iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HGCE デスティニーガンダム レビュー

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGCEデスティニーガンダム」のガンプラレビューです。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する、デスティニーガンダムのHGCE版をご紹介。

2019年発売。

光の翼が同梱し、パルマフィオキーナのビームエフェクトもクリアパーツで再現されています。

可動域が広く、サイドアーマーは可動の妨げにならないようスライドするという新しい息吹を感じるガンプラに仕上がっています。

という事で、HGCEデスティニーガンダムをRG版との比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGCE デスティニーガンダム

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

HG GUNDAM SEED版が2005年、RG版は2013年に発売され、このHGCE版は2019年に発売されました。

前HGからだと、実に14年ぶりにリニューアルされた事になります。めでたい!(>ω<)

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、頭部・対ビームシールド・背部武器の細かなところを補うものが付属します。

このデスティニー、とにかくパーツ分割での色分けが優秀過ぎる出来になっています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「MA-BAR73/S 高エネルギービームライフル」「MMI-714 アロンダイト ビームソード」「M2000GX 高エネルギー長射程ビーム砲」「フラッシュエッジ2 ビームブーメラン×2」「対ビームシールド」「MX2351 ソリドゥス・フルゴール ビームシールド」「手首パーツ×4」「MMI-X340 パルマフィオキーナ掌部ビーム砲の専用エフェクトパーツ×1」

手首パーツは「武器持ち手」と「パルマフィオキーナ発動時の平手パーツ」が左右分付属します。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてRG版では同梱しなかった、光の翼が同梱します。

これは非常にポイント高いぞ……!!!(>ω<)

このクリアピンクのランナーには、ビームブーメランとアロンダイトビームソードのエフェクトパーツも含まれています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGCEデスティニーガンダムがこちら。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

洗練されたプロポーションで立体化されており、SEEDらしいスタイリッシュなスタイルで立体化されています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

背部まわりの重さで重心が後ろに寄りますが、一応自立可能です。

それでは細かく見ていきます!

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、腕は水平以上・脚は水平まで広がります。

各関節も90度以上大きく曲がります。

上半身は回転こそしませんが、必要十分には動いてくれる感じ。

一応少し引き上げて戻せば、無理矢理真横に持っていくことはできます。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部はツインアイとトサカのセンサーをシールで補います。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

アップで。RGのように目の下の赤いパーツが別パーツで色分けされています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式ですが、合わせ目は段落ちモールド化されています。

組み立て書の作例基準では下部分もモールド扱いでした。

後ろ側のトサカ内部のセンサーはシールが付属しないため、要塗装となります。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体は色分けが完璧で、側面の合わせ目は全て段落ちモールド化されています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

襟元のレッド部やグレーのダクト、胸部のライトブルーも細かく別パーツにより色分けされています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体は前後・左右と柔軟に可動。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

肩も前後に大きく動きます。

合わせ目も出ません。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

先端のフラッシュエッジ2ビームブーメランは引き抜けます。※後述

ぶつかると取れる事がありますが、接続強度が緩いというほどではない感じ。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部にも合わせ目が出ません。

肩内部の合わせ目は段落ちモールド化されています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

また、前腕部が2ブロック構造になっており、↑位置で回転します。

肘は二重関節構造で、180度近く曲がります。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーともに可動。サイドアーマーも細かく色分けされています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

サイドアーマーは基部が後ろへスライドするうえ、角度を変える事もできます。

また、脚の付け根もスライドギミックを搭載しており脚部の可動範囲が更に広くなります。

今までもオリジン系などでスライドするギミックはありましたが、新しい構造になっていました。

今回のデスティニー、製作者の気合いが伝わってくるぞ……(*_*;)

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部にも合わせ目が出ません。

関節付近の青い部分は1パーツで、関節パーツを挟む前に上からはめ込むタイプになっています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

モールドも適度に刻まれています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

ふくらはぎのスラスターは開閉します。露出したスラスター部分はグレーで要塗装となります。

足裏はつま先付近に多少肉抜きあり。つま先は多少上下に可動します。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

フロントアーマーは裏側にもモールドが刻まれていました。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

バックパックのスラスターカバーは開閉します。

ウェポンラックもある程度自由に可動。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

翼は前後に傾き、

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

二段階に大きく広がります。(基部でも多少角度がつけられます)

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

背部武器は溝を合わせて接続し、ガッチリとマウント可能です。

接続強度も丁度良く、動かしまくっても落下する事はありませんでした。

この部分、何気にRGよりも優秀だぞ……(>ω<)

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

そして細かなところですが、↑部分の構造が素晴らしいです。

凹凸を合わせて位置を固定できますが、ちょっと力を入れれば離れて好きな位置に持っていける仕組みです。

デスティニーのような複雑なデザインはポージングさせるのに時間がかかる事が多いと思うのですが、こういう何気ない部分でポーズをとらせやすい構造になっていたりします。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

対ビームシールドは伸縮可能です。

接続方法はプラ同士のシンプルな取り付け方式ですが、接続強度が強くガッチリと保持できます。

また、裏側にも細かなモールドが刻まれています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

高エネルギービームライフルを持たせてみます。

照準サイトとフォアグリップは可動。

が、人差し指を突き出した銃持ち手は付属しません。おそらくパルマフィオキーナの手首パーツが左右分入っているため、コスト的に難しかったのかもしれません。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみるぞ!(>ω<)

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。

一度甲パーツを外して持たせる必要ありです。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

高エネルギービームライフルは、リアアーマーにマウント可能です。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

ソリドゥス・フルゴールビームシールド展開!

