icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD:R エルドラブルート レビュー

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGエルドラブルート」のガンプラレビューです。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズRe:RISEリライズに登場する、エルドラブルートをご紹介。

2019年発売。

HGFCデスアーミーをベースキットとし、「デスビーストを思わせる4脚」や巨大な四又の槍「テトラデント」が特徴的なガンプラに仕上がっています。

という事で、HGエルドラブルートをデスアーミーとの比較画像を含めレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBD:R エルドラブルート

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

様々なタイプが設定されているエルドラアーミーの1機で、四脚ユニットを装着した陸戦強化タイプであるエルドラブルートさん。

本編に登場したような巨大な特殊個体も存在しますが、本キットでは通常サイズ(19.8m設定)のエルドラブルートが再現されています。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、二種類の「ヒトツメ(モノアイ)」や頭部・胸部・武器類を補うものが付属します。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

手持ちの付属武器は「テトラデント」のみですが、HGFCデスアーミーの余剰パーツが出ます。

余剰パーツの中で使えるのは「金棒型ビームライフル(+専用の右手首パーツ)」「手首のトゲトゲ」で、デスアーミーの「腰部」「足首パーツ」などは同梱しないためデスアーミーに組む事はできません

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGエルドラブルートがこちら。

暗めのグレーを基調とした渋い成形色で立体化されています。

一部「デスビースト」のランナータグ表記があったので、HGFCデスビーストの発売に一歩前進したといったところです(*´ェ`*)

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

武器のテトラデントをはじめ、暗めのグレー成形色部分がエルドラブルート表記のランナーになっている感じです。

四脚ユニットという事で当然ながら、自立性がめちゃくちゃ高いです。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

このデスビーストを思わせる四脚ユニットがGガンファンにはたまらないぞ……。

それでは各部細かく見ていきます!

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

頭部は「ツノ」「ひさし部分」が新規造形で、「モノアイ」「ひさし部分の細かなパープル部」がシールになります。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

底面のツマミを動かせば、モノアイが可動。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

また、頭部を一度分解しモノアイパーツを前後逆に取り付ければ違うタイプの目にする事もできます。※このあたりのギミックはHGFCデスアーミーと同じ

両方ともシール下にはモノアイ形状が造形されています。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

襟部、胸部の濃いグレー部分が新規造形です。

胴体は前後はめ込み式で、側面・上部に合わせ目が出ます。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

上半身は左右へ柔軟に可動。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

前方向にも動きます。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

背部ビームキャノンが干渉するため、腰を撚る動作はここまでが限界といったところ。

デザイン上、デスアーミーよりも可動範囲は狭くなっています。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に動きます。

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、上部分に合わせ目が出ます。また、アーマーは独立して上方向へ動きます。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

腕部は前腕部と手首付近のパーツに合わせ目が出ます。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がります。↑枠の丸いパーツがエルドラブルートの特徴で、デスアーミーやデスビーストのトゲトゲ形状からデザインが変更されています。

ちなみに余剰パーツでトゲトゲ形状(デスアーミーと同じ形)のパーツも付属するので、好みで交換する事もできます。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

手首はスナップします。ちょっと外れやすい気がしたので、気になるモデラーさんは凸軸を太らす等の加工がオススメといったところ。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーはエルドラブルートの形に変化しています。それぞれ可動します。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

脚部ユニットの取り付け方はシンプルで、KPSによる凹凸接続です。

ガッチリと安定して接続できます。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

脚部は二箇所の関節が曲がります。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

足首パーツも大きく傾くため、接地性が良好です。

足裏には肉抜きがなく、モールドも細かいです。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

下から見た図。後方にスタンド用の3mm穴が空いています。(青枠)

四脚ユニットはすべて裏側に合わせ目が出ますが、裏側に配置されているためそこまで目立たずといったところ。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

「上半身」「四脚ユニット」「ビームキャノン」を分離した状態がこちら。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

ビームキャノンはシンプルな凹凸接続で、ガッチリと固定されます。

ちなみにこのビームキャノン、デスアーミーの脚部パーツが使用されていたりします。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

砲口部分のブルーはシールで色を補いますが、シール下にもモールドは刻まれています。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

巨大な四又の槍、テトラデントがこちら。

合わせ目はほとんど出ないパーツ構造で、リード線を使えば設定通り先端の槍頭が分離した状態(ワイヤー式で射出した状態)が再現できますが、本キットにリード線は付属しません。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

槍頭のユニットをアップで。ビーム発射口はシールで色を補いますが、ビームキャノン同様こちらもシール下にモールド形状があります。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

テトラデントを装備!

手首パーツの甲パーツを一度外して持たせます。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

飛びかかるエルドラブルート!

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

突き!

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

テトラデントは両手で持たせる事もできます。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

いい感じ……(*´ェ`*)

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

余剰パーツの金棒型ビームライフルを装備させてみます。

HGFCデスアーミー同様、専用の手首パーツは右手分のみ付属します。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

ライフルとして装備する場合は、左手でも持たせる事ができるぞ!

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

テトラデント+金棒型ビームライフルで。

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

マーズフォーガンダムとバトル!

【ガンプラ】HGBD:R コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニット レビュー

 

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

ガンダムジャスティスナイトと。

【ガンプラ】HGBD:R ガンダムジャスティスナイト レビュー

 

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

ヴァルキランダー、覚醒!

【ガンプラ】SDBD:R ヴァルキランダー レビュー

 

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

HGFCデスアーミーと比較。

共通規格で作られているため、

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

このような遊び方もできます……(*´ェ`*)

【ガンプラ】HGFC デスアーミー レビュー

 

HGエルドラドートレスのガンプラレビュー画像です

プレバン限定のHGBD:Rエルドラドートレスと比較。

HGエルドラドートレスのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBD:R エルドラドートレス レビュー【プレバン】

 

HGエルドラブルートのガンプラレビュー画像です

HGBD:R エルドラブルートの感想

ということでHGBD:Rエルドラブルートのご紹介でした。

 

四脚ユニットという事でポーズパターンは限られると思いますが、迫力のある造形で立体化されています。

胴体・肩・腕・脚部などちょこちょこと合わせ目が出ますが、脚部の合わせ目は裏側に配置されているためそこまで目立たずといったところ。

ランナータグの一部がデスビースト表記だったので、本家HGFCデスビーストも是非発売して欲しいです……!(>ω<)

 

以上、「HGBD:R エルドラブルート」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る