icon

【ガンプラ】RG ユニコーンガンダム レビュー

RGユニコーンガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「RG ユニコーンガンダム」のガンプラレビューです。

RGユニコーンガンダムのボックスのガンプラレビュー画像です

RG版は1/144スケールながら変形(ユニコーンモード↔デストロイモード)を可能にした超精密パズルのようなガンプラに仕上がっていました。

変形ならぬ変身部分を含め、じっくりと解説します!

スポンサーリンク

RG ユニコーンガンダム

「機動戦士ガンダムUC」に登場する、ご存知主人公バナージ・リンクスが搭乗するユニコーンガンダム。

このRGはHGUC Zガンダムに次ぐ「GUNPLA EVOLUTIONPROJECT」の第2段ガンプラとなっています。

それではまずは付属品から見ていきましょう。

RGユニコーンガンダムのリアリスティックデカールのガンプラレビュー画像です

まずは付属するリアリスティックデカール。相変わらず量が多い……(ゴクリ

今回は「完全素組み」+「付属のシール」を全部貼って仕上げてみました。

全部貼るのに1時間以上かかったよ……(*´ェ`*)

ぶっちゃけ後半クラクラしてきましたw

RGユニコーンガンダムの1/144バナージフィギュアのガンプラレビュー画像です

こちらは「1/144のバナージ・リンクス」。相変わらずメッチャ小さいのにちゃんとバナージだとわかる超絶造形。バンダイさん、変態かな?

それでは本体を見ていきます。

RGユニコーンガンダム[ユニコーンモード]

RGユニコーンガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらがRGユニコーンガンダム、ユニコーンモードになります。

持ってみた感じ重量感があり、一箇所に凝縮されたパーツの重みが所有欲を満たします……

RGユニコーンガンダムのガンプラレビュー画像です

目立つ場所に合わせ目はありませんでした。ビーム・マグナムでさえ合わせ目があまり目立たない構造でした。

また、パーツの合いも良く非常に組みやすいです。

RGユニコーンガンダムのガンプラレビュー画像です

背面から。各部関節強度が強めでカッチリしているので、自立も安定しています。

その反面腕を動かす時など破損に注意、といった感じ。

RGユニコーンガンダムのガンプラレビュー画像です

デ、デカール貼り頑張ってよかった……本当に大変でしたが、白い装甲にこの赤いマーキングが入っているかいないかで印象がまるで変わりました。

今回は付属のリアリスティックデカールを使いましたが、フチが目立たないガンダムデカール RGユニコーンガンダム用も売っているのでこれから組む方は水転写がオススメ。

RGユニコーンガンダムの頭部のガンプラレビュー画像です

アンテナは選択式で↑写真の「ツノが割れるアンテナ」の他に「開いた状態固定のアンテナ」「閉じた状態固定のアンテナ」が付属していました。

このRGユニコーンガンダムは変形出来るので、2個買いして各形態で固定しない限りこちらのツノ割れアンテナを使用する感じだと思います。

RGユニコーンガンダムの胴体のガンプラレビュー画像です

胴体アップ。コックピットは開きます。

RGユニコーンガンダムの肩のガンプラレビュー画像です

「アナハイム・エレクトロニクス」や「ビスト財団」のロゴが印刷されているマーキングシールがメチャメチャかっこいいです。

RGユニコーンガンダムのサイコフレームが露出するガンプラレビュー画像です

このキットの弱点ですが肩アーマー内部を横から見るとサイコフレームが見えてしまいます。

気になる方は裏側を薄いプラ版で覆うなど加工が必要ですね。

RGユニコーンガンダムの腕部のガンプラレビュー画像です

腕部はビーム・トンファー使用形態にできるギミックあり。

デストロイモード時に使用します※後述

RGユニコーンガンダムのバックパックのガンプラレビュー画像です

バックパックは2色のブルーが使われていてかっこいいです。

RGユニコーンガンダムの脚部のガンプラレビュー画像です

脚部はHGUC版と比べマッシブな印象になりました。

ここの関節のテンションがキツ目なので自立が安定します。

RGユニコーンガンダムの脚可動ギミックのガンプラレビュー画像です

股部分にはMGでたまにあるような可動域を広げるギミックがありました。

RGユニコーンガンダムの脚可動ギミックのガンプラレビュー画像です

脚を前後にかなり持っていけるのでポージングに困ることはなさそうです。

RGユニコーンガンダムの可動域のガンプラレビュー画像です

手は言わずもがな、開脚の範囲も180度と驚異的。

RGユニコーンガンダムの可動域のガンプラレビュー画像です

もちろん膝立ちが可能です。

RGユニコーンガンダムの上半身の回転のガンプラレビュー画像です

上半身は回転出来るほど可動。

このあたりの可動に関しては今までのRG史上一番良いのではないでしょうか。

RGユニコーンガンダムの付属する手のガンプラレビュー画像です

手は3種類(握り手・平手・武器持ち手)、両手分付属します。

形状が細かいですね……これはかっこいい。

RGユニコーンガンダムの手のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルは手の凸部分にサーベルの凹を合わせる設計なので、カッチリ保持する事が可能。

RGユニコーンガンダムのガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダムのビームトンファーのガンプラレビュー画像です

クリアピンクのサーベルエフェクトパーツは2つ付属します。

RGユニコーンガンダムのビームマグナムのガンプラレビュー画像です

ビーム・マグナム。

この部分もHGUCからかなり進化していました。具体的には

RGユニコーンガンダムのビームマグナムのギミックのガンプラレビュー画像です

マガジンが取り外し可能になっています。スライドして挟み込む感じで取り付けるのですが、ポロリもせずカッチリマガジンがはまります。

RGユニコーンガンダムのビームマグナムのグリップのガンプラレビュー画像です

フォアグリップはもちろん可動します。

RGユニコーンガンダムのガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・マグナムは腕の後ろ側にもマウント可能です。こちらもポロリなしでしっかりと保持できました。

RGユニコーンガンダムのガンプラレビュー画像です

この手の裏側にマウントするギミックってたまにあるけど、かっこいいですね。かなり好みです。

RGユニコーンガンダムのシールドのガンプラレビュー画像です

シールドはもちろん基部でロール回転。一度ポーズを付ければ問題ありませんが、当たると普通にポロリする感じでした。

RGユニコーンガンダムのハイパー・バズーカのガンプラレビュー画像です

ハイパー・バズーカにも給弾マガジンを取り外しするギミックがついていました。

また砲身が伸びるので攻撃態勢の時は伸ばしてディスプレイできます。

こちらの方はビームマグナムより落ちやすいですがそこまで簡単にはポロリしない感じです。

RGユニコーンガンダムのハイパー・バズーカのガンプラレビュー画像です

ハイパー・バズーカのグリップも可動します。

RGユニコーンガンダムのハイパー・バズーカのガンプラレビュー画像です

ユニコーンモードはハイパー・バズーカが似合う気がする!

RGユニコーンガンダムのマガジンのガンプラレビュー画像です

ビーム・マグナム、ハイパー・バズーカの取り外したマガジンはリアアーマーにマウント可能。

ここはポロリもなくストレスフリーでした。

RGユニコーンガンダムのマウント機構のガンプラレビュー画像です

武器はHGUCのようにバックパックにもマウント可能です。

HGUCとRGのユニコーンガンダム比較ガンプラ画像です

HGUCユニコーンガンダム(ユニコーンモード)と比較。

HGUC版も良くできていますが、RG版は頭身が上がりプロポーションがかっこよくなったような気がします。

RGユニコーンガンダム[デストロイモード]

それではお待ちかね、デストロイモードに「変身」させてみます!

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です

それではガガーーッと各部の変形過程をご紹介。

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)への変形ガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダム(デストロイモード)への変形ガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダム(デストロイモード)への変形ガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダム(デストロイモード)への変形ガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダム(デストロイモード)への変形ガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダム(デストロイモード)への変形ガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダム(デストロイモード)への変形ガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です

ユニコーンガンダム、デストロイモードへ変身完了。

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です

頭身が更に上がりました。

頭部、足部など、パーツを一度外して向きを変えてはめこむ作業があるのでお手軽には変形できない感じです。

時間ですが慣れると5分~10分程、慣れていないと20分はかかると思った方がいいです……w

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です

赤いサイコフレームのクリアパーツの見た目はHGUC版とほぼ同じでした。

ただフレームに組み込まれているので組む時の楽さ加減はRGが上かもしれません。

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です

RGらしく肉抜きはもちろん無し。さすがにハイエンドなガンプラ感がしますね。

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のアクションベース用部品のガンプラレビュー画像です

股下にアクションベース用のアタッチメントパーツをはめ込みます。

■穴の他、●穴用のスタンドにも対応しています。

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です

「あんただけは、落とす!!!」

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です

大暴れのバナージくん。

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です

ビーム・トンファーも使用可能。※写真は角度が上に浮いてしまいましたがまっすぐ前にも構えられます

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)とバナージフィギュアのガンプラレビュー画像です

RGユニコーンガンダムとバナージきゅんフィギュアとディスプレイ。

RGユニコーンガンダム(デストロイモード)のガンプラレビュー画像です

RG ユニコーンガンダムの感想

というわけでRG版のユニコーンガンダム1号機のご紹介でした。

 

組んでいて思ったのは、ガンプラというより精密パズルを組み上げていくような感覚でした。

肉付きが良くなり頭身も上がったことにより、プロポーションがHGUC版より洗練されたと思います。

「成形色による色分けは完璧」で「合わせ目もほとんど目立たない構造」です。

このサイズで一部組み換えが必要とはいえ変形できるのもスゴイ。ほんとスゴイw

 

パーツ数の多さ鬼のような数のデカール貼り作業さえ乗り越えられれば最高のユニコーンガンダムが完成すると断言いたしましょう……。

 

付属のデカールもいいですがよりフチを目立たせなくするには水転写デカールの使用をオススメします。

 

以上、「RG ユニコーンガンダム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 RG RX-0 ユニコーンガンダム』の在庫を見る