icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ダナジン レビュー

HGダナジンのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGダナジン」のガンプラレビューです。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムAGEに登場するダナジンをご紹介。

2012年発売。

ヴェイガン機体の中でも異質なデザインを誇るダナジンですが、頭部パーツの差し替えで飛行形態が再現可能です。

特徴的な尻尾(ダナジンスピナー)も細かく可動。

という事で、HGダナジンをレビューしていきたいと思います!

HG ダナジン

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

地球侵攻用に設計されたダナジンさん。

鈍重な恐竜のような見た目に反し、俊敏な動作が可能な機体です。

一般的な人型機体と比べ、ガンプラ構造的にもかなり変わった設計をしていました(*´ェ`*)

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量はかなり少ないです。元々のカラーデザインがシンプルなため、本体の色分けは優秀です。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGダナジンがこちら。

恐竜を連想させるような渋いグリーンを主体とした成形色。尻尾が接地し、安定して自立させる事ができます。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

いかがでしょうか……w

かなりパンチのきいたデザインをしていますが、AGE時代のHGという事でガンプラ的にはかなりの良プロポーションで立体化されています(*´ェ`*)

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

ただ弱点もあったので、そのあたり解説しつつ細かく見ていきたいと思います!

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

まずはHGガンダムAGE-3ノーマルと大きさを比較。

ほとんど同じ全高ですが、横・奥の幅は段違いにでかいです。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

頭部は左右はめ込み式で、額に合わせ目が出ます。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

左右のパーツはボールジョイント接続で細かく動きます。

ポリキャップではなく、プラ同士のシンプルな接続方式です。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

超アップで。センサーとビームシューター(アゴ)のグリーンはホイルシールで色を補います。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

頭頂部は首の関節パーツを含め、一直線に合わせ目が出ます。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

頭部と首をばらしてみた図。細かく分割されていて首を曲げることができますが、思ったほどは動かない印象でした。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

首・胴体・腰と、左右はめ込み式になっているため合わせ目の量は多いです。

ただ、腰部中央にあるダナジンキャノンの砲口は1パーツで合わせ目無しです。ここはホイルシールで色を補います。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

意外な事に、上半身は360度回転します。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

後ろ側は、ほぼ一直線に合わせ目あり。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

尻尾の先端はダナジンスピナーになっています。

ここの構造がかなり良く出来ており、細かく曲げる事ができるうえ

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

横方向へもグネグネ動きます。

止まってほしいところで止まってくれ、非常にストレスフリーな作りをしています。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

翼もポリキャップ接続により細かく可動します。基部である程度角度がつけられ、

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

翼自体も細かく動きます。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

内側はグレーの裏打ちパーツで色分けされており、モールドも刻まれています。

色分けが優秀で合わせ目も出ませんが、↑のように一部ポリキャップがむきだしになります。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

腕はショルダーアーマー・二の腕・関節・前腕部・手首パーツと全てに合わせ目が出ます。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

ほぼ真横まで広がり、肘関節は90度以上曲がります。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

手首パーツは2種類が左右分付属。

画像左の掌にあるビームバルカンはある程度可動。銃口が開口されています。

画像右のタイプはビームバルカンが固定式で、開口もされていません。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目は多く、外装・関節パーツ・足首パーツに合わせ目が出ます。

という事で、本キットの弱点は合わせ目の多さという事で間違いないでしょう。

ただパーツの合いは良いです。そこまで気にならないとは思いますが、完璧に処理する派モデラーさんは結構手間のかかるキットだと思われます。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

お尻の下にあるパーツを外せば、スタンド用の3mm穴が露出します。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

ダナジン、出撃!

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

横から見るとこんなに長いよっ……(*´ェ`*)

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

それではアクションポーズいってみます!

HGダナジンのガンプラレビュー画像です HGダナジンのガンプラレビュー画像です

突進するダナジン!

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

ビームバルカンで攻撃!

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

雄叫びをあげるダナジンの図。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です HGダナジンのガンプラレビュー画像です HGダナジンのガンプラレビュー画像です HGダナジンのガンプラレビュー画像です

ダナジンスピナーで攻撃!

HGダナジンのガンプラレビュー画像ですHGダナジンのガンプラレビュー画像です

このように前方に持っていけるため、迫力のあるポーズで展示できます(>ω<)

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

このダナジン、動かすと5割増しでかっこよくなる気がする(*_*)(パンチのきいたデザインとか言ってスマン…)

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

ギュワッ!

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

飛行形態への変形は簡単で、頭部の↑枠パーツを差し替え……

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

足とつま先を倒すだけでOKです。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

ダナジン、飛行形態へ変形完了。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です

上から。

HGダナジンのガンプラレビュー画像です HGダナジンのガンプラレビュー画像です HGダナジンのガンプラレビュー画像です

HG ダナジンの感想

ということでHGダナジンのご紹介でした。

 

長所はダナジンスピナー(尻尾)まわりの出来で、上下だけでなく左右にもグネグネ動かす事ができ非常に迫力のあるポーズで展示する事ができる点だと思います。

反面、弱点は翼以外のほぼ全ての面に合わせ目が出る点。パーツの合いが良いので昔のガンプラほど気になりませんが、それでも量は多いため完璧に処理する場合は結構時間がかかると思います。(外装だけでなく首フレームなどにも出るので)

今回特に思ったのは、動かすと一気にかっこよくなると感じた点。色分けが優秀で変にポロリする箇所もないため、さわっていて楽しいガンプラでした。

最近再販されたので買ったみたんですが、予想以上に満足してしまいましたw(*´ェ`*)

 

以上、「HG ダナジン」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る