スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconicon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】MG ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム レビュー

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「MG ストライクフリーダムガンダム」のガンプラレビューです。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場し、キラ・ヤマトが搭乗するストライクフリーダムのMG版をご紹介。

2006年発売。

スーパードラグーン機動兵装ウイングは、翼が開くギミックを搭載しておりスライド伸縮ギミックを搭載。

MGらしく特徴的な金色のフレーム構造が再現されており、台座も付属します。

という事で、MGストライクフリーダムガンダムをレビューしていきたいと思います!

MG ストライクフリーダムガンダム

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

2006年発売、MGストフリのボックスアート。

ストライクではないMGフリーダムガンダムはVer.2.0が2016年に発売されていますが、ストフリは本キットがいまだに最新のMGとなります。

フルバーストモードは発売されていますが本キットと同形状

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシール、ドライデカールが付属します。

ちょい古めのMGという事で、高エネルギービームライフルの青いラインなどはホイルシールで色を補います

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「MA-M21KF 高エネルギービームライフル×2」「MA-M02G シュペールラケルタ ビームサーベル×2」「MX2200 ビームシールド」「台座」「1/100キラ・ヤマト/ラクス・クライン」

手首パーツは、指可動タイプのものが1セットしか同梱しません。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

1/100キラ・ヤマト1/100ラクス・クラインをアップで。

アップで見ても中々良くできているぞ……(*´ェ`*)

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したMGストライクフリーダムガンダムがこちら。

組む前は、もはや15年前に発売されたMGという事で多少舐めていたのですが、完成させてみると今のガンプラ目線でも通用するプロポーションで立体化されているのに驚きました(*_*;)

人気機体という事で、開発陣が発売当時に気合い入れまくったのが見て取れます。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

基本的な色分けは優秀で、関節フレームはゴールド風の成形色(ウェルドラインの入った黄土色風ランナー)で再現されています。

非金メッキでABS樹脂が使われているため、塗装による破損にはご注意を。

もし関節が金メッキの方がいい場合は、値段は上がりますがフルバーストモードを購入するのがオススメです。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

背部のプラットフォームには「EQFU-3X スーパードラグーン機動兵装ウイング」が8基搭載されているため、かなり重いです。

が、意外な事に自立は安定します。

それでは各部細かく見ていきいます!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部から。MGらしくアンテナはデフォルトで尖っています。

ツインアイやトサカのブルーはシールですが、頬のライトグレーなど細かなところは色分け済みです。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に一部合わせ目が出ます。

※↑枠の下部分は設定画でもモールド位置になっています

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。内部のゴールドがチラリと見え、非常にかっこいいです。

腹部のMGX-2235 カリドゥス複相ビーム砲もバッチリ再現。

胴体は前後はめ込み式ですが、上部・側面ともにモールド風になっています。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

コックピットハッチは前方へスライドします。

組み上げてしまうとあまり見えなくなりますが、中に乗せる1/100キラ・ヤマトも付属するぞ!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部には↑枠のロックギミックが搭載されており、開くと腰を反る事ができます。

が、閉じた状態でも重さで後ろに反りがちにはなります。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

肩アーマー内部のスリット部分は色分けされていないので、ゴールドで要塗装です。

肩とウイングは、前後に大きく可動します。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部に合わせ目はありませんが、ハンドパーツは指可動式のものが左右分付属するのみです。

高エネルギービームライフルがポロリしやすいので、気になるモデラーさんは別途MSハンドなどを塗装して交換する方がオススメです。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。リアアーマーも左右独立して動きます。

腰部左右のMMI-M15E クスィフィアス3レール砲は、基部・銃身ともにモナカ構造のため合わせ目が出ます。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

リアアーマーを下にスライドさせれば、クスィフィアス3レール砲を後ろに持っていく事ができます。

凹凸接続により、リアアーマーに固定する事ができます。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

この状態にすれば、腰部左右にMA-M21KF 高エネルギービームライフルをマウントする事ができるようになります。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部はふくらはぎ付近に合わせ目あり。モールドに見えなくもないので、気にならない場合はこのままでOKかもしれません。

足裏に肉抜きはなく、ゴールドで色分けされているうえモールドも細かいです。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部をアップで。ふくらはぎのカバーは開閉します。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

