icon
iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムスローネ ドライ レビュー

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムスローネドライ」のガンプラレビューです。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00ダブルオーに登場し、ネーナ・トリニティが搭乗するガンダムスローネドライをご紹介。

2008年発売。

スローネシリーズのランナーを使用しつつ、他タイプには付属しない「頭部」や「GNシールド」「GNシールドポッド」が付属

GNステルスフィールドが再現できるほか、HGガンダムスローネアインと接続できるエネルギーチューブも付属します。

という事で、HGガンダムスローネドライをアインとの連結状態を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ガンダムスローネ ドライ

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

サポート機能に特化したスローネシリーズの3号機、ガンダムスローネドライ。

スローネ系の共通ランナーを使用しつつ、ドライ独特のパーツが付属する内容になっています。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

ガンダムマイスターはトリニティ3兄弟の末っ子、くぎゅネーナ・トリニティ。

ご存知、限定的ながらヴェーダへのアクセス権を持つデザインベイビーです。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは広範囲を補うものが付属。

特にGNシールドとシールドポッドなどに貼るホワイトが中心となります。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムスローネドライがこちら。

本体はほとんど(※)スローネ系共通の成形色違いですが、頭部や両肩に装備しているシールド類やバックパックが変更されています。

※ツヴァイのみ脚の付け根付近のパーツがGNファングを取り付けられるタイプに変更されています

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

11年前に発売されたキットながら、ご覧の通りスタイル良好で接地性も悪くありません(*´ェ`*)

弱点は「肩まわりの可動」と「シールが多い」点ぐらいだと思いますぞ。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

↑枠内が、他スローネには付属しないスローネドライ特有のパーツになります。

「頭部」「右肩のGNシールドポッド」「左側のGNシールド」と、

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

「バックパック」の4点です。

※右腕に装備しているGNハンドガンは、HGガンダムスローネツヴァイにも成形色違いが付属します

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

腕は水平以上上がり、開脚範囲も広いです。

肩は軸接続、脚はボールジョイント接続です。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度まで、膝関節は90度以上曲がります。

一見可動域が広いように見えますが、

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

肩のアーム部分が胴体フレームと一体化されており、前後に肩を動かす事ができません。

また、肩の上に乗っているGNビームサーベルがバックパックに干渉したりするので、肩まわりは柔軟に可動せずといった感じです。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

スローネドライ独特の頭部。

ツインアイはシールですが、頬左右のくぼみは黄色で要塗装となります。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。頭頂部の後ろの方に合わせ目が出ます。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。胸のダクトは色分けされており、中央はクリアパーツが使用されていて豪華な見た目になっています。(奥に光沢感のあるパープルのシールを貼る仕様です)

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

腰側面に一部合わせ目が出ます。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

バックパックは折りたたむ事ができます。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

右肩のGNシールドポッドの白い部分は全てシールで補います。

基部で回転、裏側には肉抜きのようなものがあります。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

ここはある程度可動します。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

左肩のGNシールドも可動し、

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

基部でロール回転します。裏側は茶色いパーツで色分けされており、モールドも刻まれています。

ただ、表面の白い部分は全てシールで補う感じです。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

腕は肩内部ブロック(白いパーツ)と前腕部に合わせ目が出ますが、

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

GNハンドガンを装備すれば合わせ目が見えなくなります。

※GNハンドガンは左右どちらにも装備できます

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

腰回り。フロントアーマーは可動します。股下のカバーを外せばアクションベース用の3mmジョイント穴が露出します。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

脚部の赤い外装は段落ちモールド化されていますが、関節パーツと足首の内部パーツ(ベージュ部分)には合わせ目が出ます。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

モモ側面と後ろ側にも合わせ目あり。ただ、思った程量は多くないです。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

足首まわりが独特のデザインで、前後に可動します。

足裏は肉抜きこそないものの合わせ目あり。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

ガンダムスローネドライ、出撃!

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

それでは武器やギミックを見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

ジャキッ

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

GNハンドガンで攻撃!

GNハンドガンはスローネツヴァイの色違いが付属します。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

美しい……(>ω<;)

ほんと良く出来たスタイルだわ……。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

GNシールドで防御するネーナさん。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像ですHGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

「死んじゃえばいいよ」

絶許シーンを再現!

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

両肩の上にマウントされているGNビームサーベルは引き抜く事ができます。

※ここはスローネ系共通部分

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

このキットにはサーベルエフェクトパーツが同梱しないため、他キットから持ってくる必要アリです。

※HGガンダムヴァーチェから持ってきました

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

斬りかかるネーナ!

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

それではGNステルスフィールドを展開させてみます。

まずはGNシールド表面を↑のパーツに差し替え、

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

バックパックを展開させます。

中にモールドが造形されていますが、赤一色でシールも付属しないため茶色で要塗装となります。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

あとはバックパックを上げれば、

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

GNステルスフィールド展開完了です。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

「いっけぇ!ステルスフィールドッ!!!」

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

HGガンダムスローネアインにエネルギーチューブを連結させてみます。

GNハンドガンのカバーを開き、エネルギーチューブのパーツを取り付けたあと

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

カバーを閉じます。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

スローネアインに接続し、

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

GNランチャーのグリップをつかめば……

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

GNメガランチャー発射状態が再現できます。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

エネルギーチューブはスローネアインのバックパックの左右どちらとも接続できるので、ツヴァイがあれば3兄弟で連結させる事もできます。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

ツヴァイもあればよかったのですが、いくら探しても見つからないため見つけ次第写真を撮り直しますw(*ノェノ)

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

にぃにぃと連結するネーナさんの図。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

HGIF ガシャポン×ニュータイプのネーナとディスプレイ。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

DXヒロインフィギュアのネーナと。

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGガンダムスローネドライのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムスローネ ドライの感想

ということでHG ガンダムスローネドライのご紹介でした。

 

本体はほぼスローネ系共通ランナーを使用しているため、肩まわりが柔軟に可動せずシール多めなのが弱点といったところ。(特に肩可動)

ドライ特有の感想としては、GNステルスフィールド展開状態が再現できたりアインとの連結ギミックを搭載している点など、遊びの幅が広いガンプラに仕上がっていると思います。

プロポーションは今のガンプラ目線で見てもめちゃめちゃかっこいいので、色の足りないところやシール部分を塗装するだけで相当かっこよくなると思うぞ!

 

以上、「HG ガンダムスローネドライ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る