スポンサーリンク
スポンサーリンク

[PR]プレミアムバンダイ
iconiconiconicon
icon

【ガンプラ】EXスタンダード ライジングフリーダムガンダム レビュー

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「SDEXライジングフリーダムガンダム」のガンプラレビューです。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED FREEDOMに登場するライジングフリーダムの、SDEX版をご紹介。

2024年発売

一部パーツの差し替えにより、MA形態への簡易的な変形が可能です。

SDEXシリーズらしく、装備を組み合わせることでオリジナル武器が再現可能。1/144スケールやHGシリーズなどに持たせることができます。

ということで、SDEXライジングフリーダムガンダムをレビューしていきたいと思います!

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダム

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

EXスタンダード版のライジングフリーダムさん。新作映画に合わせ、めでたく発売となりました(>ω<)

価格は660円(税10%込)です。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

シリーズ共通で、シールの量は多いです。

またBB戦士シリーズなどのホイルシールよりも破れやすい、最近のシール素材になっているので貼り直すと破れる可能性が高いです。シールを貼る際は、気をつけてね!(>ω<)(SDWヒーローズや三国創傑伝シリーズのシール素材と多分共通)

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したEXスタンダード ライジングフリーダムガンダムがこちら。

パーツ数はめちゃ少なく、ソッコーで組み上がります。むしろ組んでいる時間よりもシールを正確に貼る時間の方がかかるモデル、といったところ。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ということで色が足りないところは多いものの、最近のSD系らしくパキっとした造形でできています。

接地性も優秀で、自立性も高いです。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

お気付きの方も多いと思いますが今回も肉抜きされている箇所はかなり多いので、そのあたり含め解説していきますね。

それでは各部アップで細かく見ていきます!

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は、SD系としては広いかな?といった感じ。

腕関節は曲げることができ、足はソール部を倒すことができます。腰をひねることも可能。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

アンテナのイエローは角ばった面にシールを貼るため、見栄えはちょい悪です。

中央のレッドを含め、可能なら塗装推奨ポイントといったところ。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

裏側はシールが付属せず、少し肉抜きっぽい形状になっています。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

超アップで。口は色分けされていますが、額左右のシュラークファング(バルカン)はグレーで要塗装です。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

胸部はブルー成形で、細かな色はすべてシールで色を補います。

特に胸部インテーク部の中央グレーは、シール感が目立つ感じ。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

肩は、上部ライトグレーがシールです。

側面のサブスラスターは色分けされておらず、HG版のように動きません。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒジ関節は曲がりますが、↑枠の「二の腕内側」に目立つ肉抜きがあります。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

前腕部もシール。左腕にフラッシュエッジG-3 シールドブーメランを取り付ける都合上、左右で形状が違います。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてこちらがフラッシュエッジG-3 シールドブーメラン

シンプルな軸接続で、ロール回転します。ただホワイト1色1パーツ成形なので、表面の細かなところはすべてシールです。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

下半身をアップで。腰部やヒザなど、こちらもシールを多用します。

腰部左右には、ヴァイパー3 レールガンを装備しています。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろから見た場合、ハンドパーツと脚部の肉抜きが目立ちます。

このあたりはSDEXシリーズの宿命といったところでしょうか。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒザ関節は曲がりませんが、ソール部はボールジョイント接続により大きく倒すことができます。

ここでポーズに表情を付ける感じですね。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏にも肉抜きあり。底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

主翼を広げれば、ハイマットモードが再現可能です。

ただご覧のとおり、広げると後ろ側の肉抜きが顔を出します。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

大型ブースター(中央機首パーツ左右のパーツ)も、内側に肉抜きあり。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

前側は、シールが付属します。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ライジングフリーダム、出撃!

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装やオリジナルギミックを見つつ、アクションポーズいってみます!

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

高エネルギービームライフルは超シンプルなライトグレー1色1パーツ構造で、ペラいですw(*ノェノ)

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ライフルで攻撃!

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ヴァイパー3 レールガンは、前方に展開できます。

ただHG版のように展開ギミックは搭載されていないので、「前へ向けることができる」程度といった感じ。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ヴェルシーナ ビームサーベルは、別パーツで2本付属。ホワイト1色なため、要塗装ポイントです。

ヴァイパー3 レールガンから引き抜くギミックは、オミットされています。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

斬!

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

連結させれば、アンビデクストラス・ハルバードモードが再現できます。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

MA形態への変形は簡易版になっていて、左右の主翼をつけかえて機首も上下逆にして取り付けます。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

この状態でもスタンドに対応します。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてこちらが今回のオリジナルギミック。

ライフル、シールドブーメラン、バックパックを組み合わせて再現します。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

1/144スケールのガンプラに持たせることができるぞ!(>ω<)

※手穴サイズにはご注意を。↑のHGライジングフリーダムとはジャストフィットはせず

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

HGCE 1/144 ライジングフリーダムガンダムとディスプレイ。

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

HG版のレビューは、↓からどうぞ。

【ガンプラ】HGCE 1/144 ライジングフリーダムガンダム レビュー

 

EXスタンダード ストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ストフリのEXスタンダードは、↓から

【ガンプラ】EXスタンダード ストライクフリーダムガンダム レビュー

 

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

EXスタンダード ライジングフリーダムガンダムの感想

ということでSDEXライジングフリーダムガンダムのご紹介でした。

 

今回400㎜超高インパルス砲 シュトゥルムスヴァーハー(ウイングバインダー内に挟み込む形で搭載されている武装)の展開ギミックが完全にオミットされていたので、ハイマットフルバーストが再現できないのが弱点かなといったところ。

ただ価格を考えればしょうがないとも思えるので、気軽にサクッとSDライジングフリーダムを組みたい方にはオススメといった感じ。

肉抜きを埋めて完全に作り込むには相当な労力がいりそうですが、腕に自信のあるモデラーさんは完全なライジングフリーダムに改造してみてはいかがでしょうか。

 

以上、「SDEX ライジングフリーダムガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る