腕は90度以上上がり、足は水平まで開脚します。

良くも悪くもABSが使われているため、止めたい位置で止まってくれます。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

特に、腕の関節は180度近く曲がります。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

アーマー内部にもモールドあり。

股下のパーツを外せば、台座用のスタンド穴が露出します。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

↑枠部分ですが、外したパーツは台座の裏側に取り付けておく事ができます。

台座の取り付け軸(画像右)は3軸3段階構造で、角度を変える事ができます。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらが付属する台座です。スタンドの全高は、ストフリ本体ぐらいあります。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

スーパードラグーンはスライド伸縮ギミックを搭載しており、外側に引き出す事ができます。

が、このあたりはスーパードラグーンや基部パーツを含め合わせ目の量が多いです。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

こんな感じで、全て広げてスライドさせれば翼がより大きく見えるようになり、迫力あるディスプレイが可能となります。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ちなみに、全スーパードラグーンは着脱できます。

が、今回のMGには展開状態の展示用スタンドは付属しません。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

翼を広げ、台座にディスプレイ。

別途アクションベースを購入する必要がないので、非常にコスパがいいです……(*´ェ`*)

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

美しい……。フリーダムって、ストフリ派とフリーダム派で結構好みが分かれるよね……。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

「キラ・ヤマト、ストライクフリーダム、行きます!」

ストライクフリーダム、出撃!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を切り替えつつ、ギミックを見ていきたいと思います!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

MA-M21KF 高エネルギービームライフルをアップで。

左右で形や構造が違います。実はここが本キットの2つある弱点部分です。

「ブルーのラインがホイルシールになってしまう」のと、「武器の保持力が非常に弱い」点が弱点になります。

一応ハンドパーツ内とグリップの凹凸を合わせて持たせるのですが、ポロリが激しいので別途MSハンドなどに交換(+塗装)するのがオススメだぞ!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

武器の保持力に弱点はあるものの、めちゃめちゃかっこいいです……(*ノェノ)

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

高エネルギービームライフルを連結すれば、ロングレンジビームライフルになります。

各部パーツを動かすだけで、簡単に再現できます。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ロングレンジビームライフルをぶっ放すストフリ!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

MA-M02G シュペールラケルタ ビームサーベルを抜刀!

ビーム刃のエフェクトパーツは、反った刀のような形状のものが2本付属します。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

「やらせるかぁっ!」

無双するキラ!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらも連結可能で、アンビデクストラス・ハルバードが再現できます。

再現とかいいつつ、本編で一度も使ってないけどw(*ノェノ)

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ジャキン!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

MX2200 ビームシールドは基部パーツを展開し、赤いパーツの間にビームシールドを挟み込むようにして再現します。

左右どちらの腕にも装備可能です。

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームシールドを展開!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部MMI-M15E クスィフィアス3レール砲を展開させてみます。

という事で……

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ハイマット・フルバーストが再現できるぞ!

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEとMGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGCE 1/144 ストライクフリーダムガンダムと比較。

HGCE版は2016年発売で、本キットの10年後に発売されています。

HGCEとMGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGCE ストライクフリーダムガンダム レビュー

 

MGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

「ごめん、アスラン…でも、僕は行かなくちゃいけないんだ」

MG ストライクフリーダムガンダムの感想

ということでMGストライクフリーダムガンダムのご紹介でした。

 

まず弱点からですが、前述した通り「武器の保持力が悪い」のが最大の弱点となります。特に高エネルギービームライフルのロングレンジビームライフル状態ではまともに保持できないので、別途ハンドパーツは用意した方がいいかもしれません。

反面、その他の部分は2006年製のMGとは思えないぐらい出来がいいです。

今のガンプラ目線で見ても古さを感じないプロポーション・可動域・ギミックで立体化されているので、バンダイさんがVer.2.0を出しにくいのにも頷けます。普通にかっこいいです。

最近のモールドがバキバキに入った(Ver.Ka的な)アレンジはされておらず、劇中の姿に違いモールド量で立体化されているのも特徴かと。ここは好みがハッキリ出ると思いますが、HDリマスターに登場する劇中ストフリを求めるモデラーさんには満足度が非常に高いと思いますぞ。

 

以上、「MG ストライクフリーダムガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る