icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ケルディムガンダムGNHW/R レビュー

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ケルディムガンダムGNHW/R」のガンプラレビューです。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00ダブルオーに登場し、ロックオン・ストラトスが搭乗するケルディムガンダムGNHW/Rをご紹介。

2009年発売。

通常のケルディムガンダムから「強化装備GNヘビーウェポン」が追加され、完全版のHGケルディムガンダムになりました。

という事で、HG ケルディムガンダムGNHW/Rをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ケルディムガンダムGNHW/R

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

早速ですが完成したHGケルディムガンダムGNHW/Rがこちら。

わたくしケルディムガンダム大好きマンなので、今回はフル塗装にて仕上げてあります(*´ェ`*)←普段素組みばっかなのに珍しい事する人

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

ちなみに「GNHW/R」とは「GN-Heavy Weapon/Rifle」の略で、劇中の終盤で使用した「追加武装GNヘビーウェポン」を装着した状態が再現されています。

通常版のHGケルディムガンダムも発売されていますが、今から組もうと思っているモデラーさんは今回のヘビーウェポン装備型がオススメだぞ!(>ω<)

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

お尻の追加武装(GNライフルビット)まわりは結構外れやすいです。

セカンドシーズンのキットとはいえ、もはや11年前に発売されたものなので各所接続強度は要調節といった感じでした。

ただご覧のように、プロポーションは今のガンプラ目線でも十分通用する良スタイルにて立体化されています。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。額は無色のクリアパーツだったので、今回はクリアレッドにて塗装しました。

頬のグレー部分は色分けされていないため、要塗装となります。

今回はツインアイも塗ってみたぞ!(>ω<)

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

胸部をアップで。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

バックパックの両側面にはGNビームピストルIIをマウントできます。

ここは通常ケルディムと同じです。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

肘のクリアパーツもクリアグリーンで塗装してみました。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

右肩にはGNライフルビットを2基装備。クリアパーツがキレイです(*´ェ`*)

ライフルビットは分離可能です。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

左肩にはGNシールドビットを装着します。

1つ1つ分割でき、同梱するスタンドで展開可能です。

シールドにあるグレーのスジは塗装しました。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーともに広がります。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

GNドライヴは腰部後方に配置され、左右にはGNビームピストルIIが2挺マウントされています。

GNHW/R装備になり、元々バックパックに2挺しかなかったピストルが4挺に増えました。

このあたりは色分けされていないため、要塗装となります。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部後ろには右肩同様にGNライフルビットが装備されています。

こちらは4基ものライフルビットを搭載しています。

ケルディムガンダムの画像です

ここのクリアパーツは元からクリアブルー成形だったので、塗装の必要がありませんでした。

この時期のガンプラは無色クリアパーツが多かった印象なので、嬉しい仕様です。

ケルディムガンダムの画像です ケルディムガンダムの画像です

このように分離します。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒザには右肩同様にGNシールドビットを装備。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部側面にもクリアパーツが使用されています。

ここもクリアグリーンで塗装してみました。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

下から。足裏に肉抜きは無く、股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

ケルディムガンダムGNHW/R、出撃!

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

GNスナイパーライフルII3連バルカンモードがこちら。

ケルディムガンダムの画像です

遠距離特化のデュナメスと違い、3連バルカンモードにより中距離もカバーできるモビルスーツになったケルディムガンダム。

HGケルディムガンダムのガンプラレビュー画像です

3連バルカンモードがめちゃくちゃカッコイイわ……。

ケルディムガンダムの画像です

GNスナイパーライフルIIは差し替えで、スナイパーライフルライフルモードにチェンジします。

ケルディムガンダムの画像です ケルディムガンダムの画像です

完成!

ケルディムガンダムの画像です

スナイパーライフル状態で。

左の平手が付属するのでポーズが映えます。

ケルディムガンダムの画像です

「狙い撃つぜぇ!」

「ぇ」の部分がライルっぽいよね……w

ヒザ立ちも可能で、狙撃ポーズが容易に再現できます。

ケルディムガンダムの画像ですケルディムガンダムの画像です

GNビーム・ピストルII(ピストル型)を装備させてみます。

水色に色分けされていなかったため、ここは要塗装でした。

ケルディムガンダムの画像です

格闘戦用の斧形態にもチェンジ可能です。

劇中で近付かれた時にGNピストルIIを斧のように扱うシーンがありましたが、メチャメチャかっこいいよね……。

ケルディムガンダムの画像ですケルディムガンダムの画像ですケルディムガンダムの画像です

ケルディムガンダムいいわ……。

ロックオン・ストラトスの画像です

別売りの 「機動戦士ガンダム00 PORTRAITS」ロックオン・ストラトスのフィギュアと飾ってみます。

ロックオン・ストラトスとケルディムガンダムの画像です

「オーライ。ケルディムガンダム、ロックオン・ストラトス、狙い撃つぜ!」

ロックオン・ストラトスとケルディムガンダムの画像です

並べてディスプレイする事を強くオススメします!!

【フィギュア】機動戦士ガンダム00 PORTRAITS レビュー【カプセルトイ・食玩】

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

ケルディムガンダムとガッデスの画像です

ガッデスと。※ガッデス戦の時はノーマルケルディムだった(*´ェ`*)

ケルディムガンダムとケルディムガンダムサーガTYPE-GBFの画像です

HGケルディムガンダムサーガTYPE.GBFと比較。

【ガンプラ】HGBF ケルディムガンダムサーガ TYPE.GBF レビュー

 

ロックオン・ストラトスのガンプラレビュー画像です

ロックオン・ストラトスが搭乗するガンプラでディスプレイ。

※左から「HGガンダムデュナメス」「本キット」「HGケルディムガンダムサーガ(塗装済)」「ガンダムサバーニャ」

ロックオン・ストラトスのガンプラレビュー画像です ロックオン・ストラトスのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガンダムデュナメス レビュー
【ガンプラ塗装】HG ケルディムガンダムサーガ ※TYPE.GBFを原作色で塗装
【ガンプラ】HG ガンダムサバーニャ レビュー

 

ロックオン・ストラトスとケルディムガンダムの画像です

HG ケルディムガンダムGNHW/Rの感想

という事で「HGケルディムガンダムGNHW/R」のご紹介でした。

 

ノーマル版ケルディムガンダムとの違いは、GNHW/R版はGNヘビーウェポンである2枚の新規ランナーがプラスされている点になります。

ちなみに今回写真にはない、「トランザム用狙撃スコープ」「シールドビット用スタンド」も付属します。

 

今回合わせ目は消してありますが、全体的にそこそこあるので制作時間は結構かかりました。

また、GNビームピストルIIが完全に色分けされていないなど色が足りない箇所も多いです。

可動は良好なのでポージングの幅が広がり動かしていて楽しいですが、ライフルビットとシールドビットがポロリしやすい点はご注意を。

 

今の目で見てしまうとちょろちょろ弱点はありますが、プロポーションに関しては今のキットに劣っていない完成度だと思います。

 

2017年にビルドファイターズ版「ケルディムガンダムサーガ」が発売されましたが、2009年に発売されたこのキットを元に使っているにもかかわらずクオリティが高かったので元キットの優秀さが証明されていると思います(*´ェ`*)

イチオシガンプラで間違いないぞ!(>ω<)

 

以上、「HG ケルディムガンダムGNHW/R」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG ケルディムガンダムGNHW/R』の在庫を見る