icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】SDBD:R ヴァルキランダー レビュー

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「SDBD:R ヴァルキランダー」のガンプラレビューです。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズRe:RISEリライズに登場し、パルヴィーズが使用するヴァルキランダーをご紹介。

2019年発売。

Re:RISEリライズ系としてはじめてのSDタイプであるヴァルキランダーですが、ガンドランダーシリーズガンダムアストレアTYPE-Fをモチーフとしたデザインに仕上がっています。

戦士タイプの「ヴァルキランダー」、竜合身タイプの「ドラゴンフュージョンモード」、ドラゴンタイプの「ガンドラゴンモード」と3形態に変形可能。

という事で、SDBD:R ヴァルキランダーをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

SDBD:R ヴァルキランダー

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ヴァルキランダー、別名モルジアーナのボックスアート。

ガンドランダーシリーズをモチーフとしたSDデザインになっているほか、ガンダムアストレアTYPE-Fをデザインベースにしたガンプラになっています。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ダイバーはパルヴィーズが記載。

GBN初心者ながらガンプラビルダーとしての能力は高いダイバーです(*´ェ`*)

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は多く、瞳のほか各コンデンサー部分やゴールド部の色を補うものが付属します。

同じビルドダイバーズ系SDの「RX-零丸」よりは量が少ないといった感じ。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

内容物一覧がこちら。

ヴァルキランダー本体のほか、「GNガンソード」「GNフレアーデバイス」「GNランチャーデバイス」「GNガンシールド」「変形用パーツ」が付属します。

 

ヴァルキランダー

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

まずは戦士タイプのヴァルキランダーから見ていきます!

ガンドランダーシリーズらしい「身体の各所にあるガンホーン」と、ガンダムアストレアTYPE-F(F2)っぽい「コンデンサー」が特徴的なデザインになっています。

仲間のメイン機体なのにちょっとマニアどころをついてくるところがリライズっぽいよね……w

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

今回はRX-零丸のように「クロスシルエットのSDフレーム」が採用されていません。

成形色は「レッド」「グレー」「ホワイト」「ゴールド」「クリアグリーン」の5色構造です。

「GNガンシールドのフチ」「つま先」はちょっとシール感が目立ちます。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

後頭部にはガンダムナドレのナポリタンGN粒子供給用コードのような髪の毛状の冷却器官「クーリング・コード」を装備しています。

それでは各所細かく見ていきます!

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

手足はそこまで広がらず、可動域は思ったほど広くありません。

ただ、上半身は360度回転します。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

手足の関節はある程度曲がり、ヒザ立ち可能です。

肘関節はそこまで曲がりませんが、ヒザ関節は90度ほど曲がります。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。……カワエエ!(>ω<;)

「両側面の露出するグリーン部分(目の外側)」などはシールで補いますが、フェイスマスクまわりの色分けは良好です。ただ、ガンホーン(ツノ)裏側には大きく肉抜きがあります。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

兜を外し、瞳パーツを裏返せば「瞳無し」状態にする事もできます。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ガンダムアストレアTYPE-Fの頭部と比較。

ガンドランダー系のデザインがブレンドされていますが、タイプF風味のシルエットになっていますね。一応瞳やフェイスマスクが露出しているので、人型ではタイプ-F2寄りのデザインになっているのでしょうか。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ガンダムアストレアTYPE-Fの胸部と比較。

ヴァルキランダーの胸部は「ダゴンズ・ジョー」というエネルギー吸入口になっており、クリアグリーンのパーツが使用されています。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

胴体内のポリキャップは前方へ露出し、腕を大きく前へ持っていく事ができます。

ただ、肘関節は45度ほどしか曲がらずポリキャップも一部露出します。

腕などのコンデンサー(グリーン部)はシールで色を補います。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

肩、脚の接続はボールジョイント接続です。

脚部はヒザ前面に合わせ目が出ますが、

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

後ろ側(ふくらはぎ)は段落ちモールド化されています。

足裏には肉抜きあり。股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

髪の毛状のクーリング・コードはグレー1色1パーツのボールジョイント接続で、ぐるぐるまわります。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ガンダムナドレのGN粒子供給用コードと比較。

クーリング・コードという事で、機能的にはノーベルガンダムの髪の毛(放熱フィン)の方が近い?

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

宝剣をかたどった近接用武器「GNガンソード」がこちら。

シンプルな1色1パーツ成形で、片側のガード付近には肉抜きがあります。ここの刃部分は黒寄りのグレーで要塗装となります。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

こちらはGNシールドっぽいデザインをした「GNガンシールド」。基部でぐるぐるロール回転します。

シールド表面のフチ部分はシールで色を補いますが、ちょっと目立ちます。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ちなみに、GNガンソードはGNガンシールドの裏側に収納する事ができます。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ヴァルキランダー、ミッション開始!

それではアクションポーズいってみます!

