icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ドライセン レビュー

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC ドライセン」のガンプラレビューです。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムZZに登場し、ラカン・ダカランやオーギュスト・ギダン、グレミー・トトらが搭乗したドライセンをご紹介。

2014年発売。

UC版同様、差し替えパーツで腕の3連装ビーム・キャノンが再現できるほか新規造形でZZ版の胸部・前腕部パーツが付属します。

という事で、HGUCドライセンを色々なポーズをとらせながら徹底的にレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ドライセン

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

発売は前後しましたが、UC版の発売から約3年後にリリースされたZZ版ドライセンのHGUC版になります。

原典カラーの装甲色バイオレットがたまらないぞ……!(>ω<)

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは、主にモノアイまわりや黄色い部分を補うものが付属します。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・トマホーク/ビーム・ランサー(+連結状態)」「ジャイアント・バズ」「ヒート・サーベル」「トライ・ブレード×3」「ハンドパーツ×4」「背部マウント用ジョイントパーツ×3」「D2ランナーの切れ端(手首とジョイントパーツを取り付け可能)」

劇中でオウギュストの部隊が装備していたバウのビーム・ライフルは付属せず、UC版袖付きドライセンの装備(ジャイアント・バズとヒート・サーベル)が付属する感じです。

ここはちょっと残念!(>ω<)

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

完成したZZ版のHGUCドライセンがこちら。

UC版からの変更点は成形色のほか、胸部と袖部分となります。

装甲色バイオレットや紺色部分が深みのある成形色になっていて、なかなか良くできた造形で立体化されています。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

2014年製という事で、プロポーションは既に完成されている気がします。

UC効果での立体化という事で脚部分のモールドなど多少アレンジされてはいますが、原典の印象を損なわないドッシリとした体型でうまく立体化されているのではないでしょうか。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

このケレン味溢れるカラーがたまらないっす……w

それでは細かく見ていきます!

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

可動域ですが、頭部はあまり動かす事ができません。

腕は水平まで上がりますが、開脚範囲は狭めです。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

各関節は90度曲がります。

上半身はそこそこまわりますが、回転はしません。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

頭部モノアイ周辺はすべてホイルシールで補います。

可動ギミックも無く、モノアイの凸形状も造形されていません。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

赤いパーツ↑部分に合わせ目が出ますが、作例基準ではモールド扱いでした。

(設定画ではモールド無し)

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

胴体アップで。側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

色分けは良好ですが、コクピット部のマークはシールで補います。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

バックパックは球体のスラスターに合わせ目が出ます。

トライ・ブレード(収納状態)が3基マウントされており、取り外して各武器のジョイントパーツを接続する事ができます。

※後述

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

肩は前後にある程度可動。

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、上部と側面に合わせ目が出ます。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

サブアーマーは適度に可動。小さな黄色い▽マークはシールで補います。

肘関節は90度曲がります。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

腕は肩内部の球体・二の腕・関節パーツに合わせ目が出ます。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

前腕部の装甲パーツを差し替えれば、3連装ビーム・キャノンの銃身が露出します。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

3連装ビーム・キャノンで攻撃!

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーは多少上がります。

リアアーマーのスラスターはグレーで色分けされていますが、腰回りは細かい色が色々足りません。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

脚部は色分けが優秀ですが、関節パーツと

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

モモ側面、ふくらはぎ付近に合わせ目が出ます。

ただ、作例基準では関節パーツ以外はモールド扱いのようでした。(↑の赤枠は設定画ではモールドが無い部分)

逆に設定画では存在している太もも裏のモールドがなかったりするので、アレンジ箇所ということにしてしまってもいいかもしれません。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きは無く、付近の装甲内部にはホバー機能を備えたスラスターが造形されています。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴があり、リアアーマー内側には適度にスリット形状が造形されています。

※足裏だけでなく肩・背部など、各バーニア内部は赤で要塗装となります

それでは武器を持たせつつ、アクションポーズいってみます!

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

まずはヒート・サーベルから。

UC版の袖付きドライセンが装備している武装ですが、このZZ版にも付属します。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

ドライセンがヒート・サーベル持つと初代ドム臭が一気に強まる気がする……(*´ェ`*)

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

3連装ビーム・キャノン発射!

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

すごいボリューム。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

背部のトライ・ブレード(収納状態)を外し、専用のジョイントパーツを使えばヒート・サーベルをマウントする事ができます。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

こちらもUC版の装備、ジャイアント・バズ

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像ですHGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

ジャイアント・バズ+ヒート・ホークで。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

こちらも専用パーツを使い、背部にマウントする事ができます。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

ビーム・トマホーク/ビーム・ランサーを装備させてみます。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

襲いかかるドライセン!

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

カッコエエ……(*´ェ`*)

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

こちらも背部にマウント可能です。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

ビーム・トマホークとビーム・ランサーは分離状態のものも付属します。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

弱点としては、ハンドパーツ穴とサイズが微妙にあっておらず少しプラプラする点。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

ジャイアント・バズ+ビーム・トマホークで。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

ジャイアント・バズ+ビーム・ランサーで。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

トライ・ブレード(展開用)は、別売りのHGUCヤクト・ドーガに付属する『軟質クリア棒』を使用すれば射出状態を再現できます。

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

キュルルル……

ドライセン、トライ・ブレードを展開!

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

ジュドーのダブルゼータと交戦!

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ダブルゼータガンダム レビュー

 

HGUCドムとドライセンの比較ガンプラレビュー画像です

初代ドムと、ドムの最終発展型として開発されたドライセンで比較。

HGUCドムとドライセンの比較ガンプラレビュー画像です

このドム、2006年発売という事でドライセンの8年前に発売されたものになりますが、モノアイまわりの出来がドライセンを超えてるぞ!

こちらも是非チェックしてくださいまし(*´ェ`*)

【ガンプラ】HGUC ドム/リック・ドム レビュー

 

HGUCドライセンとユニコーンVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUCドライセン(ユニコーンVer.)と比較。

HGUCドライセンとユニコーンVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です HGUCドライセンとユニコーンVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です

違いはユニコーンVer.のレビューの方で解説してあります。

こちらも併せてどうぞ↓

【ガンプラ】HGUC ドライセン(ユニコーンVer.) レビュー

 

HGUCドライセンのガンプラレビュー画像です

HGUC ドライセンの感想

ということでHGUC ドライセンのご紹介でした。

 

合わせ目はちょいちょい出ますが、作例基準で見た場合は思ったほど多くなく、基本的な色分けも良好です。

シールも付属せず色が足りない箇所は、各バーニア内部と腰まわり程度でした。

弱点は、頭部・足周りの可動域の狭さとバウのビーム・ライフルが付属しない点。

ZZ版なので、袖付き装備のかわりに同梱して欲しかった!(>ω<)(できたら軟質クリア棒も)

 

……と、ちょいちょい弱点はあるのですがプロポーションの再現度は非常に高いと思います。

HGとはいえボリュームのある大型MSなだけあり、その存在感から部屋に飾っておくと所有欲で満たされるぞ……(*´ェ`*)

 

以上、「HGUC ドライセン」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る