スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムスローネアイン レビュー

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムスローネアイン」のガンプラレビューです。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00に登場し、ヨハン・トリニティが搭乗するガンダムスローネアインをご紹介。

2008年発売。

HGスローネ系の色違いランナーを使いつつ、アイン特有のGNランチャーGNビームライフルなどが同梱します。

スローネツヴァイ・ドライとドッキングさせれば、GNメガランチャー/GNハイメガランチャーの発射状態も再現可能。

という事で、HGガンダムスローネアインをレビューしていきたいと思います!

HG ガンダムスローネアイン

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

トリニティのリーダー機で、ガンダムスローネの1号機・スローネアインさん。

ハイパワー長距離砲撃を得意とする機体で、GNドライヴ[T](擬似太陽炉)搭載型のガンダムタイプとなります。

ガンプラ的には、色違いのスローネ系共通ランナーを使いつつ、アイン特有の頭部・武装などが同梱する内容となります。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはトリニティの長男、ヨハン・トリニティさんが記載。

遺伝子操作によって作られたデザインベイビーで、ソレスタルビーイングのセカンドチームに属するガンダムマイスターになります。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

ツインアイをはじめ、細かなピンク・ホワイト部などを補うものが付属します。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「GNビームライフル」「GNランチャー」「GNビームサーベル×2」

手首パーツは通常の武器持ち手2つのみが同梱し、GNビームサーベルのサーベル刃のエフェクトパーツは付属しません。(他から持ってくれば対応可能)

GNビームライフル、GNランチャーともにスローネアイン専用のものが付属するのが特徴です。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムスローネアインがこちら。

アインの特徴である、赤みがかった黒を基調とした渋い成形色で立体化されています。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

2008年製とは思えない良プロポーションで立体化されていますね(*_*;)

色の足りないところや合わせ目はそれなりに多いですが、今のガンプラ目線でも通用する劇中再現度の高い姿が再現されています。

本体は他スローネタイプと共通の部分が多いですが、頭部をはじめ左肩のGNシールド・背部ラッチなどがアイン独特の形になっています。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

そしてバックパックの右側に装備された巨大砲、GNランチャーが本キット最大の特徴です。

それでは各部細かく見ていきます!

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこ広く、手足は大きく広がります。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度ほど曲がります。

ただ、足長なデザイン的にキレイなヒザ立ちは不可です。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

腰をひねる事ができるので、真横を向かせる事ができます。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナは別パーツ化されており、イエローで色分け済み。

アンテナ先端には安全フラッグがあります。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。前に突き出たトサカパーツが特徴です。

意外な事に、合わせ目はありません。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。腰部フレームは前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

胴体中央のレンズには、無色のクリアパーツが使われています。

奥に光沢感のある紫のシールを貼るため、キラキラしていてキレイです(*´ェ`*)

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

肩の上部にはGNビームサーベルをマウントしており、着脱可能です。

また、左肩にはアイン特有の形をしたGNシールドを装備しています。

表面の色は、ホイルシールを使って再現します。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

GNシールドは、バックパックとケーブルで繋がれています。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

バックパックの右側には、GNランチャーを装備。ここもアイン特有の部分です。

GNランチャーとの接続パーツは、目立つ肉抜きがあります。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

腕部は「肩内部ブロック」「前腕部(後ろ側)」に合わせ目が出ます。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

腰部。フロントアーマーのピンク部分は、ホイルシールで色を補います。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

脚部は「モモ側面」「関節パーツ」「足首付近のフレームパーツ」に合わせ目が出ます。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはありませんが、左右はめ込み式のため一直線に合わせ目あり。

股間軸は可動式で、底面のカバーを外せばスタンド用の3mm穴が露出します。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

「ラグナからミッションプランが届いた。作戦を決行する」

ガンダムスローネアイン、出撃!

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

アイン専用の手持ち火器、GNビームライフルがこちら。

一部白いシールが付属しますが、機関部の下部(グリップを握っているところ周辺)は、グレーで要塗装です。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

前から。紫のシールも使われています。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

「撃ち落とす!」

GNビームライフルをぶっ放すスローネアイン!

