icon

icon

【ガンプラ】HGUC ザク・マリナー レビュー

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ザク・マリナー」のガンプラレビューです。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムZZに登場し、ネオ・ジオン兵が運用したザク・マリナーをご紹介。

2012年発売。

武器は4連装スプレーミサイル・ガンマグネット・ハーケンが付属。

また、頭部アンテナは一般機用と指揮官機用ブレードアンテナの2種類が付属します。

リード線を使い曳航シーンも再現可能。

機動戦士ガンダムUC episode 4で登場したUC仕様にするには小加工が必要なので、そのあたりも含めてレビューいってみます!

スポンサーリンク

HGUC ザク・マリナー

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

ガンダムZZでは第24話「南海に咲く兄弟愛」にて登場。

ユニコーンでもエピソード4にて綺麗な作画が拝めました。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

まずは簡単に、設定のおさらいを。

ザク・マリナーとは

ザク・マリンタイプの後継機として連邦軍が開発した水陸両用量産型モビルスーツ

・U.C.0088年代のティターンズ崩壊、ネオ・ジオンによるダカール侵攻によりほとんどの機体が流出した

 

という事で、連邦が開発したものの結局はネオ・ジオンおよびジオン残党により使われる事となったザクです……w

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは多めで、各センサーや襟のイエロー、バックパックのハイドロ・ジェット(スラスター)内部などを補うものが付属します。

マーキングシールも付属し、機体番号の他「連邦軍」「ネオ・ジオン」のマークが各色付属します。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「4連装スプレーミサイル・ガン(サブロック・ガン)」「ハンドパーツ×3」「サブロック・ランチャー×2」「指揮官用ブレードアンテナ」「差し替えパーツ各種」「マグネット・ハーケン用リード線」

ハンドパーツ右手は4連装スプレーミサイル・ガン持ち手のみとなります。

左手は通常武器持ち手と握り手の2種類が付属します。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCザク・マリナーがこちら。

特徴的な濃いブルー・グリーンは深みのある成型色になっています。

ただ色が足りない箇所が多く、そこそこ合わせ目もある模様。※後述

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

そのかわり、これは6年前あたりのHGUCの特徴かもしれませんが変な肉抜きがなく、劇中再現度が高いスタイルで立体化されています。

普段合わせ目処理や部分塗装をするモデラーさんには、不満の出ない作りになっていると思うぞ……(*´ェ`*)

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

特徴的なバックパックは細かな色がほとんど足りませんが、ご覧の通り造形は完璧ではないでしょうか。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

最近のガンプラ基準で見ると可動域は標準的ぐらいです。

必要十分には動いてくれますが、

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

上半身はほとんどまわりません。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

肩は前後に動きます。

前方向への可動が得意です。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

口はシュノーケルのような特徴的な形状になっています。

モノアイは非可動で、シールを好きな位置に貼る仕様。

真ん中に貼ると見えづらくなるため、ちょっと横に貼ってみました。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

頭頂部もモノアイのレールになっています。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

シュノーケルは1パーツになっていて、ザクの口の間に挟み込むように組み立てます。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

横から。襟付近のイエローは全面をシールで補います。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

選択式で、指揮官機用のブレードアンテナも付属します。

一般機・指揮官機ともに細いパーツになっているため、差し替える際には破損にご注意を!(>ω<)

(実際ヒヤリとしました)

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

胴体は各種マーキングシールが付属。

元々の配色がシンプルなため、色分けは良好です。

胴体上部に合わせ目が出ますが、側面は段落ちモールド化されています。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

ザク・マリナー特有の胸部形状。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

プラモデルオリジナル仕様で、通常ザクタイプの胸部パーツも付属します。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

胴体上部の合わせ目部分と肩部がこちら。

ショルダーアーマーは合わせ目が出ない作りになっています。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

肩の外側パーツを外してみた図。

サブロック・ランチャーの出っ張り部分は白いシールで補うため、見栄えは悪いです。

ここは塗装してあげた方が良さげですね。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

サブロック先端は取り外せて、ロケット弾に装着可能です。(2つのみ付属)

ロケット弾自体も色分けされていないため、このあたりはホワイトで要塗装になります。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

サブロック・ランチャーを放つザク・マリナー!

