スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconiconicon

【ガンプラ】HG アリオスガンダム レビュー

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGアリオスガンダム」のガンプラレビューです。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00ダブルオーに登場し、アレルヤ・ハプティズムが搭乗するガンダムアリオスをご紹介。

2008年発売。

前腕部のGNサブマシンガンは開閉状態が再現でき、飛行形態にも変形可能です。

という事で、HGアリオスガンダムをレビューしていきたいと思います!

HG アリオスガンダム

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

ガンダムキュリオスの発展機、アリオスガンダムさん。

ホイルシールは脚部のオレンジ部分を補うものが中心です。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「GNツインビームライフル」「GNビームサーベル×2」「手首パーツ×3」「簡易スタンド(+交換用支柱、MS形態/飛行形態用ジョイントパーツ)」

手首パーツは左右の「武器持ち手」、左の「握り手」の3つが付属。

GNビームサーベルのビーム刃は、長短1つずつ付属します。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGアリオスガンダムがこちら。

キュリオスに引き続き、オレンジを基調とした鮮やかな成形色で立体化されています。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

13年前に発売されたガンプラではありますが、今のガンプラ目線で見てもめちゃめちゃ優秀なプロポーションで立体化されているのではなかろうか……(*_*;)

細かくは後述しますが、ヒザまわりにシールを多用するものの思ったほど合わせ目の量が多いわけではなく、素組みでもそれなりにキレイなアリオスが再現できるのが売りだと思います。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

自立性、接地性ともに優秀です。

それでは各部細かく見ていきます!

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、飛行形態への変形ギミックの恩恵で腕を大きく上がる事ができます。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がるため、キレイにヒザ立ち可能です。

ただ、肩の接続方法が特殊なため「肩を前後にひねる動作」は少し苦手です。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は↑までまわります。

真横を向けるわけではありませんが、ポーズ付けに困る事はありませんでした。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。……てか、めちゃめちゃイケメンフェイスだな!(>ω<;)

今回、アンテナ中央をクリアレッドで塗装してみました。

本来は無色クリアのパーツになっているので、塗装推奨箇所になっています。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は左右はめ込み式で、頭頂部から後頭部にかけて合わせ目が出ます。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、上部と側面一部に合わせ目が出ます。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

GNビームシールド(肩先端のパーツ)は細かく可動します。

↑画像では見えないですが、側面に合わせ目が出ます。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

肩の接続方法が面白く、変形ギミックに関係してくる構造になっているため胴体側のポリキャップが上向きになっています。

ボールジョイント接続により、派手な動きをつける事ができます。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

腕は前腕部に合わせ目が出ます。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

手首は独立して可動します。

ちなみに今回、肘のGNコンデンサーをシルバー+クリアグリーンで塗装してみました。本来奥に濃いグリーンのシールを貼り、無色のクリアパーツをかぶせる構造になっています。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部分をアップで。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

ほとんど見えなくなる部分ではありますが、内部のGNドライヴにもクリアパーツが使われています。

※肘のGNコンデンサー同様、本来無色のクリアパーツになっています

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

意外な事に、脚部に合わせ目はありません。

ただヒザのウイング部分のオレンジは、広範囲の部分にホイルシールを使います。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

GNドライヴの下にスタンド穴は空いていませんが、リアアーマーを外した↑枠部分(お尻側)にジョイントパーツを噛ませればスタンドに対応します。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

「アイ・ハブ・コントロール。アリオス、迎撃行動に入る」

アリオスガンダム、作戦行動開始!

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

GNツインビームライフルは、ちょこちょこと合わせ目あり。

片側の銃身は可動式になっています。(設定的には、飛行形態時に下側に向けて地上攻撃を行える構造)

ちなみに、今回クリアパーツ部分をクリアブルーに塗装してみました。キットでは無色クリアなので、ここも塗装推奨箇所になっています。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

浮かせて飾るだけでかっこいいです……(涙

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

GNツインビームライフルで攻撃!

