【ガンプラ】HGUC ガンダムピクシー レビュー【プレバン】

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ガンダムピクシー」のガンプラレビューです。

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079に登場し、ボルク・クライが搭乗したガンダムピクシーがプレミアム・バンダイ限定で初キット化されました。

原作は1995年に発売されたスーパーファミコンのゲームソフトという事で、奇跡のキット化になります。

最新フォーマットであるHGUC陸戦型ジムの関節を一部使っており、外装はなんと全て新規造形になります。

今回はそんなバンダイさんどうしちゃったの的キットをガッツリとご紹介します!

スポンサーリンク

HGUC ガンダムピクシー

HGUCガンダムピクシーのボックスアート画像です

ついに発売されたHGUCガンダムピクシー。

HGUC陸戦型ジムの関節ランナーが同梱しますが、武装・外装・特徴的なビームエフェクトパーツが全て新規なので、流用キットとは言えない豪華な内容になっています。

HGUCガンダムピクシーの組み立て書とシールの画像です

いつものプレバン白黒組み立て書とシール、それにザクレロのエンブレムに酷似したハート型のマーキングシールが付属します。

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCガンダムピクシーがこちらになります。

※今回は完全素組みです

実はワタクシ、ガンダムピクシー大好きで陸戦型ガンダム、ヘイズル、フォースインパルスのパーツを集めてミキシングしようとした事がありますが挫折した過去がございます(*´ェ`*)

ガンダムピクシー改造を断念したパーツの画像です

↑結局完成には至らなかったピクシーさん。「ピクシー」という手書きシールが切なさをかもしだしている。という事で、今回のキット化は声が出るほど興奮したのだ……。

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

プロポーションがマッシブで手足一部のカラーリングが薄いパープルになっています。

大河原先生のデザイン画を少し現代風にしたようなシルエットになっているのではないでしょうか。

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像ですHGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

当時の地球圏最速って設定が激熱です。ハァハァ……

武装はいずれも近距離戦を考慮したようなビーム・ダガー、90mmサブマシンガンのみ男のロマンが詰まっているぞ……。

HGUCガンダムピクシーの可動域のガンプラレビュー画像です

腕は水平以上、開脚も真横まで動きます。立ち膝もできますがデザイン上腰はそこまで回転しません。

同じ関節を使っているだけあり、可動範囲はHGUC陸戦型ガンダム(新)と同じと思っていいと思います。

HGUCガンダムピクシーの頭部のガンプラレビュー画像です

ガンダムピクシーの頭部。柔道部に入ったストライクみたいな顔……(*´ェ`*)