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

マグネット・ハーケンを装備した左腕がこちら。

「前腕部」「マグネット・ハーケン・ラック」ともに左右はめ込み式で、合わせ目が出ます。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

マグネット・ハーケン先端は赤いシールで補います。

ここもサブロック同様シールだとちょっとしょぼく見えてしまう部分。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

先端パーツを取り外し、リード線を接続すれば

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

マグネット・ハーケン展開状態が再現可能です。

接続強度も丁度よく、ポロリする事もありませんでした。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

ちなみに、右腕はよくあるザクタイプの腕になっています。

こちらも前腕部に合わせ目が出ます。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

特徴的なバックパックはブルー1色成型で色分けされていません。

ホワイト、レッドなど全てをシールで補います。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

側面には合わせ目が出ます。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

「ハイドロ・ジェット(スラスター)2基の内部レッド」や「サブロック・ランチャー8基のホワイト」はシールだと少し違和感が出ると思います。

塗装派モデラーさんはこのあたりを重点的に手を加える事になりそうです。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

フロントスカートは上に可動します。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

脚部のパーツ構造は良くできており、前面・側面に合わせ目が出ない作りです。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

ふくらはぎ部分には合わせ目が出ます。

関節パーツと小さなスラスター内レッドは要塗装です。

また、脚を動かすとたまに動力パイプが外れます。

※そこまでポロポロ落ちるわけではないので、判断が微妙なところではあります

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

脚部前側の外装パーツは2種類付属し、選択式になります。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

股下にはスタンド穴、足裏には肉抜きがありません。

水陸両用MSらしく、スクリュー形状もばっちり造形されているぞ……(>ω<)

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

4連装スプレーミサイル・ガンがこちら。

先端パーツはミサイルの形状が細かく造形されていますが、色分けされていないためレッドで要塗装です。(別パーツ化されています)

フォアグリップは固定式です。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

4連装スプレーミサイル・ガンを構えるザク・マリナー!

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

このあまり見ないMSV的配色タマリマセン

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

水中で暴れまわるザク・マリナー!

ちなみに前身のザク・マリンタイプの限界潜行深度は400mでしたが、ザク・マリナーでは2,000mの水圧にも耐えられるようになったそうです。

海での局地戦に秀でた「潜水型MS」に分類されるようだぞ……(*´ェ`*)

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

足裏のスクリュー形状がよくできているため、浮かせてディスプレイしても見栄えがいいです。

この時代のHGUCは色が足りなかったり超絶可動するわけではないですが、スケールモデルとしてはめちゃめちゃ良く出来ていると思うぞ……(>ω<)

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

サブロック・ガンのフォアグリップを掴み、両手で構える事も可能です。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

それでは他のガンプラを使ってポージングいってみます!

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

マグネット・ハーケンを使い、タマンのカプールに曳航してもらうザク・マリナーの図。

カプールはガンプラ化されていないため、1/144モビルカプルを使用

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

バンダイさん、HGUCカプールの発売まだでしょうか……!

【ガンプラ】1/144 モビルカプル レビュー【旧キット】

 

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

「全機!サブロック砲一斉射撃後、急速浮上してトドメを刺す!」

アーガマを強襲するネオ・ジオン!

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

「撃て撃て!アーガマを空に上げるな!」

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

「お前らごときに、アーガマをやらせるか!」

ジュドーのダブルゼータ現る!

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

「なんだ!?ダブルゼータが迷っている!」

好機と捉え、襲いかかるザク・マリナー!

【ガンプラ】HGUC ダブルゼータガンダム レビュー

 

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

ジュアッグに曳航されるザク・マリナー。

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

HGUCジュアッグ(ユニコーンVer.)はかなり出来がいいので、こちらもオススメだぞ!

【ガンプラ】HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.)レビュー

 

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

トリントン基地海岸へ向け、背中のサブロック・ランチャーを放つザク・マリナー!

バンダイさん、HGUCアクア・ジムの立体化もまじで頼みます!(>ω<;)

 

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

HGUC ザク・マリナーの感想

ということでHGUC ザク・マリナーのご紹介でした。

 

まずユニコーン仕様にする場合ですが、

HGUCザク・マリナーのガンプラレビュー画像です

UC版では↑部の支柱が無いため、カットする必要があります。

※切り落とした場合は溝を綺麗に加工する必要がありそうです

 

HGUCザク・マリナーの感想としては細かな色が各所足りず、合わせ目もそれなりに出ます。

部分塗装する際には暗い下地色の上にホワイトを乗せる事が多いと思うので、下地の隠蔽力が高いシタデルやMr.カラーGXクールホワイトがオススメです。

 

可動域はモノアイが非可動で上半身もほぼまわりませんが、ザク・マリナー的なポージング付けには困りませんでした。

 

長所としては、劇中再現度が高い良キットに仕上がっている点。

変な肉抜きが無いし、深みのある色合いの成型色が非常にかっこいいっす(>ω<)

 

手を加えるとしたらバックパックまわりの塗装を中心に、モノアイにクリアパーツを埋め込むぐらいで見栄えが爆上がりしそうです。

モノアイ可動については上下左右と複雑なレール構造をしているため、可動化の改造は難しそうっす(>ω<)

 

総評として素組み派モデラーさんは満足いかない可能性がありますが、塗装派モデラーさんには高水準のザク・マリナーに仕上がっていると思います。

 

以上、「HGUC ザク・マリナー」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 HGUC ザク・マリナー』の在庫を見る