黄色いパーツを一度外し、噛ませる形で再現します。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

クリアブルーの色合いやエフェクト形状が綺麗だぞ……(*´ェ`*)

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

フラッシュエッジ2ビームブーメランを引き抜くデスティニー!

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

もちろん両肩とも引き抜けるうえ、ビームエフェクトパーツも2つ付属します。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームブーメランをぶん投げるデスティニー!

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

パルマフィオキーナ掌部ビーム砲用の手首パーツは左右分付属します。

甲の黄色いパーツは通常武器持ち手から移植する必要があります。

ちなみに、エフェクトパーツは1つしか付属しません。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

高エネルギー長射程ビーム砲を展開!

基部の接続強度がRGより強いため、非常に安定して構える事ができます。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

細かなレッド部はシールで補いますが、実は合わせ目が出ないパーツ分割構造をしています。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

アロンダイト ビームソードを持たせてみます。

折り畳まれた刀身と手元のガード部分を展開し、専用のビームエフェクトパーツを取り付ければ展開完了です。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

手首パーツの穴とはジャストフィットしませんが、特に困る事はありませんでした。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

光の翼を見ていきます。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

平たいパーツではなく、立体的な造形になっておりところどころ開口されていたりします。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

RGデスティニーガンダム用拡張エフェクトユニット『光の翼』と比較。

※RGの光の翼は別売りのプレバン品です

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

どちらもかっこいいっす……(*´ェ`*)

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

RGの光の翼は取り付けるのが難しく、ポロリ率も高いのですが(←わたしが不器用なだけかもですがw)、このHGCE版はカチッとはまるため一度取り付ければ外れる事はありませんでした。

それでは劇中再現しつつ、色々なアクションポーズを見ていきます!

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

「シンやめろ!踊らされている、お前も!」

グフイグナイテッドで逃走するアスラン!

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

「アスランは既に少し錯乱している!」←この台詞好きw

レジェンドガンダムに追い詰められるグフイグナイテッド!

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

「ふざけるなっ!」

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

パルマフィオキーナでスレイヤーウイップを破壊するデスティニー!

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

「オレは……」

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

「オレはもう絶対にぃッ!!!」

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像ですHGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

劇中ポーズが恐ろしいほど決まります(涙

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

HGグフイグナイテッドHGレジェンドガンダムとディスプレイ。

【ガンプラ】HG グフ イグナイテッド (量産機) レビュー
【ガンプラ】HG レジェンドガンダム レビュー

 

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

インフィニットジャスティスと対決!

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

「お前が欲しかったのは、本当にそんな力か!」

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

HGインフィニットジャスティスガンダムと比較。

隠者は放送当時ものキットなので、並べてみるとガンプラの進化を感じますね。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG インフィニットジャスティスガンダム レビュー

 

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

後期ミネルバ部隊のガンプラとEFコレクションのフィギュアでディスプレイ。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGCE フォースインパルスガンダム レビュー
【ガンプラ】HG レジェンドガンダム レビュー

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

RGデスティニーガンダムと比較。

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】RG デスティニーガンダム レビュー

 

HGCEデスティニーガンダムのガンプラレビュー画像です

現時点で、HGCEシリーズ最高傑作なのは間違いないっす(*_*)

HGCE デスティニーガンダムの感想

ということでHGCE デスティニーガンダムのご紹介でした。

 

まずRG版には同梱しなかった光の翼が付属するのがポイント高いです。

また、主な合わせ目箇所も翼の赤いパーツぐらいで、背部のアロンダイトビームソードや高エネルギー長射程ビーム砲にも合わせ目が出ない作りは正直驚きました。

ここまで合わせ目が出ないHGシリーズは、HGガンダムバエル以来かもしれません。可動域も広く、めちゃめちゃ動き劇中ポーズがガンガン決まります。

そして地味なところですが、脚の付け根などの接続強度がいつもより強めに設計されており、KPSでありがちな関節が少しふにゃふにゃする問題も解消されています。

ライフル持ち手が付属しないのは残念ですが、個人的には最近作ったHGで一番クオリティが高いと思いました。

デスティニーガンダム好きにはまじオススメだよっ!(>ω<)

 

以上、「HGCE デスティニーガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る