icon
iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HGBF ドムR35 レビュー

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGBFドムR35」のガンプラレビューです。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドファイターズトライに登場し、ラルさんが使用するドムR35をご紹介。

2015年発売。

両手に装備する多目的シールドは様々なモードに変化します。

という事で、HGBFドムR35を「HGUCドム/リック・ドム」「HGBFグフR35」と並べた画像を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBF ドムR35

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ラルさんのガンプラ、ドムR35のボックスアート。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ラルさんの考えた「ランバ・ラルがノーマルのドムを受領していたら」「幾度もの戦闘に参加し、その度に改良が加えられた結果オリジナルのドムとは大きく性能の違うカスタム機へと変貌を遂げた」という脳内設定にて制作されたガンプラです(*´ェ`*)

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ホイルシールは数こそ少ないものの、広範囲な多目的シールドに貼るものなどが付属します。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

付属品はシンプルで、「多目的シールド×2」「手首パーツ×3」の構成。

左手のみ表情付き平手パーツが付属します。

いきなり本キットの弱点になりますが、劇中で装備していたヒートサーベルは付属しません。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

完成したHGBFドムR35がこちら。

ラルさんのコンセプト通り、通常のドムとは大きくかけ離れたデザインになっています(*´ェ`*)

色はグフを思わせるブルーを基調とした成形色で立体化されています。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

頭部には指揮官機を思わせるブレードアンテナがついており、胸部にはバーニアが増設されています。

両手に装備している多目的シールドも個性的だぞ……(*´ェ`*)

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

色分け良好で合わせ目もそこまで多くはないのですが、結構弱点もあったのでそのあたりも細かく解説していきます!

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

可動域から。腕は水平以上上がり、開脚範囲も広いです。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

手足の関節は大きく曲がりますが、デザイン上立ち膝はできず。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

腰をひねる動作も苦手です。可動域は「狭くはないが、広くもない」といったところ。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

特徴的なブレードアンテナが付いた頭部。

バイザー部分にはクリアパーツが使用されています。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

バイザーを一度外せばモノアイを好きな位置に持っていく事ができます。

モノアイ自体はピンクのシールで色を補います。

ボールジョイント接続になっているので、結構自由な位置に動かせるぞ!(*´ェ`*)

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、上部・側面に合わせ目が出ます。

胴体の上は段落ちモールド化されています。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後にある程度可動。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

特徴的な胸部バーニアの下には、地味に拡散ビーム砲の形状が残っています。

ちなみにこの胴体ですが、内部ポリキャップのハマり具合いがキツ過ぎてはめ込むのにかなり苦労しました(>ω<;)

わたしのやり方が悪かっただけかもですが、破損にはご注意を!

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

胴体は側面のグレー部分に合わせ目が出ます。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

背中のメインブースターは、↑の青枠内にシールを多用します。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

腕は「肩内部の球体」「前腕部」に合わせ目が出ます。

前腕部は一部目立たないようなパーツ配置になっていますが、手首付近はモロに出ます。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ヒジのクローは展開可能です。内側に肉抜きがあります。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ヒジ関節は90度以上曲がります。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーともに開きます。

このあたりは作りが優秀で合わせ目が出ませんが、グレー部分はシールで色を補います。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目の量は少ないです。

関節パーツは段落ちモールド化されているうえ、色分けも優秀です。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ただ弱点もあり「ボリュームのあるドム」に「小さいポリキャップ」を使用しているため、膝から下が抜けやすいです。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ヒザのクローも展開します。こちらも内側に肉抜きアリ。

クローが指でつまみにくいので、引き起こすのは肘より難しいです。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ふくらはぎのスラスターは大きく可動します。

触っていると先端のバーニアが外れる事があったので、ガシガシ動かしたいモデラーさんは接着推奨といったところ。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはありません。また、足裏のモールドはドムのホバー・ユニットではなく「リック・ドム風のスラスター形状」になっている模様。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

「背部スカートのブースター」はアームにより引き出す事ができ、

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

背中のメインブースターと接続する事で

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

高機動モードにチェンジします。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

多目的シールドはトゲ周辺の薄いブルーをシールで補う仕様です。

シールドの接続強度は丁度良く、手首付近にガッチリと接続できます。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

突進するドムR35!

モノアイ動くのがいい感じです。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

多目的シールドは↑の通常シールド状態のほか、

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

各部パーツを折りたたみ、グリップをつかむ事でナックルにもなります。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像ですHGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

敵に殴りかかるラルさん!

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

強そう……(*´ェ`*)

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

前後逆にすれば、マシンガンになります。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

マシンガンで攻撃!

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

アクロバティックに。

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

撃ちまくるドムR35!

HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です HGUCドムとHGBFドムR35の比較ガンプラレビュー画像です

HGUCドム/リック・ドムと比較。

HGUCドムとHGBFドムR35の比較ガンプラレビュー画像です HGUCドムとHGBFドムR35の比較ガンプラレビュー画像です

このドム、13年前のガンプラながら出来がかなり良いです。

頭部にはクリアパーツが使われているうえ、この時代のHGながらモノアイも可動しちゃったりします。

【ガンプラ】HGUC ドム/リック・ドム レビュー

 

HGBFグフR35とドムR35の比較ガンプラレビュー画像です

同じラルさんのガンプラ、HGBFグフR35と比較。

HGBFグフR35とドムR35の比較ガンプラレビュー画像です HGBFドムR35のガンプラレビュー画像です

グフR35に付属するヒートサーベルを装備させてみました。

本キットには劇中で使っていたヒートサーベルが付属しません。

ここがドムR35最大の弱点かもしれないです(>ω<)

HGBFグフR35とドムR35の比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBF グフR35 レビュー

 

HGBFドムR35とラルさんのフィギュアの画像です

ぷちきゃら!Ver.Gのラルさんとディスプレイ。

HGBFドムR35とラルさんのフィギュアの画像です

このぷちきゃらシリーズですが、↑のようにガンプラに接続できるジョイントパーツも付属します。

HGBFドムR35とラルさんのフィギュアの画像です

「空気を読まんかメイジン!」

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGBF ドムR35の感想

ということでHGBF ドムR35のご紹介でした。

 

先述したとおり、最大の弱点はヒートサーベルが付属しない点だと思います。

あとは小型のポリキャップを使っているため、ヒザから下が外れやすいです。

ただ「下半身の合わせ目の少なさ」「バックパック・シールド以外の色分け」は優秀に仕上がっている模様。

流用無しの新規造形で立体化されている点もポイント高しといった感じです(*´ェ`*)

 

以上、「HGBF ドムR35」のガンプラレビューでした!

HGBF 1/144 ドムR35 (ガンダムビルドファイターズトライ)
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
(C)創通・サンライズ・テレビ東京

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る