スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconicon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】FULL MECHANICS 1/100 カラミティガンダム レビュー

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「フルメカニクス 1/100 カラミティガンダム」のガンプラレビューです。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEEDに登場するカラミティガンダムの、1/100スケールFULL MECHANICSをご紹介。

2021年発売。

SEEDの新シリーズ第一弾として、完全新規造形にて立体化されています。

頭部・胴体・腰部をはじめ武器まわりにもスイングギミックが搭載されており、細かな表情付けが可能。

驚異的な色分けを実現したガンプラに仕上がっています。

という事で、1/100カラミティガンダムをレビューしていきたいと思います!

FULL MECHANICS 1/100 カラミティガンダム

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

ついに発売された1/100カラミティガンダム。

ご存知SEEDに登場した連合の機体で、第2期GAT-Xシリーズの砲撃戦仕様機となります。

いきなり余談になりますが、先週のRGウイングガンダムの時は朝店頭に行ったらサクっと買えたのに、カラミティは長蛇の列が出来ていました……(*_*;)

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールがこちら。

ホイルシールでは主に頭部周りの色を補う事になりますが、今回のフルメカニクスは色分けが優秀す。腰部周りのダクト内部やふくらはぎのスラスターを部分塗装すれば、大体の色はカバーできます。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「337mmプラズマサボット・バズーカ砲 トーデスブロック」「対ビームシールド/115mm 2連装衝角砲 ケーファー・ツヴァイ」「交換用手首パーツ(右手のバズーカ用)」「アクションベース用ジョイントパーツ」

余剰パーツは、頭部の内部フェイスパーツが1つだけ余ります。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したFULL MECHANICS 1/100 カラミティガンダムがこちら。

MGのようにフルフレーム構造ではありませんが、腕は完全なフレーム構造なうえMG並のパーツ数を誇っています。

RE/100シリーズに近い内容になっていますが、色分けは今回のシリーズが勝っているかもしれません。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

ABSレス仕様で、KPS関節を使用しているため塗装派モデラーさんにも嬉しい仕様です。

また、ポリキャップも使われていません。各関節はKPS関節により、適度なキツさでバシッとポーズが決まります。このあたり最新ガンプラを感じる部分です。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろから見てもこの情報量です……(>ω<;)

それでは各部細かく見ていきます!

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部から。ツインアイ部分には無色のクリアパーツが使われていますが、ここはシールで色を補います。

トサカ前後の細かなグリーンもシールですが、その他はパーツ分割により細かく色分けされているうえ3つのアンテナは全て別パーツになっています。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。合わせ目は段落ちモールド化されています。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。このあたりにも合わせ目はありません。

使われているパーツ数もめちゃめちゃ多いです。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」をアップで。

このようにアップで見ても形状が細かく、レッド・ブルーだけではなくスキュラの砲口も色分け済みです。

胸部まわりのイエロー部はもちろん、網のようなエアインテーク部分もモールドが細かいうえ色分けされています。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は左右に可動します。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーの色分けも優秀です。

特徴的な形状のスラスターも細かく可動します。また、内部はメカニカルに造形されており、作り込みがスゴイです。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

前後のアーマーもある程度可動します。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

また、肩は引き出しギミックが搭載されています。特に前方への可動に優れています。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部。こちらも、合わせ目が全てモールドのデザインになっています。

ちなみに、手首付近を引き出す事で上下にスイングできます。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部はフロント・サイドアーマーのみならず、リアアーマーも可動します。

このあたりはボールジョイント接続です。ダクト内部のスリット部はレッドで要塗装です。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

前屈した際、胴体の左右方向の回転を妨げないようフロントスカートが手前に傾く連動可動ギミックを搭載しています。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

更に、股間軸も下方向へスイングします。

今回のカラミティ、作り込みがマジで凄まじいです(*_*;)

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

ただ、ここは注意ポイントです。↑枠のジョイントパーツを介してアクションベースに展示するのですが、上半身が重いからか何度か落下する事がありました……w

ガチっとはまるわけではないので、破損にはご注意を!