そしてお気付きの方もいると思いますが、組んでる時あまりに興奮してアンテナを折ったので修理していますw

こんなミスしたの久々だわ……どんだけ興奮してんだよ……

HGUCガンダムピクシーの頭部側面と後頭部のガンプラレビュー画像です

頭部は左右挟み込み構造なので後ろ側に合わせ目が出ます。

上部は別パーツを上からかぶせる形なので合わせ目は出ません。

頬の左右にあるグレーやグリーン部分はシールで補います。

HGUCガンダムピクシーの胴体のガンプラレビュー画像です

先述したように胴体がHGUC陸戦型ガンダム的構造をしており、パーツ分割による色分けが優秀で、

HGUCガンダムピクシーの胴体前後可動のガンプラレビュー画像です

上半身は多少前後に可動します。

HGUCガンダムピクシーの肩のハートマークとバックパックのガンプラレビュー画像です

ガンダムピクシーのアイデンティティーであるハート型のマーキングシールがいい感じですね。

シンプルなバックパックのスラスターも色分けされています。

HGUCガンダムピクシーのシール部分と肩の合わせ目のガンプラレビュー画像です

襟付近のパープル部分はシールで補います。合わせ目は胴体(青い部分)の上部・側面に出ます。

肩の上部にも合わせ目が出ますが、ここはそこまで目立たない配置になっています。

HGUCガンダムピクシーの肩の前後可動と腕組みのガンプラレビュー画像です

胴体内部ポリキャップが前方に突き出るので、かなり前方まで肩が可動します。

写真のように腕組みだって余裕。

HGUCガンダムピクシーの腕部とシールのガンプラレビュー画像です

腕は合わせ目なし設計。肘付近の白い三角はシールで補います。

肘関節の可動域が素晴らしい。

HGUCガンダムピクシーのフロントアーマーと腰サイドのガンプラレビュー画像です

サイドアーマー両側にはビーム・ダガーの柄がマウントされています。

引き抜いてもアーマー内部がちゃんと造形されているので見栄えがいいです。

HGUCガンダムピクシーの90mmサブ・マシンガンのマウント位置の画像です

リアアーマーには90mmサブマシンガンをマウントできます。

サブマシンガン凸部分をはめこむだけのシンプルな構造で、接続強度は及第点といった感じ。そこまでポロリしませんでした。

HGUCガンダムピクシーの脚部と足裏の肉抜きのガンプラレビュー画像です

足裏の肉抜きは少なく、ほぼ無いといってもいいぐらいです。

オリジン以外の最近のHGは足裏の肉抜きが多いのでここは高得点。

HGUCガンダムピクシーの脚部の合わせ目のガンプラレビュー画像です

ちなみに脚部も合わせ目無し構造です。

ふとももは前後はめこみ式で段差が出ます。ふくらはぎは段落ちモールドのようになっているので合わせ目が出ません。

HGUCガンダムピクシーのアンクルガードのガンプラレビュー画像です

アンクルガードも合わせ目なし。

というかこのガンダムピクシー、合わせ目に関してはとんでもなく優秀です。

HGUCガンダムピクシーのつま先可動のガンプラレビュー画像です

つま先は可動します。

アンクルガード上の脚先端グレー部分はシールで補います。

HGUCガンダムピクシーのビーム・ダガー引き出しのガンプラレビュー画像です

それではビーム・ダガーを装備させてみます。

HGUCガンダムピクシーのビーム・ダガーのガンプラレビュー画像です

ガンダムピクシー、ビーム・ダガーを抜刀!

ゲームデザイナーの神谷春輝氏いわく、モチーフは忍者との事。

HGUCガンダムピクシーのビーム・ダガーのガンプラレビュー画像です

このピクシー、アクションベースでポージングすると更にかっこよくなる印象です。

HGUCガンダムピクシーのビーム・ダガーのガンプラレビュー画像です ビーム・ダガーのビームエフェクトパーツのガンプラレビュー画像です

ビーム・ダガー用のビームエフェクトパーツは通常用と斬撃用のものが付属。

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

斬撃用ビームエフェクトパーツをつけてみました。

うぐっ……

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

斬撃エフェクトの形状が躍動感に溢れていますね。

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

お次は90mmサブ・マシンガンを装備させてみます。

HGUCガンダムピクシーの90mmサブ/マシンガンの画像です

90mmサブ・マシンガンは新規造形で合わせ目アリ。

HGUCガンダムピクシーの90mmサブ/マシンガンの画像です

外伝系ならではのポーズがガンガン決まります。

ゲームや漫画原作の宇宙世紀作品って独特の魅力があるよね。

HGUCガンダムピクシーの90mmサブ/マシンガンの画像です HGUCガンダムピクシーの90mmサブ/マシンガンの画像です HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

90mmサブ・マシンガンとビーム・ダガーで。

HGUCガンダムピクシーのサブマシンガン組み換えのガンプラレビュー画像です

90mmサブ・マシンガンは構造が特殊で、トリガーに指をかけた専用のハンドパーツが左右付属します。

そして写真のように「リアアーマーにマウントする用」「サブマシンガン形態用」「銃剣用」と三種類に組み換えが可能となっています。

今回特に感じたのは、このトリガーに指をかけた固定ハンドパーツの発想はすごく良いのではないかという点。

今までは武器を持ち替えるたびいちいち指パーツを外し、持たせてもポロリする事がありました。

更に最近ではトリガー形状自体が省略されていたり本末転倒な事も起きていて、どうにもスッキリしない部分でしたが今後は是非この仕様でいってもらいたいと思いますぞ……。

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

90mmサブ・マシンガン+ビーム・ダガーの銃剣形態。

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です HGUCイフリートとガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

宿敵、イフリート現る!

HGUCイフリートとガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

ドマイナー機体で殺し合うピクシーとイフリート!

HGUCイフリートとガンダムピクシーのガンプラ比較画像です

HGUCイフリートと比較。

HGUCイフリートとガンダムピクシーのガンプラ比較画像です

こんなモビルスーツをリリースしてくれるとは、幸せな時代だ……(*´ェ`*)

【ガンプラ】HGUC イフリート レビュー【プレバン】

HGUCガンダムピクシーのガンプラレビュー画像です

HGUC ガンダムピクシーの感想

という事でHGUC ガンダムピクシーのご紹介でした。

 

色分けは優秀で「顔横ダクト・襟付近・前脚の膝下」等シールで補う箇所も部分塗装しやすい箇所なので塗装派モデラーさんにも親切設計。

 

合わせ目に関しては後頭部、胴体(青部分)、肩上、90mmサブ・マシンガンのみであまり目立つ箇所にはない印象です。

 

特に良いところは可動域が優秀斬撃のビームエフェクト形状に躍動感があり、先述した通りサブ・マシンガンまわりが楽に組み換え可能なので武器の持ち替えが容易にできストレスフリーな点。

 

ピクシーをデザインした大河原先生のマッシブなプロポーションに、現代風のスタイリッシュさを加味したようなデザインが好きなら間違いなくオススメ。

 

 

オレら連邦愚連隊で登場したコルテス中尉のグリーンピクシーやミッシングリンクで登場したフレッドのスレイヴ・レイスカラーも是非発売して欲しいですね。

 

以上、「HGUC ガンダムピクシー」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC RX-78XX ガンダムピクシー』の在庫を見る