スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGUC ガンキャノン量産型 レビュー

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC ガンキャノン量産型」のガンプラレビューです。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争に登場するガンキャノン量産型をご紹介。

17年前の2004年に発売したHGUCになります。

かなり昔のキットですが、売りである240mmキャノン砲は伸縮ギミックを搭載し前方へ可動します。

それではナンバー44という事で初期HGUCに分類されると思うガンキャノン量産型を、今のガンプラ基準で見るとどんな出来かじっくりレビューしてみたいと思います!

HGUC ガンキャノン量産型

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

ポケットの中の戦争にて、スカーレット隊に配備されていたガンキャノン量産型さん。

ケンプファーに瞬殺され一瞬で退場したモビルスーツまでキット化してくれるバンダイさんには頭が下がるぞ……(*´ェ`*)

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

組み立て書とシール。

ある程度色分けされているランナー3枚+ポリキャップの構成で、パーツ数が少なくとてもシンプルな内容になっています。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

基本的な色分けはパーツ単位でできていますが、ちょいちょい色が足りない箇所があります。※後述

足裏の接地性がそこそこ良いため、立ち姿がバシッと決まります。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

組む前は古いキットだと思い舐めてましたが、ガンキャノンらしいがっちりとしたプロポーションがかっこよく劇中再現度が高いと思います。

惜しむべきは目がクリアパーツではなく、一面をシールで補うところでしょうか。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

細かく後述しますが、目立つ箇所に合わせ目が出るため完全素組み派モデラーさんは満足いかないかもしれません。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

可動域は狭いですが、思ったほど悪くはないです。

腕は水平まで上がり、上半身は360度回転します。

膝があまり曲がらないのが弱点といったところ。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

額のイエロー部と目のグリーン部はシールで補います。

頭部は左右はめこみ式なので、

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

中央に合わせ目が出ます。

側面の丸部分は要塗装です。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

胴体は装甲レッド、胸のダクトのイエロー、コクピットハッチ~腰まわりのグレーと色分けが完璧です。

胴体側面には合わせ目が出ます。

また、今のガンプラほどパーツの合いが良くないため隙間が空きやすいです。

※個体差の可能性もあり

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

胴体、ショルダーアーマーは上部に合わせ目が出ます。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーの丸い凹みは組み立て書のイラストで穴になっていたので、改造派モデラーさんは穴を開けてみてもいいかもしれませんね。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

二の腕は筒状1パーツで、前腕部には合わせ目あり。

腕は元デザインの配色がシンプルなこともあり、色分けが完璧です。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

フロントアーマーは中央で切り離せば独立可動します。

イエロー部はシールで補いますが、股下のスタビライズド・ギア(グレー部)は別パーツで色分けされています。

バーニア内はイエローで要塗装です。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

脚は目立つ箇所に合わせ目が出ます。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

膝、ふくらはぎ、かかと付近にも合わせ目。

このあたりは最近のキットのように段落ちモールド化されていないのでご注意。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

足裏バーニアにも合わせ目。

ただ、肉抜きが無いため最近のHGより秀でています。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

ランドセルは合わせ目が出ません。

組み立て書基準だと「イエロー部中央」「スラスター内」はグレー、「バーニア内側」はイエローで要塗装です。

それではガンキャノン量産型の武装を見ていきます!

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

240mmキャノン砲は砲口を引き上げ、前へ倒せます。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

240mmキャノン砲で砲撃するガンキャノン量産型!

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

股下にスタンド用の穴はありませんが、浮かせるとかっこいいです……(*´ェ`*)

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

ガンキャノン的な撃ち方もできます。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

上半身が反り上がる可動ギミックはありませんが、それっぽいポージングはできる模様。

平手が欲しくなってきますね……(>ω<)

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

手持ち武器はブルパップ・マシンガン1つが付属。

ここはいつもの左右はめ込み式で合わせ目が出ます。

※銃口パーツと合わせシンプルな3パーツ構造

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

ブルパップ・マシンガンで撃ちまくるガンキャノン量産型!

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

カッコエエ……(^q^)

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

正直可動域は狭いのですが、なんといいますか触っていて「ガンキャノン的な動きには困らない」印象です。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

普通にかっこいいポーズが決まるぞ……(*´ェ`*)

スカーレット隊のガンプラレビュー画像です

スカーレット隊、発進!

グレイファントムから出撃するエリート部隊!

ジム・スナイパーII、ジム・コマンド、ガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

スカーレット隊のHGUCジム・スナイパーIIHGUCジム・コマンドとディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC ジム・スナイパーII レビュー
【ガンプラ】HGUC ジム・コマンド レビュー

 

HGジム&ガンキャノン量産型(ホワイト・ディンゴ隊仕様)のガンプラレビュー画像です

HGUCガンキャノン量産型(ホワイト・ディンゴ隊仕様)と比較。

【ガンプラ】HGUC ジム&ガンキャノン量産型(ホワイト・ディンゴ隊仕様) レビュー【プレバン】

 

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

HGUC ガンキャノン量産型 ネメシス隊仕様(塗装品)と比較。

武器を100mmマシンガンに変え、塗装してコミック「オレら連邦愚連隊」に登場するネメシス隊仕様を作ってみました。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

オリジナルカラーで仕上げても面白そうですね。

合わせ目を消して塗装するだけで見た目が爆上がりするキットだと思います。

HGUCガンキャノン量産型のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ改造】HGUC ガンキャノン量産型(ネメシス隊仕様)

 

HGUCガンキャノンと量産型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUCガンキャノン(新しい方)と比較。

HGUCガンキャノンと量産型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC190 ガンキャノン レビュー

 

HGUC ガンキャノン量産型の感想

ということでHGUC ガンキャノン量産型のご紹介でした。

 

「頭部・ショルダーアーマー・前腕部・脚」と目立つ箇所に合わせ目がありまくるため、今のガンプラ基準で見ると「ある程度いじる前提のキット」といえそうです。

ただ、初期HGUCの利点として関節ランナーにABS樹脂が使われていません。

装甲部分含めランナーは全て通常プラ材質で出来ており、合わせ目消しや塗装が容易にできるいじりやすいキットになっています。

 

可動域は狭いものの、先述したようにガンキャノン的ポージングには困りませんでした。

というか普通にかっこよくポージングできた気がします(*´ェ`*)

ディテールやモールドは少なくシンプルな造形になっていますが、再現度の高いプロポーションは今の目で見てもかっこいいと思いますぞ。

 

以上、「HGUC ガンキャノン量産型」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
新品『HGUC ガンキャノン量産型』の在庫を見る
中古『HGUC ガンキャノン量産型』の在庫を見る