スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】MG 1/100 ガンダムデスサイズEW レビュー

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「MGガンダムデスサイズEW」のガンプラレビューです。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムW EndlessWaltzより、デュオ・マックスウェルが搭乗するガンダムデスサイズのMG エンドレスワルツ版をご紹介。

2010年発売。

シリーズ共通の「XXX-Gフレーム」が採用されています。

バスターシールドにビームエフェクトパーツを取り付ける事により、ビーム刃展開状態が再現可能。

という事で、MGガンダムデスサイズEWをレビューしていきたいと思います!

MG 1/100 ガンダムデスサイズEW

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

MG版デスサイズのアーリータイプ、ガンダムデスサイズEWのボックスアート。

カトキハジメ氏によりリデザインされたEW版のデスサイズですが、MGシリーズからのリリースとなっています。

フレームにはシリーズ共通の「XXX-Gフレーム」が採用されていますが、今のガンプラ目線だとそこまで可動域は広くないかな?といった印象でした。(詳しくは後述)

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

ホイルシール、マーキングシール、ガンダムデカール(ドライデカール)の3種類が付属します。

色分けはめちゃめちゃ優秀なので、シールで色を補う箇所は少ないです。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

1/100デュオ・マックスウェルのフィギュアがこちら。

かなり小さいのに、ちゃんと三つ編みが再現されているよ……(*´ェ`*)

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

そして完成したMGガンダムデスサイズEWがこちら。

TV版とは違うスタイリッシュなEWのデザインがうまく再現されており、ご覧のように立ち姿だけなら今のガンプラ目線で見ても通用する良プロポーションに仕上がっています。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

フレームは普通にABS樹脂が使用されており、関節強度が強めでカッチリとした印象です。

接地性、自立性ともに優秀です。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

可動域ですが、当時はどうだったのかはわかりませんが今のガンプラ目線で見た場合は普通ですw

腕は真横まで広がり足はもっと開脚するのですが、これ以上上げると腰部サイドアーマーが外れてしまう感じです。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

真横を向くことはできませんが、腰はここまでひねることができます。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。

EW版ということでカラーが爽やかなホワイトに変更されているほか、アンテナや頬まわりなどパーツ分割での色分けに優れています。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。頭部は前後はめ込み式で側面に合わせ目っぽいラインが出ます。

設定画を確認したのですが、モールドっぽくも見えたので未処理でもOKかな?(*_*)アップで確認できる資料がなかったので正確にはわかりませんが、思ったより合わせ目感はない配置です。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

バックパックのハイパージャマーは色分けが細かく、スリット形状も細かいです。

ハイパージャマー自体はバックパックとのボールジョイント接続で、ある程度動きます。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。胸部の奥をアップで見ると色分けが細かいうえ、スリット形状も細かいです。

胴体は前後はめ込み式ですが、側面の合わせ目は段落ちモールド位置になっています。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

コクピットハッチは開閉でき、中に座った状態のデュオを乗せます。(↑画像右が中身)

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーをアップで。合わせ目はありません。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

腕部をアップで。こちらにも合わせ目はありません。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

ハンドパーツは親指以外の4本指を交換するタイプで、4種類に切り替え可能です。(左右とも)

↑画像下の2つは、一つは「ビームサイズと凹凸を合わせるようにして持たせるタイプ」。もうひとつは凸形状がないので、固定させないで自由に持たせるタイプになっています。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

ビームサイズは、バックパック中央にマウント可能です。

ただ接続強度がユルユルなので、落下率は高いです。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。底面に↑枠のジョイントパーツをかませることにより、アクションベース1や4などに対応します。

実は、この腰部アーマーが本キット最大の弱点になっています。各部ボールジョイント接続なのですが、足を動かしていると高確率でポロリしてしまいます。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

脚部は↑枠部分に合わせ目が出ますが、モールドに見えなくもないような作りになっているので場合によっては処理しなくてOKです。

ただ設定画ではモールドがない部分なので、設定忠実派は合わせ目消し必須といったところ。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

ヒザをアップで。足を曲げた際に露出する関節フレームには、合わせ目があります。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

特徴的なつま先はMGらしくとんがっていて、少しだけ可動します。

足裏に肉抜きはありません。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

「派手に暴れてやろうぜ!」

ガンダムデスサイズ、出撃!

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

ビームサイズがこちら。先述したとおり、ハンドパーツ内の凹凸と合わせるようにして持たせるためガッチリと保持できます。

ビームエフェクトパーツは、クリアグリーンの迫力ある造形で再現されています。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

「死ぬぜぇ…俺を見た者はみんな死んじまうぞ!」

ビームサイズを構えるデュオ!

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

アクション!

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

めちゃめちゃかっこいいのですが、↑写真を取るためにちょっと開脚させただけで腰アーマーがポロポロ落ちましたw(>ω<;)(あまりにとれるので、撮影途中に接着しました)

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

弱点はあるものの、見た目はかなりかっこいいです。

カトキハジメ氏が本キットのデザイン監修をされたとの事で、見た目自体は完璧なEWが再現されているのではなかろうか。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

ビームサイズは、両手でつかむこともできます。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

↑のようにビームサイズを前後逆に持たせる場合は、凸形状がない方のハンドパーツを使います。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

バスターシールドはガッチリと固定されます。

色分け、形状ともに再現度が高いです。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

先端を展開させ、ビームエフェクトパーツを取り付けることができます。

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

攻撃!

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

いい感じ……。ぶっちゃけそこまで可動域は広くないので色々なポーズをとらせることはできませんが、見た目はマジでかっこいいです(*ノェノ)

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

HGAC 1/144 ガンダムデスサイズと比較。

HGACシリーズではTV版のデスサイズが発売されています。こう見比べてみると、EWとはかなりデザインが違いますよね。

【ガンプラ】HGAC ガンダムデスサイズ レビュー

 

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

MG 1/100 ガンダムデスサイズヘルEWと比較。

ヘルEWのMGは、本キットの約1年後の2011年に発売されました。こちらもかっこいいのでオススメだよ!↓

【ガンプラ】MG 1/100 ガンダムデスサイズヘル EW レビュー

 

MGガンダムデスサイズEWのガンプラレビュー画像です

MG 1/100 ガンダムデスサイズEWの感想

ということでMGガンダムデスサイズEWのご紹介でした。

 

最大の弱点は、動かしていると腰部アーマーがポロリする点。派手なポージングをさせなければ問題ありませんが、結構ストレスを感じる部分になっているで接着してもいい部分は接着してしまった方がいいと思います。

あとは今のガンプラ目線で見た場合の感想ですが、思ったほど可動域は広くないです。

逆に長所は、色分けの良さとカトキハジメ氏監修による再現度の高さで間違いないです。見た目自体は最新ガンプラにも負けていないので、デスサイズEWファンの方なら十中八九満足いくと思いますぞ……(*_*)

 

以上、「MG 1/100 ガンダムデスサイズEW」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る