スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
iconiconicon
icon

【ガンプラ】RG ストライクフリーダムガンダム レビュー

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「RGストライクフリーダムガンダム」のガンプラレビューです。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場し、キラ・ヤマトが搭乗するストライクフリーダムガンダムのRG版をご紹介。

2013年発売。

機動兵装ウイングはゴールドメッキのパーツが使われており、実機考証を元に設計された展開・収納ギミックが搭載されています。

高エネルギービームライフルを前後に連結させ、ロングレンジビームライフルも再現可能。

という事で、RG版のストライクフリーダムガンダムをHGCE版との比較画像なども含めてレビューしていきたいと思います!

RG ストライクフリーダムガンダム

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

リアルグレードシリーズ第14弾、ストフリさん。

シード系RGの中ではエールストライク、フリーダム、スカイグラスパー、ジャスティス、デスティニーに続き発売されたRGとなります。

本ブログあるある、「レビューしてなかったド定番どころのガンプラ」になるので、今のガンプラ目線で見た感想を中心にレビューしていくね……(*´ェ`*)

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

リアリスティックデカールがこちら。

関節部など金属のような質感を再現するためのデカールや、ビームシールドのクリアパーツ内側に貼るビーム部分などが印刷されています。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「MA-M21KF 高エネルギービームライフル×2」「MX2200 ビームシールド」「MA-M02G シュペールラケルタ ビームサーベル×2」「アクションベース用ジョイントパーツ」「1/144キラ・ヤマト」「手首パーツ×8」

手首パーツは、左右の「武器持ち手」「握り手」「平手」「指可動タイプの手」の計8つが同梱。握り手のみABSランナー(アドヴァンスドMSジョイント)に配置されているため、ゴールドの色合いが少し違います。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したRGストライクフリーダムガンダムがこちら。

関節部のアドヴァンスドMSジョイントはゴールド風の成形色になっていますが、背部のスーパードラグーン機動兵装ウイングにはゴールドメッキのパーツが使われているのが特徴です。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

背部の機動兵装ウイングは重みがありますが、自立はそこそこ安定します。

RGシリーズらしく、1/144スケールながら驚異的な色分け・モールド量で再現されているのが特徴です。

ちなみにHGCE版は本キットの後発になりますが、見た目に関してはRG版が勝っているかもしれません。(好みによりますが)

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

RGオリジナル要素として、スーパードラグーンにディテールが追加されゴールド部分がチラチラと露出しているのがかっこいいですね……(*_*)

それでは各部細かく見ていきます!

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこ広く、腕は水平以上上がります。

腰部側面に高エネルギービームライフルを取り付ける場合は足可動が制限されますが、とっぱらった状態だと水平以上上がるようになります。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

構造上、腰をひねる動作はちょい苦手です。

真横を向く事はできませんが、↑までまわせます。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナ先端に安全フラッグはなく、デフォルト状態で尖っているためパチ組みでもキレイな仕上がりに。

めちゃめちゃ小さなMMI-GAU27D 31mm近接防御機関砲(バルカン)や頬の部分は、パーツ分割により色分け済みです。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。白い装甲部分だけでも「ホワイト」「ライトグレー」と2色使われています。

よく見ると、後頭部が一部開口されていてゴールドが露出しています。めちゃめちゃ細かい……!(>ω<;)

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体も驚異的な色分けを実現しています。

エアインテーク内や、腹部のMGX-2235 カリドゥス複相ビーム砲もゴールドで色分け済みです。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

コクピットハッチは、前方へスライドします。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーはRG独自のギミックが搭載されており、上側や赤い部分が展開します。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部。こちらの色分けも優秀で、モールド量が多いです。

ただ、肘部分の一部ゴールドフレームパーツがポロリしやすかったので、紛失にはご注意を。わたしの場合左腕だけ異常に外れやすかったので、個体差の可能性もアリです。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

肩と機動兵装ウイングは、前後に可動します。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

背部のハードポイントをアップで。装着してしまえば見えなくなるような部分にも、モールドがびっしり刻まれています。

凹凸接続で、ガッチリと固定されます。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

アップで。ご覧のように、スラスター内部はゴールドのみならず赤いパーツまでも色分けされています。

ウイングはもちろん展開可能で、ハイマットモードが再現できます。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

腰回りのギミックは多彩です。

リアアーマーを下にスライドしてからMMI-M15E クスィフィアス3レール砲を後ろへ移動させて、

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

MA-M21KF 高エネルギービームライフルを取り付ける事ができます。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部をアップで。もちろん、足裏に肉抜きはありません。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

股間軸の取り付け基部は、前後にスライドします。

↑枠のパーツをロックさせれば、固定します。勝手に動くことはありません。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ふくらはぎのスラスター・およびカバーは開閉します。

↑枠のジョイントパーツを噛ませる事により、アクションベース2や3mmスタンドに対応します。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

「ストライクフリーダム、システム起動!」

ストフリ、出撃!

