【ガンプラ】HG プロトタイプグフ (戦術実証機) レビュー

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG プロトタイプグフ (戦術実証機)」のガンプラレビューです。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSDで設定されたプロトタイプグフ(戦術実証機)。

特徴的な試作型ヒート・ロッドやグフに繋がる三連装マシンガンが特徴的で、前腕のアタッチメントがモビルワーカー MW-01 01式後期型と互換性のあるガンプラに仕上がっています。

という事で今回は、プロトタイプグフ(戦術実証機)をサクッとご紹介!

スポンサーリンク

HG プロトタイプグフ (戦術実証機)

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です

組み上げたプロトタイプグフ(戦術実証機)がこちら。

各部ライン等の白いマーキングシールが特徴的で、グフと比べ試作機臭が漂う見た目になっています。

※今回はゲート処理+合わせ目消し+つや消しスプレーにてフィニッシュ

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です

オリジンMSD特有の雰囲気を醸し出していますね。

関節に一部オリジンザク系のパーツが使われていますが、外装は全て新規パーツになっているので流用キットとは言えないランナー構成をしていました。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です

肩アーマー等に合わせ目が出るもののパーツ分割による色分けは超優秀です。

そしてこのプロトタイプグフ、つや消しすると化ける系のキットだったので是非つや消しフィニッシュ推奨です(*´ェ`*)

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です

制式採用されたグフよりデザインが細かいのはツッコミ無しで……w

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)を下から見た足裏のガンプラレビュー画像です

オリジンのガンプラらしく足裏に肉抜きは無く、カカトが連動して動いたり細かな作りにもこだわりが見えます。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)の頭部のガンプラレビュー画像です

このウニョっとした顔がタマリマセン

細かい点ですが、モノアイが浮き出ているように見えるデザインのシールになっています。

シールとは言えのっぺりした印象にならないので素組み派モデラーさんには高得点ポイント。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のモノアイ可動のガンプラレビュー画像です

一度頭部を外し、下側のツマミを動かす事によりモノアイが可動します。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)の胴体のガンプラレビュー画像です

コックピットはクリアオレンジのパーツを使用。周辺に細かなマーキングシールを貼る感じです。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)の脚部のガンプラレビュー画像ですHGプロトタイプグフ(戦術実証機)のバックパックのガンプラレビュー画像です

バックパック。このキットの動力パイプは全て軟質プラが使用されています。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)の肩アーマーのガンプラレビュー画像です

肩アーマーは前後で合わせ目アリ。

スパイク部分は白いラインのマーキングシールを巻き付けます。これだけで見た目の情報量が増えてかっこよくなる気がする。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)の右手の肉抜きのある平手のガンプラレビュー画像です

腕部はアタッチメントパーツで交換可能になっています。

こちらは平手のマニピュレーターですが、写真のようにガッツリ肉抜きがあります。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)の試作型ヒート・ロッド基部のガンプラレビュー画像です

こちらは試作型ヒート・ロッド用の腕。

試作型ヒート・ロッドを展開しない時はこのようなカバーパーツを着けておきます。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)の三連装マシンガンのガンプラレビュー画像です

左手は三連装マシンガン。

完成版のグフは5連装になっていたので、試作機らしさが出ている部分ですね。

設定的にも関節はないので可動しません。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のシールドのガンプラレビュー画像ですHGプロトタイプグフ(戦術実証機)のシールド取り付けのガンプラレビュー画像です

シールドはこのようにマウントします。ちなみにシールド裏にはヒート・ホークの他、ヒート・サーベルをマウントできるような形状になっています。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)の試作型ヒート・ロッドのガンプラレビュー画像です

それでは試作型ヒート・ロッドを装備させてみます。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)の試作型ヒート・ロッドのガンプラレビュー画像です

軟質プラになっているおり、クネクネ曲がります。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)の試作型ヒート・ロッドのガンプラレビュー画像です

ギュアッ!

試作型ヒート・ロッドを展開するプロトタイプグフ(試作実証機)!

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です

グフより強そうだぞ!

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です

三連装マシンガンを構えるプロトタイプグフ(試作実証機)!

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のヒート・ホークのガンプラレビュー画像です

ヒート・ホークはサイドアーマーにマウント可能。

形状はオリジンのザクシリーズと同型です。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です

右手は先述した平手の他、ヒート・ホークを装備できるマニュピレータが付属します。

HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です HGプロトタイプグフ(戦術実証機)のガンプラレビュー画像です

これは渋いモビルスーツだわ……。

最近は比較的アナザー作品ばかり作っていたので、久々に硬派なデザインを味わえて楽しかった……(*´ェ`*)

HG プロトタイプグフ (戦術実証機)の感想

という事でHG プロトタイプグフ (戦術実証機)のご紹介でした。

 

ブルーの装甲に白いマーキングシールが映え、完成品グフより情報量が多いMSD特有のデザインになっています。

目立つ合わせ目は肩サイドに発生するので、ここは処理推奨。※できれば脚部側面も

可動域に関してはグフ系としては完璧だと思います。(上半身前後可動、股関節スイングギミックもあり)

 

そしてこのデザインと配色だからかわかりませんが、つや消しスプレーを吹いた時に変化の多いガンプラだと思いました。

普段パチ組みフィニッシュ派のモデラーさんも是非お試しあれ!今回使ったスプレー↓

 

このグフのバリエーションキットはプレバンでも数種類リリースされているので、好みのグフをチョイスするのがオススメです。個人的にはサンドカラーも作ってみたい……ジュル(*´ェ`*)

 

以上、「HG プロトタイプグフ (戦術実証機)」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG YMS-07 プロトタイプグフ(戦術実証機)』の在庫を見る