スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】RG ゴッドガンダム レビュー

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「RGゴッドガンダム」のガンプラレビューです。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

機動武闘伝Gガンダムに登場し、ドモン・カッシュが搭乗するゴッドガンダムのRG 1/144スケール版をご紹介。

2022年発売。

RGシリーズらしく、実機考証として人体構造が落とし込まれておりRG史上最大級の可動域が追求された作りに仕上がっています。

PETシートで作られたオリジナルアレンジの日輪エフェクトも付属。

という事で、RGゴッドガンダムを徹底的にレビューしていきたいと思います!

RG ゴッドガンダム

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

ついに発売されたRG版のゴッドガンダム。

Gガン系のキットという事で、繊細な構造の多いRGながら「モビルファイターならではの人体をトレースするかのような動き」が追求されたコンセプトで作られています。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

リアリスティックデカールがこちら。量はそこそこありますが、RGシリーズとしては少ない部類かな?

ツインアイやエネルギーマルチプライヤーゲートに貼るシールは、選択式になります。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

今回は、「肩」「手首部分」にのみアドヴァンスドMSジョイントが使われています。

最近アドヴァンスドMSジョイントを全身には使わず、こういった細かな部分で使われることが増えてきましたよね。個人的にこの路線は好みだったりするぞ……。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームソード(ゴッドスラッシュ)×2」「日輪エフェクト(+接続ジョイントパーツ)」「手首パーツ×11」

多彩な手首パーツが付属するのが特徴で、「握り手」「平手」「腕組み用」「ビームソード持ち手」「特殊タイプ3つ」の計11個も同梱します。

そして、HGFC版では付属しなかった日輪エフェクトが付属するのがメチャメチャ嬉しいっす……!(>ω<)

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

コアランダーがこちら。HGFC版に引き続き、今回も分離した状態が再現できます。

キャノピーは無色のクリアパーツで再現されており、開閉可能。底面にはスタンド用の3mm穴が空いていて、コアランダーを単体で展示することができます。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

機首部分を折りたたみ、ドッキングモードにしてゴッドガンダムの背中に差し込むことができます。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したRGゴッドガンダムがこちら。

ご覧のようにRGらしく多色成形により立体的に色分けされており、白い装甲部は色の濃淡が表現されています。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

また、HGFC版ではオーバースケール気味だった大きさが設定に近い頭頂高で再現されています。(HG版との比較は後半で)

接地性に優れており、自立性も優秀です。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろから見ても情報量が多いな……(*_*;)

それでは各部細かく見ていきます!

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がり顔を上げる動作も得意です。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

足を曲げると地味に裏モモパーツの一部がへこんだり、膝アーマーが沈み込む軸が採用されていたりするなど細かなギミックを搭載しています。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

真横を向くこともできます。

触っていて感じたのは、「RGあるある」の動かしているとパーツがポロリすることがあまりなかった点です。

アクションを重視する系のガンプラだと思うので、このあたりの設計にはかなりこだわったのではないかと感じました。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。RGらしく色分けが優秀かつ、ディテールも細かく再現されています。

ちなみに今回各所アンダーゲートが採用されているパーツが多く、ニッパーで2度処理する必要がある点はご注意を。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。ソッコーで組んだのでアンダーゲートの場所がちょっと浮いてしまっています。今回のガンプラ、キレイに組む場合はデザインナイフ必須だと思いますぞ。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

バァルカン!」は、内部からパーツが露出する形で色分け済みです。

ちなみに首には3軸の可動構造が採用されていて、あごを引いたり顔を前に突き出す動作など柔軟な動きをとらせることができます。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体の色分けも優秀です。成形色の発色もキレイですね。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

マシンキャノンのカバーは開閉します。

中はイエロー・グレーと細かく色分け済みで、モールドも細かいです。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

お腹のエネルギーマルチプライヤーゲートは、カバーが開きます。

ここはメタリック風の緑のパーツが採用されています。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

肩パーツは、上へスライド可動します。

RGらしいオリジナルギミック部分で、中には光沢感のあるゴールドのリアリスティックデカールを貼ります。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部は二の腕と前腕部がロール回転し、様々な表情をつけることができます。

ゴッドフィンガープロテクターの作り込みも凄く、ツメはすべて独立可動します。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前方向へ可動します。

ボールジョイント接続とはいえ、ポリキャップレス仕様です。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部側面にはビームソード(ゴッドスラッシュ)をマウント可能で、後ろからスライドさせるようにして取り付けます。

RG以外だとポロリ率の高い部分ですが、今回はガッチリとホールドされました。基部の丸い部分は可動します。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