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

高エネルギービームライフルを装備させてみます。

平手が左右分付属するのがイイ感じです……(>ω<)

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ライフル持ち手が2つ付属するので、ガッチリと保持できます。

このあたりは初期RGシリーズの弱点が解消されている部分です。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

「やらせるかぁっ!」

高エネルギービームライフルで攻撃!

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

各部動かし、連結させる事でロングレンジビームライフルを再現する事ができます。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

「もう終わらせよう…こんな事は!」

ロングレンジビームライフルをぶっ放すキラ!

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

MX2200 ビームシールドのエフェクトパーツは、1つ付属します。

前腕部と赤いパーツの間に噛ませる事で再現。左右どちらに取り付けることもできます。

クリアパーツは、裏側にリアリスティックデカールを貼る事でビーム形状を再現します。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

MA-M02G シュペールラケルタ ビームサーベルは、指可動タイプのハンドパーツに持たせます。

が、ぶっちゃけまともに保持できないので先程のライフル持ち手に持たせた方が安定します。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ストフリ、シュペールラケルタビームサーベルを抜刀!

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

連結させ、アンビデクストラス・ハルバードを再現することもできます。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部左右のクスィフィアス3レール砲は、展開可能です。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

また、機動兵装ウイング/スーパードラグーンまわりが細かく展開します。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

という事で、ハイマット・フルバーストを再現!

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ゴールドメッキがめちゃめちゃキレイっす……!(>ω<;)

このあたりはRG特有のギミックになっているので、本キットの売り部分と言えそうです。

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ちなみに、スーパードラグーンは全て着脱可能です。

プレミアム・バンダイ限定品になりますが、別売りのRGストライクフリーダムガンダム用 拡張エフェクトユニット“天空の翼”を使えばドラグーン・フルバーストを再現する事ができるので、こちらもオススメだよ……(*´ェ`*)↓

icon

 

HGCEとRGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラ画像です

HGCEストライクフリーダムガンダム(左)と比較。

HGCE版は2016年発売という事で、本キットの3年後に発売されました。

HGCEとRGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラ画像です

各々かなり違うスタイルで立体化されていますね。

HGCEとRGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラ画像です

アップで比較。

HGCEとRGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラ画像です

下半身を比較。

HGCEとRGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラ画像です

機動兵装ウイングを比較。RG版は、HGCE版よりもスリムにデザインされているのが見て取れます。

HGCEとRGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラ画像です

高エネルギービームライフルを比較。

HGCE版ではブルーのラインがシールでしたが、RG版では別パーツにて色分け済みです。

HGCEとRGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラ画像です RGとMGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラ画像です

ついでに、MGストライクフリーダムガンダムと比較。

色々なストライクフリーダムガンダムのガンプラバリエーション画像です

あなたはどのストフリがお好み……?

【ガンプラ】HGCE ストライクフリーダムガンダム レビュー
【ガンプラ】MG ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム レビュー

 

RGフリーダムガンダムとRGストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラ画像です

最後に、RGフリーダムガンダムと比較。

フリーダムはRG第5弾として、本キットの2年前(2011年)に発売されています。

【ガンプラ】RG フリーダムガンダム レビュー

 

RGストライクフリーダムガンダムとキラ・ヤマトのフィギュアの画像です

EFコレクション4のキラフィギュアとディスプレイ。

RGストライクフリーダムガンダムとキラ・ヤマトのフィギュアの画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

RGストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

「未来を作るのは、運命じゃない…!」

RG ストライクフリーダムガンダムの感想

ということでRGストライクフリーダムガンダムのご紹介でした。

 

RGフリーダムガンダムと比べた場合、ウイングが外れにくくなっているので動かす際のストレスは軽減されています。

ただ一部ヒジのフレームパーツはポロリ率が高いので、パーツの紛失にはご注意を!(>ω<)個人的な好みでいえば、1/144スケールのストフリに関してはHGCE版よりRG版の顔付きの方が好みだったりします。

RGとしての作りは、「古くもないが新しくもない」従来のアドヴァンスドMSジョイントを使ったキットになっています。

実はガンプラ初心者のころ今回のRGストフリを組んだ事があるのですが、アドヴァンスドMSジョイントのゴールド部分を塗装した結果見事破損した経験があるので、ABSの塗装はマジで非推奨です……みんなは気をつけてね!(>ω<;)

RGとHGCEストライクフリーダムガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

↑左が無理やりフル塗装したRGストフリさん(+天空の翼)※パーツ注文により復活

 

以上、「RG ストライクフリーダムガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る

 

icon