは完璧といっていいでしょう。(瞳はシールですが)

胴体は前後はめ込み式で、側面・上部に合わせ目が出ます。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

上半身と腰はボールジョイント接続で、前後・左右と柔軟に可動します。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

肩アーマーも可動。色分けも完璧です。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

特に前方向への可動に優れています。

ただ、胴体・肩ともに上部に合わせ目アリです。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

腕の合わせ目箇所も多く、「二の腕」「前腕部」「手首のトゲパーツ」に合わせ目が出ます。

肘ガードの茶色い部分は1パーツの筒型で、関節パーツは合わせ目無しです。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

手首のトゲパーツ(グリーン部)はある程度可動。手首パーツも根本がスナップします。

肘関節は90度曲がります。脚を広げすぎるとポロリする感じ。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

腰回りのパーツは前後左右と大きく広がります。

サイドアーマーはシンプルなプラ同士のボールジョイント接続です。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

後ろはカスタムしやすい2つのジョイント穴が空いています。

お尻の小さなリアアーマーも可動します。(後述する変形の際に動かします)

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

脚は軸接続で、間にグレー関節パーツを噛ませる構造です。

「モモ側にポリキャップのボールジョイント」が使われているのは新しい構造ですね。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

脚部は「前面」「関節パーツ」に合わせ目が出ない優秀な作り。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

「モモ側面」「ふくらはぎ」には合わせ目が出ます。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

接地性は狭いわけではないのですが、広くはありません。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きは無く、股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

もう片方の四角い穴はデスビーストへの布石と見ていいでしょう……(予言w

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

金棒型ビームライフルはシンプルな3パーツ構造で、銃口以外の上下に合わせ目が出ます。

人さし指を突き出した手首パーツは付属しません。

また、手首のトゲパーツに少し干渉するのでちょっとだけ持たせにくいです。完成品トイのMIA版でも持たせにくかったので、デザイン的に仕方ない部分かもしれませんね。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

金棒型ビームライフルを装備するデスアーミー!

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

ガシュンガシュン……

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

後ろから見てもいい感じw

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

ライフルで攻撃!

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

各関節は90度しか曲がらないものの、その他は良く動き色々なポーズをつける事ができます。

デスアーミーとしての動きには困らないと思います。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

ショルダータックル!

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

右手のみ、機関部をつかむ事ができる手首パーツが付属します。

金棒型ビームライフルの凹凸と合わせて保持させます。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

金棒を構えるデスアーミー!

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像ですHGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

とても良く出来てるぞ……!(>ω<)

HGFCデスアーミーの変形ガンプラレビュー画像です

脚部の折りたたみギミックを見てみます。

まずは足首パーツ(青枠)を交換し、足首ガードのパーツを下におろします。

HGFCデスアーミーの変形ガンプラレビュー画像です

あとは脚を後ろへ持っていくだけで脚を折りたたむ事ができます。

ちなみに、デスビーストはこの状態で4本脚に接続する形で再現します。(ってまだ発売されてないけど(*ノェノ))

MIAとHGFCデスアーミーの違い・比較ガンプラレビュー画像です

完成品トイのMIA(MS IN ACTION!!)版のデスアーミーと比較。

MIAとHGFCデスアーミーの違い・比較ガンプラレビュー画像です MIAとHGFCデスアーミーの違い・比較ガンプラレビュー画像です

【MIA】MS IN ACTION!! デスアーミー レビュー【機動武闘伝Gガンダム】

 

それではここから、他のGガン系プラモを使いヤラレ役っぽいポージング画像をガンガンいってみます!

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

シャイニングガンダムに破壊されるデスアーミー!

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

ゴッドガンダムのアッパーを食らうデスアーミー!

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

ギガンティックマグナムで撃ち抜かれた図。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

蹴りを食らうデスアーミー。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

ガンダムローズに突かれたデスアーミー。

……旧キットのガンダムローズは可動域が狭いぞ!w

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

VSボルトガンダム。

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

レイン&

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

シュバルツにやられるデスアーミー!

やはり他のGガンプラモと組み合わせると魅力が爆上がりするぞ!(>ω<;)

Gガンダムの1/144スケールのガンプラ画像です

1/144スケールのGガン系プラモとディスプレイ。

Gガンダムの1/144スケールのガンプラ画像です

 

HGFCデスアーミーのガンプラレビュー画像です

HGFC デスアーミーの感想

ということでHGFCデスアーミーのご紹介でした。

 

少ないパーツ数ながら色分けが優秀で、プロポーションの再現度も高いためGガンファンにはたまらないガンプラになっていると思います。

注意点としては、手首パーツの接続強度がちょい弱といった感じなので軸を太らす等の加工をした方がいいかもしれません。動かしていて結構ポロリしました。

また、胴体・腕・脚と合わせ目の量は多いです。

ただ、難しい箇所もなくサクッと作れるガンプラに仕上がっているので初心者モデラーさんには特にオススメです!

 

以上、「HGFC デスアーミー」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る