スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG プロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.) レビュー【プレバン】

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)」のガンプラレビューです。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムTHE ORIGINオリジン MSDより、プロトタイプグフ機動実証機のサンドカラーVer.をご紹介。

2015年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

旧MSV版を彷彿とさせるカラーリングが成形色で再現されており、腕部・脚部はベースキットのプロトタイプグフ戦術実証機とは違い2色で構成されています。

という事で、HGプロトタイプグフ(機動実証機サンドカラーVer.)をレビューしていきたいと思います!

HG プロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

サンドカラーVer.のプロトタイプグフ(機動実証機サンドカラーVer.)さん。

内容的には一般発売されているHGプロトタイプグフ 戦術実証機のリデコキットとなりますが、同じプレバン限定の機動実証機ブルーカラーVer.との違いは成形色(+シール)のみとなります。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

マーキングシールがこちら。

「2」の数字シールや、装甲に貼るラインマークなどが付属します。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「MS用マシンガン」「ヒート・ホーク2種(バトル形態/収納形態)」「シールド」「アクションベース用ジョイントパーツ」「手首パーツ×4」

MS用マシンガンは戦術実証機には同梱しないので、機動実証機の特徴です。(他のオリジン系HGキットにも付属する事があるマシンガン)

手首パーツは左右の「武器持ち手」、右の「銃持ち手」、左の「平手」の計4つが同梱します。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGプロトタイプグフ(機動実証機サンドカラーVer.)がこちら。

名前のとおり、サンドカラーの成形色にて立体化されているよ……(*´ェ`*)

ラインマークもサンドカラー用に新調されているので、付属するシールも本キットの特徴と言えそうです。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

相変わらずの良プロポーションですね……(*_*)

2015年製のオリジン系HGという事で、今のガンプラ目線で見ても全く見劣りしないクオリティで立体化されています。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

まずはベースキットのHGプロトタイプグフ戦術実証機の腕と比較。

成形色のみならず、腕が交換できる「アタッチメントタイプ」から「ザク型の腕」に変更されているのが特徴です。

HGプロトタイプグフ(機動実証機)のブルーとサンドカラーVer.の比較ガンプラレビュー画像です

こちら(左)は同じプレバン限定の、HGプロトタイプグフ(機動実証機 ブルーカラーVer.)

機動実証機のブルーカラーVer.との違いは、成形色とシールのみです。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がります。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、上半身も前後左右と柔軟に可動するためキレイにヒザ立ち可能です。

特に腕の関節は180度近く曲がるのが特徴です。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

ただ、デザイン的に腰をひねる動作はちょい苦手です。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。このレトロ風なグフフェイスがタマリマセン……(*ノェノ)

もちろん動力パイプはグレーで色分け済みで、軟質素材ではなく通常プラ材質になっています。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。合わせ目はありません。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

底面のツマミを動かせば、モノアイが可動します。

ただ、モノアイに凸モールドはなく平たい面にシールを貼る仕様です。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

胴体は、コクピット部にクリアオレンジのパーツが使われています。

合わせ目はモールド扱いでOKそうです。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、上部から側面にかけて合わせ目あり。スパイクは別パーツです。

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

腕は「肩内部ブロック」「前腕部」に合わせ目が出ます。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

腰部から伸びた動力パイプは、ランドセルに接続されています。

メカニカルな造形でかっこいいのですが、この構造(デザイン)のおかげで腰可動は苦手となります。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

意外にも、脚部の合わせ目は少ないです。

装甲の側面一部と、足を曲げた際に露出する関節フレームパーツにのみ合わせ目が出ます。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

足の基部軸は可動式で、前後にスイング可動します。

このあたりは、さすがオリジン系HGクオリティといったところ。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはありません。

股下にスタンド穴は空いておらず、↑枠のジョイントパーツを介す事によりアクションベースに対応します。

3mm軸タイプのスタンドには対応していませんが、リアアーマーに3mm穴が空いているのでその穴で代用できると思います。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

プロトタイプグフ機動実証機サンドカラーVer.、出撃!

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

シールドは、基部で360度ロール回転します。

裏側には、収縮した状態のヒート・ホークをマウントできます。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

MS用マシンガンがこちら。戦術実証機から変更された特徴の一つです。

マシンガン持ち手は、右のみ付属します。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

MS用マシンガンをぶっ放すプロトタイプグフ機動実証機!

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

キレイにヒザを着く事ができるので、ポージングがうなります。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

左のみ平手が付属するよ!

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

MS用マシンガンのフォアグリップは可動し、

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

ヒート・ホーク(バトル形態)がこちら。

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

襲いかかるプロトタイプグフ機動実証機!

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

フル装備でパシャリ。

HGプロトタイプグフ戦術実証機と機動実証機の比較ガンプラレビュー画像です

HGプロトタイプグフ 戦術実証機(左)、HGプロトタイプグフ(機動実証機ブルーカラーVer.)(中央)と比較。

違いは成形色のほか、武装と腕まわりです。

繰り返しになりますが、ブルーカラーVer.とサンドカラーVer.の違いは成形色(+シール)のみです。

HGプロトタイプグフ戦術実証機と機動実証機の比較ガンプラレビュー画像です HGプロトタイプグフ戦術実証機と機動実証機の比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG プロトタイプグフ 戦術実証機 レビュー
【ガンプラ】HG プロトタイプグフ(機動実証機 ブルーカラーVer.) レビュー【プレバン】

 

HGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のガンプラレビュー画像です

HG プロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)の感想

ということでHGプロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)のご紹介でした。

 

ブルーカラーVer.の感想とかぶりますが、一般発売の戦術実証機との違いは「腕」「武装」「成形色」「シール」のみでそこまで変化は大きくありません。

他のオリジン系HGから「ザクの腕」「MS用マシンガン」を移植してフル塗装すれば機動実証機を再現する事ができそうですが、装甲に貼るラインシールは本キット特有になるので塗装派モデラーさんもシールの有無にはご注意を。

ガンプラ自体の総評としては、ベースキットの時点で高クオリティで立体化されているため弱点という弱点もなく、現代風ガンプラを感じる内容になっています。

誰にでもオススメだよ!

 

以上、「HG プロトタイプグフ(機動実証機 サンドカラーVer.)」のガンプラレビューでした!

iconicon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る