icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC グフ レビュー

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC グフ(REVIVE)」のガンプラレビューです。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムに登場し、ランバ・ラルやジオン一般兵が搭乗したグフをご紹介。

2016年に発売されたREVIVE版のレビューになります

新生・REVIVEの第7弾として発売されたHGUCグフですが、「くさびゲート」が採用されておりゲート跡が目立たない最新フォーマットで立体化されています。

という事で、リバイヴ版のHGUCグフを旧HGUC版などの比較画像多めでじっくり見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC グフ

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ボックスアートにはザク2体を引き連れたグフが描かれています。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールはモノアイのみで、色分けが超優秀なキットに仕上がっています。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ヒート・サーベル(右手用)」「ヒート・サーベル(左手用)」「サーベルエフェクトパーツ×2」「シールド」「ヒート・ロッド」「ハンドパーツ×4」「HGBFグフR35の余剰パーツ(ハンドパーツ含む)」

HGBFグフR35のランナーを一部使用しているため、写真以外にも余剰パーツがいくつか出ます。

旧HGUC版に付属していたザク・マシンガンMMP-78は付属しませんでした。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCグフ(REVIVE)がこちら。

「くさびゲート」なるものが採用されているため、ゲート跡(パーツの切り離し部分)が目立ちにくくなっています。

ストレート組みの素組み派モデラーさんには嬉しい仕様になっている模様。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

劇中のノスタルジーさを感じるスタイルになっていますね。

ただ足は長めで現代風のプロポーション風味も感じます。

劇中イメージと最新フォーマットのバランス取りに気をつけて立体化されているなと感じました。

グフは歴史が古いから「どう立体化するか」考えるの、すごい難しそう……w

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

意外だったのは接地性がそこまで良くない点です。

悪くはないですが、このあたりはもっと接地するかと思ってました。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

可動域。膝立ちは出来ず、上半身もそこまでまわりません。

ただ、動かし辛いデザインのグフにしては可動範囲が広くなっていると思います。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

頭部は大河原先生臭・ファーストのアニメ臭がただよっていますw

わたしは劇中再現派なので大好物ですが、このあたりは好みが分かれそうなデザインですね。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

頭部底面のツマミを動かせばモノアイが可動します。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

頭部は上下はめ込み式で合わせ目が出ますが、動力パイプのせいでほとんど目立ちません。

このあたりはHGUC量産型ザクの構造と似ています。

動力パイプを繋ぐ後頭部の○などに合わせ目は出ません。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

腹部はクリアオレンジのパーツが使われていて、かなり見栄えがいいです。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

バックパック。

動力パイプは柔らかいプラが使用されていて、曲がります。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

合わせ目は側面と、

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

上部に出ます。(頭部を取らないと目立ちません)

肩は前後にある程度可動。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ショルダー・アーマーは上部・側面に合わせ目が出ます。

トゲは一番長い上についているもののみ別パーツ化されています。

ショルダーアーマー自体ある程度可動するため、ポージングの邪魔にならない構造です。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

腕は前腕部外側に合わせ目が出ます。(細かい事を言えば肩内部ブロックにも合わせ目)

内側ヒート・ロッドまわりは合わせ目が出ないパーツ構造でした。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

右手は武器持ち手・握り手が付属。

左手は5連装75mm機関砲になっており、指は可動します。

※左手はグフR35の余剰パーツとして通常ハンドも付属

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

腰回り。フロントスカートは動き、色分けも優秀・合わせ目もありません。

股下にはスタンド穴あり。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目は段落ちモールド化されている部分が多く、合わせ目はモモ側面と

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

カカト付近の外装に出る程度。

足裏は肉抜きがありません。リバイヴって肉抜きが多いイメージでしたが、このグフに関しては変な肉抜きが無くて見栄えがいいです(*´ェ`*)

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

5連装75mm機関砲で攻撃するグフ!

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

シールドを装備させてみます。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

左手は握った状態のものが付属するため、グリップを掴んで持たせる事もできます。

また、シールド裏にはヒート・サーベル(右用・左用どちらか)をマウント可能です。

それではアクションポーズいってみます!

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

グフ、ヒート・サーベルを装備!

クリアオレンジのパーツは分厚く、かなり存在感のある見た目になっています。

こいつだけでも評価を上げたい!(>ω<)

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

戦場を駆けるグフ!

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ヒート・サーベルは左手用も付属し、ちゃんとでかい手に装備できるようになっています。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

という事で、二刀流も可能です。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

両手持ちもできます。

左手パーツもはさみこんで持たせるため、ガッチリと保持可能です。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」

いい感じ。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ヒート・ロッドは右手に装備できます。

↑のように手首付近に接続し、ハンドパーツで挟み込むためポロリの心配はありません。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ヒート・ロッドは柔らかいプラでできているため、自由に折り曲げる事ができます。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ヒート・ロッドで攻撃!

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!!!

動かすと更に魅力が増しますね(>ω<)

HGUCガンキャノンとグフのガンプラレビュー画像です

ガンキャノンを圧倒するグフ!

HGUCガンキャノンとグフのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC190 ガンキャノン レビュー

 

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ガンダムと対決!

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC RX-78-2 ガンダム (新生REVIVE版) レビュー

 

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.のグフ(右)と比較。

バージョンアニメというだけあり、ロボット魂の方がより劇中に近い気がします。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

2000年に発売された旧HGUC版のグフ(左・塗装済)と比較。

ざっくり言うと旧版がカトキハジメ氏、新版が大河原氏の風味を感じます。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

なんかバックパック白く塗ってるけど気にしないでください(*´ェ`*;)

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ドドン。16年の差があるグフガンプラの図。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

HGUCグフカスタム(右)と比較。

こう比べてみると色合いが全然違いますね。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC グフカスタム レビュー

 

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

グフとドムの中間機、HGUCイフリートと比較。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC イフリート レビュー【プレバン】

 

HGUCグフとHGグフイグナイテッド(量産機)の違い・比較ガンプラレビュー画像です

作品は変わりますが、SEEDに登場したHGグフイグナイテッドと比較。

HGUCグフとHGグフイグナイテッド(量産機)の違い・比較ガンプラレビュー画像です HGUCグフとHGグフイグナイテッド(量産機)の違い・比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG グフ イグナイテッド (量産機) レビュー

 

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ジオンのザク・ドム・グフでディスプレイ。

※左から「HGUCドム/リック・ドム」「HGUC量産型ザク」

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

EFコレクションのランバ・ラルクラウレ・ハモンとディスプレイ。

現在少しレア化しているようです。


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

ハロカプのランバ・ラルとディスプレイ。

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

このハロカプのランバ・ラル異常に出来が良いので、一緒に飾るならコイツがオススメっす(*´ェ`*)


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGUCグフ(リバイヴ版)のガンプラレビュー画像です

HGUC グフの感想

ということでHGUC グフのご紹介でした。

 

まずゲート跡があまり目立たない「くさびゲート」が採用されているので、素組派モデラーさんも作りやすく、手を加えるモデラーさんでも処理しやすいキットに仕上がっています。

とはいえ合わせ目はそこそこあり、特にショルダーアーマーとモモは目立つと思われます。

変な肉抜きが無く、接地性はそこまでではないもののグフとしての可動域は広く設計されていました。

 

グフは歴史が古いので様々なモデラーさんの好みがある機体だと思いますが、個人的には劇中に激似の頭部が非常に気に入りました。

満足じゃ……。

 

以上、「HGUC グフ」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る