スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムスローネツヴァイ レビュー

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムスローネツヴァイ」のガンプラレビューです。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00ダブルオーに登場し、ミハエル・トリニティが搭乗するガンダムスローネツヴァイをご紹介。

2008年発売。

肩部のGNバスターソードは着脱可能で、刀身の伸縮ギミックを再現。

他スローネタイプには搭載されていない「GNファング」も搭載された特徴的なガンダムに仕上がっています。

という事で、HGガンダムスローネツヴァイをレビューしていきたいと思います!

HG ガンダムスローネツヴァイ

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

ソレスタルビーイングのセカンドチームが使用するスローネシリーズの2号機、ガンダムスローネツヴァイさん。

Tタウ」と呼ばれるGNドライヴが搭載された、巨大なGNバスターソード/GNファングが装備されたガンダムタイプとなります。

ガンプラ的にはアインやドライの色違い共通ランナーを使いつつ、ツヴァイの特徴的な頭部や武装などが同梱する内容となっています。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはミハエル・トリニティが記載。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

量は多いですが、シールを使っても色が足りない箇所は多数あります。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「GNバスターソード」「GNハンドガン」「GNビームサーベル×2」「接続用パーツ」

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムスローネツヴァイがこちら。

他タイプとは違い、明るいオレンジの機体カラーになっていて「頭部」「GNバスターソード」「GNファング」などが新規造形になっています。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

2008年製のガンプラながら、かなり劇中再現度の高いプロポーションで再現されており、ご覧の通り接地性も優秀です。

合わせ目の量はそこそこありますが、今のガンプラ目線でも通用するスタイルで立体化されているぞ……(*_*)

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

可動域から。手足は大きく広がります。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がりますが、デザイン的にヒザ立ちはちょい無理が出ます。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。ツインアイやトサカ中央はシールが付属しますが、頬は要塗装です。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。合わせ目はありません。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。画像では見えませんが、腰部側面には合わせ目アリです。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

中央のレンズは無色のクリアパーツが使われており、キレイな見た目になっています。(中にパープルのシールを貼る使用)

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

右肩をアップで。上部にはGNビームサーベルを装備しており、着脱可能です。

側面にはGNバスターソードをマウント。軸接続で、ロール回転します。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

腕は「肩内部ブロック」「前腕部」に合わせ目があります。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

左腕にはGNハンドガンを装備。一応、右腕にも装着可能です。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

腰部、背部をアップで。フロントアーマーのラインはシールで色を補いますが、左右とも可動します。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

モモの外側にはGNファングを装備。

ここの色分けは甘いので、イエロー・グレー部分は要塗装となります。裏側には目立つ肉抜きアリ。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

脚部は「モモ」「関節フレーム」「足首パーツフレーム」に合わせ目が出ます。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

足裏も一直線に合わせ目が出ます。

股関節は可動式で、底面のカバーを外せばスタンド用の3mm穴が露出します。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

「トリニティの強さ、見せてやんよ!」

ガンダムスローネツヴァイ、出撃!

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

GNハンドガンで攻撃!

腰をひねる動作が得意なので、かっこいいポーズが決まります。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

「撃ち殺す!」

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

GNバスターソードは、刀身を引き出す事ができます。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

「なーに、すぐ済むさ。…破壊して、蹂躙じゅうりんして、殲滅せんめつしてやる!」

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

グリップは、両手でつかむ事ができます。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

GNビームサーベルを装備させる事もできますが、サーベル刃は同梱しないためご注意を。

※HGガンダムヴァーチェから持ってきました

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

GNビームサーベルを構えるスローネツヴァイ!

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

アクションベース 2のスパークルレッドにディスプレイ。

まさにスローネシリーズにドンピシャなアクションベースカラーになっているので、こちらもオススメだよ……(*´ェ`*)

 

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

それではガンダムスローネアインとの連結ギミックを再現してみます。

GNハンドガンを開き、エネルギーチューブを装着。

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

ガンダムスローネアインの背部と接続します。

HGガンダムスローネシリーズの接続ギミックのガンプラ画像です

ガンダムスローネドライも、あわせて接続できるぞ!

HGガンダムスローネシリーズの接続ギミックのガンプラ画像です

という事で、3機によるフルパワー状態のGNハイメガランチャーを再現。

HGガンダムスローネシリーズの接続ギミックのガンプラ画像です

いい感じ……(*´ェ`*)

HGガンダムスローネシリーズの接続ギミックのガンプラ画像です HGガンダムスローネシリーズの接続ギミックのガンプラ画像です HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

HGガンダムスローネアイン(左)、HGガンダムスローネドライ(右)とディスプレイ。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

ここからはアップで比較していきます。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

頭部を比較。

それぞれで形状が違います。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

右肩と搭載武装を比較。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

左肩を比較。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

背部を比較。

HGガンダムスローネシリーズの比較ガンプラ画像です

それぞれで特徴があるので、3機買いもオススメだよ……(*´ェ`*)

【ガンプラ】HG ガンダムスローネドライ レビュー

 

HGガンダムスローネツヴァイとアルケーガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGアルケーガンダムと全身を比較。

HGガンダムスローネツヴァイとアルケーガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

アップで比較。面影はあるもののフォーマットが違うので、それぞれ特徴的なキットに仕上がっています。

HGガンダムスローネツヴァイとアルケーガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG アルケーガンダム レビュー

 

HGガンダムスローネツヴァイのガンプラレビュー画像です

「兄貴には悪いが、俺は出し惜しみなんかしねえぞ!」

HG ガンダムスローネツヴァイの感想

ということでHGガンダムスローネツヴァイのご紹介でした。

 

スローネ系の色違い共通ランナーを使いつつ、特徴的な頭部やGNバスターソード、GNファングなどが付属するため個性的なガンプラに仕上がっています。

肩の前後可動こそ苦手ですが、かっこいいポーズは決まる模様。

スローネアイン/ドライとの連結ギミックも搭載しているので、3機でディスプレイするのを強くオススメします……!(>ω<)

一番の長所は、2008年製のガンプラでありながら劇中再現度の高いプロポーションが再現されている点。シールは多く色の足りないところも多いですが、この再現度が本キット最大の長所だと思いますぞ……。

 

以上、「HG ガンダムスローネツヴァイ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る