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

↑枠の前腕部パーツの差し込み位置を変えれば、GNサブマシンガンを展開する事ができます。(両腕とも)

砲口はグレーで色分け済みなうえ、ちゃんと開口されているため見栄えがいいです。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

GNサブマシンガンを撃ちまくるアリオス!

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

「敵部隊を牽制する!」

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

恐ろしくかっこいいわ……(*_*;)

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

GNビームサーベルは、フロントアーマーの裏側に収納されていて着脱可能です。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

二刀流で。ビーム刃は長短1つずつ付属します。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

サーベルのグリップと手穴サイズがジャストフィットしないため、逆持ちにするポーズは苦手です。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

飛行形態への変形は簡単で、肩のGNビームシールドを上げたり脚部まわりを動かす事により再現できます。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

↑枠の専用ジョイントパーツを使えば、同梱するスタンドに対応します。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

GNツインビームライフルは、グリップの角度を変え手に持たせる形で取り付けます。

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

飛行形態がこちら。

アクションベース 2のスパークルクリアグリーンはダブルオー系ガンダムにドンピシャなスタンドなので、こちらもオススメだよ……(*´ェ`*)

 

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

先端のGNビームシールドは各部可動し、劇中のようなハサミ状態を再現する事ができます。

HGアリオスガンダムとHG GNアーチャーのドッキングのガンプラ画像です

↑枠は別売りのHG GNガンアーチャーに同梱するパーツです。

これを使えば、

HGアリオスガンダムとHG GNアーチャーのドッキングのガンプラ画像です

「アーチャーアリオス、アレルヤ・ハプティズム、ソーマ・ピーリス、目標へ飛翔する」

アーチャーアリオスを再現する事ができます。

HGアリオスガンダムとHG GNアーチャーのドッキングのガンプラ画像です HGアリオスガンダムとHG GNアーチャーのドッキングのガンプラ画像です HGアリオスガンダムとHG GNアーチャーの比較ガンプラ画像です

HG GNガンアーチャーとディスプレイ。

あわせ買いもオススメだよ……。

アレルヤ・ハプティズムのガンプラ比較画像です

HGガンダムキュリオス(左)、HGガンダムハルート(右)と比較。

アレルヤ・ハプティズムのガンプラ比較画像です

アレルヤのガンダムは、どれも出来が良いと思います。

【ガンプラ】HG ガンダムキュリオス レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムハルート レビュー

 

アレルヤのフィギュアとHGアリオスガンダムの画像です

ガンダム00 PORTRAITS2のアレルヤフィギュアとディスプレイ。

アレルヤのフィギュアとHGアリオスガンダムの画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

ガンダム00のRGとHGシリーズのガンプラ画像です

ソレスタルビーイング、2nd Seasonのガンダム勢揃いでディスプレイ。

※左から「HGケルディムガンダムGNHW/R」「RGダブルオーライザー」「本キット」「HGセラヴィーガンダムGNHW/B

【ガンプラ】RG ダブルオーライザー レビュー
【ガンプラ】HG ケルディムガンダムGNHW/R レビュー

 

HGアリオスガンダムのガンプラレビュー画像です

「この機体で、ガンダムで、僕は飛翔する!」

HG アリオスガンダムの感想

ということでHGアリオスガンダムのご紹介でした。

 

まず特出すべきなのは、そのプロポーションの良さだと思います。とても2008年製のHGには思えない見た目で再現されているので、ダブルオー作品系キットの中でもかなりオススメです。

弱点はアンテナ中央やGNツインビームライフルのクリアパーツが無色になっているので、無塗装だと少し違和感が出るぐらい。(特にアンテナ中央)

部分塗装すれば魅力が爆上がりする系のキットだと思うので、ある程度手を加えた方がいいと思いますぞ。

ちなみに、今の時代GNキャノンとGNミサイルコンテナが追加されたHGアリオスガンダム GNHW/Mも発売されているので、今から買うならこちらの方がオススメです!(本キットのGNツインビームライフルやサーベルも同梱します)

 

以上、「HG アリオスガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る