スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG シュヴァルベカスタム(シクラーゼ機) レビュー

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)」のガンプラレビューです。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハントに登場し、シクラーゼ・マイアーが搭乗するシュヴァルベ・カスタム(シクラーゼ機)をご紹介。

2022年発売。

頭部をはじめ、「専用ハンドガン」「シールド」「スラスターユニット」などが新規造形で付属します。

リアスカートに組み付いているバーニアブロックは二箇所で回転し、着脱も可能。

という事で、HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)をレビューしていきたいと思います!

HG シュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

シクラーゼ独自のカスタマイズが施されたシュヴァルベである、シュヴァルベカスタムさん。

設定的には「かつてギャラルホルンの士官だったシクラーゼ・マイアーが部隊から逃亡する際に奪い去ったモビルスーツ」で、色をはじめ頭部・ブースターや武装などが独特のものに変化しているのが特徴です。

ガンプラ的にはHGシュヴァルベグレイズ(マクギリス機)のリデコキットで、成形色が変更され新規造形が付属する内容になっています。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

組み立て書には悪そうなシクラーゼ・マイアーさんが記載。

モビルスーツの操縦技術に長けた、オムデン・コロニー・カンパニーに雇われている殺し屋です(*_*)

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

アンテナをはじめ頭部まわりや、ショルダーアーマー・シールドなどに貼るものが付属します。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「専用ハンドガン×2」「ライフル」「バトルアックス」

ライフルとバトルアックスはよくグレイズ系に付属するものと同形状で、ブレード付きの専用ハンドガン×2が新規造形になります。(画像外だとシールドも)

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

シュヴァルベグレイズのパーツが余ります。逆算すると、↑に使う部分のパーツが今回変更された部分です。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)がこちら。

HGシリーズのグレイズフレームを使用しつつワインレッドを基調とした独特な成形色で再現されているほか、頭部左右についたアンテナや左肩部などが変更されているのが特徴です。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

構造的には、グレイズフレームにパチパチと外装パーツを被せていく感じで組み立てます。

グレイズの名こそ冠していないものの、グレイズ感漂う良プロポーションで立体化されていますね。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

この背部スラスターユニットも、新規造形です。

それでは各部細かく見ていきます!

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

可動域はグレイズ系共通で、腰をひねる動作は少し苦手ですが手足は大きく広がります。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

デザイン的にヒザ立ちは無理が出ますが、上半身自体は前後左右と柔軟に可動します。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。一部が新規造形になっていて、左右にアンテナを搭載したデザインが特徴的です。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

ただアンテナ先端の白い部分はホイルシールで色を補うため、このあたりは部分塗装推奨といったところ。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

頭部はオープン状態も再現できます。

このあたりのイエローはシールですが、モールドは刻まれています。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

胴体。小型のエイハブ・リアクターは黄色いシールで色を補います。

基本的にこのあたりはHGシュヴァルベグレイズの色違いです。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマー前側(左側)・側面(ベージュのパーツ)が新規造形で、白いシールを貼る部分にはモールドが刻まれています。

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。上から見た場合、肩に合わせ目あり。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

腕部に合わせ目はありません。

ブラウンの渋い配色になっています。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

↑枠、左腕の手首外装パーツとシールドが新規造形で、シールド自体ロール回転します。

シールド表面の白い部分はシールですがモールドあり。ボルトのような部分は裏打ちパーツから露出する形で色分けされています。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

3基に増えたスラスターユニットは、フレキシブルに可動します。

上側2基のバーニア部分も地味に新規造形。リアアーマーもおしりのスラスター用に新造されていますが、少し外れやすかったので気になるモデラーさんは接着してしまう方がいいかもしれません。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

腰部。シュヴァルベグレイズと違い、腰部左右のスラスターが撤廃されているのが特徴です。

股下にはスタンド用の3mm穴が空いています。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

脚部は「足の基部」「側面」に合わせ目が出ます。

足裏は、カカト付近に肉抜きあり。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

シュヴァルベカスタム、出撃!

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

新規造形の専用ハンドガンから。

グレー2+ブレード1の計3パーツ構造で、銃身には合わせ目が出ます。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

専用ハンドガンを掲げるシュヴァルベカスタム……!

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像ですHGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

ブレードで攻撃!

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

シールドで敵の攻撃を弾くシュヴァルベカスタム!

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

バックラーかっこいい……。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

フェイスオープン状態でパシャリ。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

従来のグレイズ系に付属するライフルを持たせてみます。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構えることができます。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

バトルアックスを装備。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

もちろん、バトルアックスは腰部側面にマウント可能です。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

HGシュヴァルベグレイズ(マクギリス機)と比較。

成形色をはじめ、頭部や肩部

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

スラスターユニット(およびリアアーマー)などが変更されています。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

あとは、シュヴァルベカスタム特有の専用ハンドガンとシールドが売りといったところです。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

ベースキットの「HGシュヴァルベグレイズ(マクギリス機/左)」、プレバンの「HGシュヴァルベグレイズ(ガエリオ機/中央)」とディスプレイ。

ガエリオ機はプレミアム・バンダイ限定で、マクギリス機の成形色変更+武器追加モデルになっています。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

今回のシュヴァルベカスタムは新規造形の頭部・スラスターユニット・武装をはじめ、変更箇所が多いです。

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG シュヴァルベグレイズ(マクギリス機) レビュー
【ガンプラ】HG シュヴァルベグレイズ(ガエリオ機) レビュー【プレバン】

 

HGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のガンプラレビュー画像です

HG シュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)の感想

ということでHGシュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)のご紹介でした。

 

安定のシュヴァルベクオリティといったところで、腰をひねる動作こそちょい苦手なものの基本的な可動範囲は広いです。

注意点としては、動かしていると腰部リアアーマーが外れやすい点ぐらい。

頭部をはじめ肩部・スラスターユニット・専用ハンドガンや小型のシールドなど新規造形が多いので、満足度は高いと思いますぞ。

 

以上、「HG シュヴァルベカスタム(シクラーゼ機)」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る