各アーマー内部は裏打ちパーツにより色分けされており、モールド量が細かいです。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

手足は大きく広がります。

足はもっと開脚するのですが、これ以上広げるとサイドアーマーが外れてしまう感じです。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

手足は二重関節構造になっていて、90度以上大きく曲がります。

先程の股間軸のスイングギミックの恩恵もあり、ヒザ立ちは超得意です。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部をアップで。ふくらはぎのスラスターは多少上下に可動します。

スラスター内は要塗装ですが、基本的な色分けは良好です。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

接地性は高いです。足裏に肉抜きはありません。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

125mm2連装高エネルギー長射程ビーム砲「シュラーク」は上下に可動するほか、

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

ハの字に動かす事もできます。(反対のハの字も可能)

このあたりも、合わせ目が段落ちモールドになるデザインになっています。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

砲口(左)と後ろ側(右)をアップで。

細かな色分けも優秀で、アップで見ても作り込みがスゴイです。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

ここだけに限りませんが、全体的にモールド量が多くメカニカルな見た目を実現しています。

ここまで来ると、最近のMGにも引けを取らない出来ですね(*_*;)

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

背中とバックパックをアップで。

このように、見えにくいところにもモールドがビッシリと刻まれています。

ガッチリと装着でき、保持力が高いです。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

背部のスラスターも地味に可動します。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

「ウロチョロすんなよ!テメーら!」

カラミティガンダム、出撃!

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

337mmプラズマサボット・バズーカ砲「トーデスブロック」はグリップがスイングし、無理なく持たせる事ができます。

ちなみにトーデスブロック持ち手(交換指パーツ)は、右手分のみ付属します。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

トーデスブロックで攻撃!

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

砲口などをアップで。一部に赤いシールを使います。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

柔軟に可動するので、色々なポーズ付けができるぞ!

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

対ビームシールドは肘付近に取り付けるうえ、グリップをつかむ事でガッチリと保持できます。

グリップは可動式で、収納したり前後に動かす事ができます。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃を防ぐカラミティ!

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

対ビームシールドに内蔵された115mm 2連装衝角砲「ケーファー・ツヴァイ」は、↑まで引き上げる事ができます。

銃口も開口されており、合わせ目もありません。

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

ケーファー・ツヴァイで攻撃!

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

「オラァ!次はどいつだ!!」

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

集中砲火!

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像ですHGと1/100カラミティガンダムの比較ガンプラ画像です

HG 1/144 カラミティガンダムと比較。

HG版はTV放送当時に発売された古いHG GUNDAM SEEDシリーズに属するガンプラですが、同シリーズの中では出来が秀逸でした。

HGと1/100カラミティガンダムの比較ガンプラ画像です

【ガンプラ】HG カラミティガンダム レビュー

 

フルメカニクス 1/100 カラミティガンダムのガンプラレビュー画像です

FULL MECHANICS 1/100 カラミティガンダムの感想

ということで1/100 カラミティガンダムのご紹介でした。

 

SEEDシリーズのフルメカニクス第1弾として発売されたカラミティですが、色分け・可動・造形どれを取っても異常に出来がいいです。

そのまま組んでも高クオリティなカラミティが完成しますが、ABS/ポリキャップレス仕様なので塗装派モデラーさんにもオススメです。

弱点はアクションベース用のジョイントがガッチリ固定されないため、落下の恐れがある点。ここだけはご注意を。

個人的な感想ですが、ここ最近組んだガンプラの中ではトップクラスだと思います。それぐらい可動ギミックが多彩で、色分けに優れていました。

SEEDの機体ってバキバキにモールドが追加されたアレンジが似合いまくる気がするので、このシリーズの今後が楽しみで仕方がありません……(>ω<;)

※関節ランナーに「FM 1/100 GAT-FRAME」と表記されていたので、今後このランナーをベースにシリーズ展開されていくものと思われます

バンダイさん……プレバンでソードカラミティ出すの知ってるんだからね!(*_*)←予言

 

以上、「1/100 カラミティガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る