スポンサーリンク
スポンサーリンク

iconicon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムAGE-3 オービタル レビュー

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムAGE-3 オービタル」のガンプラレビューです。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムAGEに登場し、キオ・アスノが搭乗するガンダムAGE-3オービタルをご紹介。

2012年発売。

ガンダムAGE-3宇宙戦仕様のGウェア、「Gバイパー」に換装した形態が再現されています。

差し替えにより分離・合体ギミックを搭載しており、台座が付属してコア・ファイターGバイパーを同時に展示可能

という事で、HGガンダムAGE-3オービタルをレビューしていきたいと思います!

HG ガンダムAGE-3 オービタル

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

宇宙での効率的な使用を考慮して設計されたGウェア、Gバイパーに換装した状態「ガンダムAGE-3オービタル」さん。

ガンプラ的には先に発売されたHGガンダムAGE-3ノーマルのリデコキットとなり、折りたたまれたつま先シグマシスロングキャノンが特徴的なガンプラに仕上がっています。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはキオ・アスノさんが記載。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量はそこそこ多く、細かな黄色い部分やホワイト、グレー部分を補うものが中心です。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「シグマシスロングキャノン」「ショートシールド×2」「ビームサーベル×2」「Gバイパー用差し替えパーツ」「手首パーツ×4」

手首パーツは、左右の「武器持ち手」と左の「握り手」「平手」の計4つが同梱します。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムAGE-3オービタルがこちら。

宙域戦仕様らしく、折りたたまれたつま先が特徴で台座が付属します。

ブルーを主体としたノーマルから、レッド要素が足された特徴的なデザインに変化しました。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

AGE-3系らしく、コアファイターとGバイパーへの分離・及び合体が可能です。

ポリキャップを使う構造ですが、ABSレス仕様かつAGE時代のガンプラという事で今のガンプラ目線でも通用するクオリティで立体化されています。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

後ろから見ても情報量が多いですね……!(>ω<)

それでは各部細かく見ていきます!

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、顔を上げる動作が得意で手足は水平まで広がります。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

つま先が可動し、引き起こせば接地させた状態で展示することもできます。

接地性・自立性ともに優秀です。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

特に、腕関節は180度近く曲がります。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転。全体的に見て、可動域は広いです。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

頭部に変更はありません。レッド・ブルー・イエローと細かく色分けされています。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、頭頂部から側面にかけて合わせ目が出ます。

パーツの合いが良いので、そこまで目立たない印象。アンテナ先端には安全フラッグがついています。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。胸のマークはホイルシールを使います。

このあたりはノーマルやフォートレスと同じで、合わせ目はありません。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーはオービタル仕様です。

黒のくぼみ部分にはシールを使用。側面のサブアーマーは可動します。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

腕部は「肩内部ブロック」「前腕部」に合わせ目が出ます。

前腕部の合わせ目は一部段落ちモールド位置になっていますが、設定画ではモールドがなかったりします。

また、両腕にはオービタルの特徴であるショートシールドを装備しています。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

上から見た図。肩は軸接続で、デザイン的に前後への可動は苦手です。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

肩後ろ側のパーツは、一部シールを使います。

ただ内側がグレーの裏打ちパーツで色分けされていて、パーツ自体可動します。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

背中のコアファイター部分には合わせ目あり。キャノピー部分には、クリアグリーンのパーツが使われています。

白い部分はシールで、スラスターは前後に可動します。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

腰回りをアップで。このあたりもオービタルの形に変化しています。

股間軸は可動式で、股下のカバーパーツを外せばスタンド用の3mm穴が露出します。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

特徴的な脚部。合わせ目は、付け根のグレーパーツのみです。

足裏のグレーは、ホイルシールで色を補います。

前述したとおり、つま先を起こせば立たせる事ができます。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

ガンダムAGE-3オービタル、出撃!

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

オービタルの特徴の一つ、シグマシスロングキャノンがこちら。

グリップ部分には一部合わせ目が出ます。

AGE-3らしい持たせ方になっていて、安定して保持できます。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

シグマシスロングキャノンを掲げるガンダムAGE-3オービタル!

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

宙域戦仕様という事で、浮かせて飾るといい感じです……(*´ェ`*)

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

シグマシスロングキャノンは、背部にマウント可能です。

グリップ位置を調整し、凹凸をあわせてマウントします。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルの刃パーツは、ショートシールドに差し込む事ができます。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルで斬りかかるキオ!

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

また、ショートシールド内に収納されているグリップを外して

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

手に持たせることもできます。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

両腕にグリップが仕込まれているので、二刀流も可能です。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

斬!

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

コアファイターとGバイパーに分離させてみます。

まずは頭部まわりのパーツと背中のコアファイターを外して、

HGガンダムAGE-3オービタルのコアファイターのガンプラレビュー画像です

内部に組み込みます。

HGガンダムAGE-3オービタルのコアファイターのガンプラレビュー画像です

両側のウイングを上げれば、コアファイターの完成です。

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

Gバイパーは、↑枠の差し替えパーツに手足を付け替えて

HGガンダムAGE-3オービタルのGバイパーのガンプラレビュー画像です

各部位置を調節します。

HGガンダムAGE-3オービタルのGバイパーのガンプラレビュー画像です

台座は、支柱を前後逆にします。

股下のカバーパーツと、使っていない手首パーツは台座に取り付けておく事ができます。

HGガンダムAGE-3オービタルのGバイパーのガンプラレビュー画像です

という事で、コアファイターとGバイパーを飾った状態がこちら。

同時に飾る事ができるぞ!

HGガンダムAGE-3オービタルのGバイパーのガンプラレビュー画像です

横から。

HGガンダムAGE-3オービタルのGバイパーのガンプラレビュー画像です

後ろから。

HGガンダムAGE-3オービタルのGバイパーのガンプラレビュー画像です

突撃!

HGガンダムAGE-3オービタルのGバイパーのガンプラレビュー画像です HGガンダムAGE-3のバリエーション比較画像です

HGガンダムAGE-3のバリエーションキットを比較。

※左から「ノーマル」「オービタル(本キット)」「フォートレス

HGガンダムAGE-3のバリエーション比較画像です HGガンダムAGE-3のバリエーション比較画像です

アップで比較。基本的に頭部や胴体、コアファイターは同じですが「武装」「腰部」「手足」が大きく変化しているのが特徴です。

HGガンダムAGE-3のバリエーション比較画像です

あなたはどのAGE-3がお好み……?

【ガンプラ】HG ガンダムAGE-3 ノーマル レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムAGE-3 フォートレス レビュー

 

HGガンダムAGE-3オービタルのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムAGE-3 オービタルの感想

ということでHGガンダムAGE-3オービタルのご紹介でした。

 

頭部やコアファイターなどに合わせ目はあるものの、量が少なくパチ組みでも満足度の高いキットに仕上がっていると思います。

ただ細かいところにシールを多用するので、気になるモデラーさんは部分塗装推奨といったところ。

変にポロリするところや妙は肉抜きがなく、分離/合体ギミックの秀逸な出来や台座が付属する事から、ほとんど弱点が見つからない優良キットで間違いないです(*_*;)ほんとシールの量ぐらいだと思います。

オービタルやフォートレスはノーマルよりも再販率が低い気がするので、店頭で見つけたら即買い推奨だよ!

 

以上、「HG ガンダムAGE-3オービタル」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る