スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconicon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HG ガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機) レビュー

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)」のガンプラレビューです。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場し、アンドリュー・バルトフェルドが搭乗するガイアガンダムをご紹介。

2005年発売。

基本的にはHGガイアガンダムの色替えキットとなりますが、成形色が変更されバルトフェルドのパーソナルマークのマーキングシールが付属します。

差し替えにより、MA形態にも変形可能。

という事で、HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)をレビューしていきたいと思います!

HG ガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

組み立て書にはバルトフェルドさんが記載。

今回のガイアガンダムは、成形色が黒からオレンジに変更されシールを変更・追加したリデコキットになります。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールがこちら。

シールは変更され、バルトフェルド専用のものが付属。黒のガイアガンダムでは同梱しなかった、専用のマーキングシールが付属します。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「MA-BAR71XE 高エネルギービームライフル」「MA-M941 ヴァジュラビームサーベル×2」「MMI-RS1 機動防盾」「MA形態変形用パーツ」「MR-Q17X グリフォン2ビームブレイド用エフェクトパーツ×2」

内容はすべてHGガイアガンダムの色替えです。

……ちなみに、ビームライフルの先端パーツを紛失してしまいましたw結構昔に組んだガンプラなので今回は許してね……(*ノェノ)

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)がこちら。

黒かったガイアガンダムと比べ、オレンジを主体とした明るめの成形色に変更されているのが特徴です。

※今回合わせ目を微妙に消してありますが、場所は画像でバッチリ解説しますぞ

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

放送当時もののHGガイアガンダムではありますが、ぶっちゃけ同シリーズの中ではあまり出来が良くないです。

こう見てみると設定画に近いスタイルではあるのですが、合わせ目の量は多く接地性もちょい微妙な感じです。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

可動域は狭く、手足はほとんど広がりません。

ただ、顔を上げる動作は得意です。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度ほど曲がりますが、ヒザ立ちは無理が出ます。

腰をひねる事はできますが、バックパックまわりと腰部サーベルグリップが干渉するため実際はまわらないと思った方がいいです。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナは下側がグレーで要塗装です。

黄色い隈取り部分は色分けされています。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、頭頂部から側面にかけて合わせ目が出ます。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

上から。黄色いパーツのダクト内は、グレーで要塗装です。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

胴体・腰部も前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

コクピットハッチ(お腹の黄色い部分)は、ホイルシールで色を補います。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

左肩をアップで。「砂漠の虎」のマーキングシールは大小2枚あり、大きい方を肩に貼ります。(小さい方は「自由にお貼りください」仕様)

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

腕は「肩ブロック」「前腕部」に合わせ目が出ます。

関節パーツは良くも悪くも1パーツ成形で、合わせ目がありません、

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。このあたりの色分けは悪いので、部分塗装推奨だと思います。

リアアーマーの白いラインはシールです。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

左右の腰部サイドアーマーには、ヴァジュラビームサーベルをマウント可能です。

プラ同士のシンプルな凹凸接続のため、腰をひねると干渉しポロリします。

股下にスタンド穴は空いていません。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

脚部は前後に合わせ目が出ます。

関節パーツとカカトの黒い部分はABS樹脂のため、塗装派モデラーさんはご注意を。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

足首パーツをアップで。

ミディアムブルーの部分にも合わせ目が出ます。(うまくハマってなくてすいません……(*ノェノ))

ただ、足裏に肉抜きはありません。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

背部はMA形態時の「頭部」「尻尾」になっており、一直線に合わせ目が出ます。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

左右のMA-81R ビーム突撃砲は可動し、銃口は開口されています。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

「アンドリュー・バルトフェルド、ガイア、行くぞ!」

ガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)、出撃!

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

MA-BAR71XE 高エネルギービームライフルがこちら。

……前述の通り、先端の銃口パーツを紛失したので、みんなは気をつけてね……(涙

ここはハンドパーツに挟み込むようにして持たせるため、ポロリの心配はありませんでした。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

MMI-RS1 機動防盾も然り。

表面の白い突起はシールで色を補いますが、フチのイエローなど色は結構足りません。

組み立て書の解説によると、「ボディカラーの変更はOSの調整によるものだが、シールドの塗装が変更されている点を見ると、パイロットの嗜好しこうも反映されているかもしれない」との事です。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

「ビームライフル!」

高エネルギービームライフルで攻撃!

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

可動域が狭いので色々なポーズはできませんが、特定のポーズならかっこいい姿で展示できるかな?といった感じです。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像ですHGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

ヴァジュラビームサーベルを抜刀!

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

飛びかかるバルトフェルド!

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

二刀流で。サーベル刃は、短めのものが2本付属します。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

そしてこちらがMA形態

前腕部や機動防盾などを、一部差し替える事により再現します。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

横から。高エネルギービームライフルは肩に取り付ける事ができます。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

下から。機動防盾はジョイントパーツを交換し、お腹に取り付けます。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

頭部は前後にひっくり返し、背中の犬の顔を前へ持っていきます。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

↑が交換する前腕部分です。別パーツで丸々付属します。(交換するのは前足2本)

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

MR-Q17X グリフォン2ビームブレイド用のビーム刃は、左右分付属します。

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

尻尾も地味に可動するよ……(*´ェ`*)

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

突撃!

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です HGガイアガンダムの比較ガンプラ画像です

HGガイアガンダムのMA形態時と比較。

HGガイアガンダムの比較ガンプラ画像です

MS形態時で比較。繰り返しになりますが、違いは「成形色」「付属シール」の2点のみです。

HGガイアガンダムの比較ガンプラ画像です

【ガンプラ】HG ガイアガンダム レビュー

 

HGのアンドリュー・バルトフェルドのガンプラ比較画像です

HGムラサメ(アンドリュー・バルトフェルド専用機)と比較。

ラゴゥといい、意外とバルトフェルドのMSって立体化に恵まれているよね……。

【ガンプラ】HG ムラサメ(アンドリュー・バルトフェルド専用機) レビュー

 

HGガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のガンプラレビュー画像です

HG ガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)の感想

ということでHG ガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)のご紹介でした。

 

MA形態に変形できるのが売りではありますが、そのおかげでMS形態時のプロポーションに影響が出てしまっているのが弱点かと思います。

また、腰をひねるとヴァジュラビームサーベルがポロリするというのもあり、可動範囲も狭いです。放送当時ものという事で仕方ない部分もありますが、これに加えて合わせ目の多さや色分けがイマイチな点も相まり、同シリーズの中ではあまり出来が良くないです。

……が、ほんとしばらく再販されていない影響でめちゃちゃプレミア化しているので、店頭で見つけたら即買い推奨かもしれません(*ノェノ;)←矛盾した事言う人

ちなみに同時期に発売されたHGカオスガンダムHGアビスガンダムは非常に出来が良いので、ガイアにコダワリがなければこちらの方がオススメだと思います↓

【ガンプラ】HG カオスガンダム レビュー
【ガンプラ】HG アビスガンダム レビュー

 

以上、「HG ガイアガンダム(アンドリュー・バルトフェルド専用機)」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る