腰アーマーは前後左右すべて可動します。特にサイドアーマーはリアアーマーとのボールジョイントになっており、開くことができます。

また、今回はアクションベース用のジョイントパーツが付属するわけではなく、股下パーツをスライドさせることにより3mm穴が露出する仕様でした。

RGってアクションベースが必須なことが多かったので、地味に嬉しい部分です。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部はRGらしさが一番出ている部分で、成形色に立体感を感じる装甲色になっています。

もちろん足裏に肉抜きはなく、接地性もバツグンです。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

ふくらはぎは開閉します。中の作り込みもスゴイです……(>ω<)

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

背部パーツは、細かく可動します。

HGFC版ではこの赤いパーツに肉抜きがあったのが弱点でしたが、RG版では肉抜きは当然ありません。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

中央のスラスターも地味に可動します。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろになびかせることもできます。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

「俺とのファイト、受けてもらうぞ!」

ガンダムファイト、レディゴー!

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装やギミックを見つつ、アクションポーズいってみます!

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

キック!

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

人体のように動くので、ポーズ付けがめちゃめちゃ楽しいっす(>ω<)

RGって動かすとポロリ率が高いことが多かったので、今回はストレスフリーな感じ。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

ゴッドスラッシュのエフェクトパーツは2本付属します。

日本刀のような形で再現されています。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

↑の特殊ハンドは折りたたむことができ、

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

このように腕を組むポーズがキレイに決まります。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

日輪エフェクトパーツはPETシートで再現されており、「イエロー」「オレンジ」「レッド」と大きさの違うものが3枚付属します。

ジョイントパーツは無色のクリアパーツで再現されていて、背中の溝に接続します。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

横から見ると、このように立体的に再現されています。見た目がマジでキレイだな……!(>ω<)

ただこのエフェクトパーツのみ少し外れやすいので、ポーズを決めたあと最後に装着することになると思います。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

ゴッドフィンガープロテクターのツメは、すべて可動します。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

「ゴッドォォ、フィンガァァァァ!!」

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

日輪のフェクトパーツがいい感じです。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

更に、派手なオレンジ成形のハンドパーツは左右分付属します。

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

石破せきはァァーー!」

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

天驚拳てんきょうけん!!!」

RGゴッドガンダム用拡張セットのガンプラレビュー画像です

↑ちなみに別売りのRGゴッドガンダム用拡張セットには、石破天驚拳せきはてんきょうけん用のエフェクトパーツなどが付属します。

RGゴッドガンダム用拡張セットのガンプラレビュー画像です

風雲再起ふううんさいきなども付属するので、気になる方は↓のレビューをどうぞ。

【ガンプラ】RG ゴッドガンダム用 拡張セット レビュー【プレバン】

 

HGFCとRGゴッドガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGFC 1/144 ゴッドガンダム(左)と比較。

HGFC版は2010年に発売。アップで比較してみます。

HGFCとRGゴッドガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

ゴッドフィンガープロテクターを比較。

HGFCとRGゴッドガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

脚部を比較。

色々な1/144スケールのゴッドガンダムガンプラの比較画像です

旧キット1/144ゴッドガンダム(左)も混ぜ、1/144スケールのゴッドガンダムバリエーションでディスプレイ。(一番右が今回のRG)

色々な1/144スケールのゴッドガンダムガンプラの比較画像です

HGFC版では少しオーバースケール気味でしたが、本来頭頂高16.6mということでRG版ではより忠実な大きさで再現されています。

色々な1/144スケールのゴッドガンダムガンプラの比較画像です

HGFC版のレビューは↓でどうぞ。

【ガンプラ】HGFC ゴッドガンダム レビュー

 

RGゴッドガンダムのガンプラレビュー画像です

「ヒート、エンドッ!!」

RG ゴッドガンダムの感想

ということでRGゴッドガンダムのご紹介でした。

 

今回アドヴァンスドMSジョイントは「肩部」「手首」にしか使用されていないこともあるのか、動かしていてパーツがポロリすることがあまりありませんでした。(日輪のエフェクトパーツ以外)

これはRGシリーズとしては結構特殊だと思うので、気軽に動かしてアクションポーズをガンガン決めたいファンの方にはセールスポイントで間違いないでしょう(*_*)

本体はもちろん、日輪エフェクトパーツがめちゃめちゃかっこいいので非常に派手なガンプラに仕上がっている印象です。

現在プレミアム・バンダイではRGゴッドガンダム用 拡張セットiconが予約受付中なので、各種エフェクトパーツや風雲再起(HGFC仕様みたいですが)が欲しい場合は注文しておくのがオススメですぞ↓

icon

 

以上、「RG ゴッドガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る