icon
icon

【ガンプラ】HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.)レビュー

HGUCジュアッグのガンプラレビュー画像です レビュー

今回はHGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.)のガンプラレビューです。

機動戦士ガンダムUC効果で、旧キットの発売からなんと30年の年月をこえて発売されたHGUC版ジュアッグのUC版をご紹介。

スポンサーリンク

HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.)

HGUCジュアッグのガンプラレビュー画像です

「機動戦士ガンダムMSV」で設定されたジオンのMSジュアッグ。このキットはガンダムUCのエピソード4登場時の設定で立体化されたものになります。

2012年発売のHGUCという事で、それはもうパワーアップしまくりな可愛い造形になっていました。

HGUCジュアッグのガンプラレビュー画像です

今回はほぼ素組みで作成、スミ入れ後砲口内部を黒に部分塗装しフィニッシュしています。(ほぼ素組み)

HGUCジュアッグのガンプラレビュー画像です

いかがでしょう……

HGUCジュアッグのガンプラレビュー画像です

この再現度……w

HGUCジュアッグのガンプラレビュー画像です HGUCジュアッグのガンプラレビュー画像です

ジュアッグくんを下から。肉抜きは無しでスクリューの造形もバッチリ。

HGUCジュアッグの可動域のガンプラレビュー画像です

可動域。ふざけているわけじゃないよ!w

HGUCジュアッグの上半身の回転のガンプラレビュー画像です

上半身の回転はこのぐらい。ちょっとしか動きませんがジュアッグの表情付けには十分な感じ。

HGUCジュアッグの頭部のガンプラレビュー画像です

頭部。全てのガンプラの中で一番異形感があるのではないでしょうか

HGUCジュアッグのモノアイ可動のガンプラレビュー画像です

目のカバーはクリア素材のシートを挟み込む感じ。モノアイ周辺のメカニカルな造形にこだわりを感じます。

また、モノアイは可動します。

HGUCジュアッグのモノアイ可動ギミックのツマミのガンプラレビュー画像です

モノアイの可動は一度頭部を外し、ツマミを移動させる感じなのでカンタン。

HGUCジュアッグの鼻可動のガンプラレビュー画像です

象の鼻のような部分もグニャグニャ可動する上固定されます。

ここ、大変素晴らしいです……

HGUCジュアッグの腕部のガンプラレビュー画像です

腕部の320mm3連装ロケットランチャー。

サイドのグレーはシール。ご覧の通り可動は完璧。

HGUCジュアッグのシールのガンプラレビュー画像です

胸部メガ粒子砲部分はテカりのあるシールになります。

ここは一番目立つ箇所なので可能であれば塗装してあげた方がいいかもしれません。

HGUCジュアッグのバックパックのガンプラレビュー画像です

バックパック部分。ディテールが細かいですね。

HGUCジュアッグの足のガンプラレビュー画像です

かわいい足w

接地面が広いので安定して自立できます。

HGUCジュアッグのガンプラレビュー画像です

グワッ!!!ジオン残党の意地を見せるジュアッグくん。

HGUCジュアッグの可愛いガンプラレビュー画像です

風呂に入った後のオッサンのようなジュアッグくん。

HGUCジュアッグとアッグのガンプラレビュー画像です

「よっ!大将!」

町内会の水泳大会で同級生に挨拶をするジュアッグくん。

HGUCジュアッグとアッグの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 アッグ レビュー【旧キット】

 

ジュアッグ隊ジムIIIの対決ガンプラ画像です

宿命の戦いをしているジュアッグくんとジムIII。

ジュアッグ隊ジムIIIの対決ガンプラ画像です

天敵、HGUCジムIII(ダカール配備型)の改造ガンプラ記事はこちら↓

【ガンプラ改造】HGUC ジムIII(ダカール配備型)※ガンダムUC ep4 ver.

 

HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.)の感想

という事でHGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.)のご紹介でした。

 

写真を見てお分かりいただける通り、巧みに最新技術が使われジュアッグというトンデモデザインMSがおもしろおかしく徹底的に再現されています。

 

目の周辺クリア素材のアイデアが面白く、高級感すら出ている気がする。

バンダイホビー事業部の狂気を感じ、変な笑いが込み上げる良キットになっております。

 

面白いのは頭部構造で、こんな作り初めて見ました↓

HGUCジュアッグのギミックのガンプラレビュー画像です

頭部を分解した部分。頭から鼻先までリード線を内部に通す形になります。

この部分設計したバンダイホビーセンターの技術者さんが、ニヤニヤしながら設計したのが伝わってくる……w

このギミックのおかげで象の鼻のような部分がグニャグニャ可動し、ジュアッグの異形感に一役かっていると思います。

 

合わせ目は腕部、胴体サイド、足関節にアリ。どこも処理するのが簡単な部分ではあります。

 

シールで補う箇所は「鼻の先」「腕部の3つロケットのサイドにあるグレー部分」「胸のメガ粒子砲」になります。

少な目ですが結構目立つ箇所なので部分塗装してあげた方がいいかもしれません。

 

ちなみに今回ロケットランチャー内部を黒で塗ってみました。

HGUCジュアッグの 320mm3連装ロケットランチャーの塗装前のガンプラ画像です

↑塗装前

HGUCジュアッグの砲口のガンプラレビュー画像です

↑塗装後

HGUCジュアッグのガンプラレビュー画像です

立体感が出て引き締まった印象になるのでオススメです。

そしてつや消しもしてみた状態がこちら↓

HGUCジュアッグをスミ入れ、つや消しした状態のガンプラレビュー画像です

ギュワッ!

流し目でこちらを見つめるイケメンのジュアッグくん。

 

総評としてはパーツ数も少なく素組みならソッコーで組めるし、目周辺のメカニカルな造形、頭部と鼻を繋ぐギミックが面白い良キットだと思います。

バリバリにかっこいいガンダムタイプを作った後にジュアッグを作るとそのふざけたデザインに衝撃を受けること間違い無し。

 

これは良いガンプラだ……。

MSV版はこちら↓

あと、これも欲しくなる……w

 

以上、「HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.)」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.)』の在庫を見る