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

可動域が広いので、ハッタリの効いたポーズがガンガン決まります。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

「世界に見せつける必要がある!我々の力を!」

……大変カッコヨイです(*ノェノ)

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

肩にマウントされたGNビームサーベルは着脱でき、手に持たせる事ができますが本キットにはサーベル刃のエフェクトパーツは同梱しません

他から合うタイプのものを持ってくれば、取り付ける事ができます。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

GNビームサーベルを展開!

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

GNランチャーは、前方へ向ける事ができます。

砲身は、折りたたんだ状態でも発射可能です。(砲口が見えます)

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

GNランチャー、発射!

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像ですHGオーバーフラッグのガンプラレビュー画像です

「やはり新型か!」

グラハム現る!

HGオーバーフラッグのガンプラレビュー画像です

「やるなっ!」

HGオーバーフラッグのガンプラレビュー画像です

「今日の私は…」

HGオーバーフラッグのガンプラレビュー画像です

「阿修羅すら凌駕する存在だ!!」

スローネアインかっこいいのに、見せ場ほぼない……w(*ノェノ;)

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

それでは別売りのHGガンダムスローネツヴァイとドライを使い、GNハイメガランチャー発射態勢にさせてみます。

GNランチャーを各部展開させ、グリップを引き出します。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

砲身を前へ展開し、

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

GNビームライフルと接続。

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

バックパックのカバーを開き、

HGガンダムスローネシリーズの接続ギミックのガンプラ画像です

ツヴァイ/ドライとリード線を繋ぎます。(リード線はツヴァイ/ドライの方に付属)

HGガンダムスローネシリーズの接続ギミックのガンプラ画像です

「ドッキングだ。一撃で薙ぎ払う」

GNハイメガランチャー発射モールドの完成です。

※ちなみに二機のモードがGNメガランチャー、三機によるフルパワーがGNハイメガランチャーと呼ばれます

HGガンダムスローネシリーズの接続ギミックのガンプラ画像ですHGガンダムスローネシリーズの接続ギミックのガンプラ画像です HGガンダムスローネシリーズの接続ギミックのガンプラ画像ですHGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

HGガンダムスローネアイン、ツヴァイ、ドライを比較。

色替えの共通ランナーは多いですが、それぞれで頭部や武装などが変化しているのが特徴です。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

後ろから。スローネアインは、その渋いカラーリングとGNランチャーがアイデンティティといったところです。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

頭部を比較。

トサカなどが変化しており、ドライに至っては独特のデザインをしているのが見て取れます。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

右側の武装を比較。

アインはGNランチャー、ツヴァイはGNバスターソード、ドライはGNシールドポッドを装備しています。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

左側を比較。

アインとドライはそれぞれ形状違いのGNシールドを、ツヴァイは前腕部にGNハンドガンを装備しているのが特徴です。(GNハンドガンはドライの右腕にも装備されています)

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

背部を比較。ラッチパーツなどが変化しています。

特にドライは、GNステルスフィールドを発生できるバックパックを装備しています。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

あなたはどのスローネが好みかな……?

【ガンプラ】HG ガンダムスローネツヴァイ レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムスローネドライ レビュー

 

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

↑で使っているアクションベース 2のスパークルレッドは、スローネ系のガンプラにドンピシャなのでこちらもオススメだよ!

 

HGガンダムスローネアインのガンプラレビュー画像です

「私達は私達のやり方で、この世界に変革をもたらす…!」

HG ガンダムスローネアインの感想

ということでHGガンダムスローネアインのご紹介でした。

 

肩の前後可動こそ苦手なものの、それなりに動くのでハッタリの効いたかっこいいポーズで展示できます。

また、13年前に発売されたHGながら劇中再現度の高いプロポーションで立体化されているのが一番の長所で間違いないでしょう(*_*)

ツヴァイ、ドライとのドッキングギミックを搭載しているので、遊びの幅も広い良ガンプラに仕上がっているよ!

 

以上、「HG ガンダムスローネアイン」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る