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

腕周りはそこまで動かないものの、ヒザが90度曲がる+接地性が良いので「接地状態でのポージング」がかっこよく決まる模様。

クーリング・コード(髪の毛)も動くので、躍動感のあるポーズが決まるぞ!(>ω<)

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

こちらはGNフレアーデバイス

収束タイプの細いビームを放つ事ができる武器です。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

こちらはGNランチャーデバイス

その名の通り、GNランチャーのデザインをモチーフにしている武器だと思います。(写真下はガンダムアストレアTYPE-Fに同梱のGNランチャー)

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

GNフレアーデバイスで攻撃!

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

GNランチャーデバイスで。

アストレアTYPE-Fベースではあるのですが、ガンドランダー系にナドレを足したような印象を感じますね。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

2丁撃ち!

 

竜合身ドラゴンフュージョンモード

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

竜合身ドラゴンフュージョンモードに変形させてみます。

クーリング・コード(髪の毛)を避けながら、背中のダボ穴にスワンウイング(翼パーツ)を取り付けます。

翼はポリキャップによるボールジョイント接続で、色々な方向へ動きます。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

スワンウイング自体はシンプルなホワイト1色1パーツ成形で、ゴールド・グリーンはシールで色を補います。

ここもちょっと目立つので、可能なら部分塗装推奨かもしれません。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

最後にスリッパを取り付けます。接続強度はちょうどよくカッチリとはまりますが、裏側には大きな肉抜きアリです。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ヴァルキランダー、竜合身ドラゴンフュージョンモードの完成。

変形は簡単で、「スワンウイング」「足首パーツ」を追加するだけで素早く切り替え可能でした。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

カッケェ!!(>ω<;)

翼は巨大ですが、接地面が広いため安定して自立するのもポイント高いです。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

この状態でアクションポーズいっています!

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

GNガンソードを掲げるヴァルキランダー!

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

「いっけぇ、ヴァルキランダァァー!!」

覚醒するパルヴィーズ!

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

GNフレアーデバイスで。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

GNランチャーデバイスで。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

フレアーデバイスとランチャーデバイスを合体させると、GNメガフレアーデバイスに変化します。

フレアーデバイスのグリップパーツ取り付け位置を変え、連結するだけで再現可能。接続強度も丁度いい感じでした。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

GNメガフレアーデバイスで攻撃!

胸部のエネルギー吸入口「ダゴンズ・ジョー」から追加エネルギーを供給し、クーリング・コード(髪の毛)の全力稼働により強力な一撃を放つ武器になるとの事です。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

 

ガンドラゴンモード

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

最後にドラゴンタイプの「ガンドラゴンモード」に変形させてみます。

兜の内部に収納されたバイザーを引き出し、瞳無し状態の頭部にかぶせます。

タイプ-F2からF風の頭部になるのが面白いですね(>ω<)

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

あとはスワンウイングなどのパーツを分解し、各所に取り付けていけば……

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ガンドラゴンモードの完成です。

序盤はずっとこの形態だったので馴染み深い見た目になりました(*´ェ`*)

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

横から。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

違和感の無い変形方法で、各所接続強度が丁度よくストレスフリーに切り替え可能です。

このあたりはさすが2019年製ガンプラといったところ。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

口は開閉します。内部にはGNフレアーデバイスの銃口が配置されています。

また、腕も上下に可動します。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ヴァルキランダーの胸部を外し、露出した穴を使えばスタンドに展示できます。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

「感じる……モルジアーナが、嬉しがってる!」

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

HGガンダムアストレアTYPE-Fと比較。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

ついでにHGガンダムナドレを加えてパシャリ。

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガンダムアストレア タイプ-F レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムナドレ レビュー

 

ビルドダイバーズリライズのガンプラ画像です

リライズのガンプラでディスプレイ。

【ガンプラ】HGBD:R アースリィガンダム レビュー
【ガンプラ】HGBD:R コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニット レビュー
【ガンプラ】HGBD:R コアガンダム(G-3カラー)&ヴィートルーユニット レビュー
【ガンプラ】HGBD:R ガンダムジャスティスナイト レビュー
【ガンプラ】HGBD:R ν-ジオンガンダム レビュー

 

SDBD:R ヴァルキランダーのガンプラレビュー画像です

SDBD:R ヴァルキランダーの感想

ということでSDBD:R ヴァルキランダーのご紹介でした。

 

SD系という事で肉抜き多数、シールも多用しますが実売1.000円ちょいという事で満足度の高いガンプラになっていると思います。

肩周りの可動域も広いわけではないのですが、ご覧のとおりかっこいいポーズは決まると思います。(メカデザの勝利といったところ……?)

変形ギミックは無理のない構造で、簡単に切り替え可能な点もポイント高いです。3形態に変化するので、遊びの幅が広いSDに仕上がっているぞ!(>ω<)

 

以上、「SDBD:R ヴァルキランダー」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る