スポンサーリンク
スポンサーリンク

[PR]プレミアムバンダイ

icon
icon
iconicon
icon

【ガンプラ】HG 1/144 オルトリンデ レビュー【プレバン】

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGオルトリンデ」のガンプラレビューです。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼に登場し、内部統制部隊隊長のジジル・ジジンが搭乗するオルトリンデをご紹介。

2023年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

ヴァルキュリア・フレームが採用されており、外装や専用武装のヴァルキュリアダブルブレードが新規造形で付属します。

ということで、HGオルトリンデをレビューしていきたいと思います!

HG 1/144 オルトリンデ

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

オルトリンデとは

厄祭戦やくさいせん末期に開発された、ヴァルキュリア・フレームが採用されたMS
・機体名称の由来は、ニーベルングの指環ゆびわに登場する戦乙女ヴァルキリーの1人で「剣の切っ先」からとられている
元々はダインスレイヴを運用する機体
・月鋼ではギャラルホルンのナディラ家が管理する内部統制部隊の隊長、ジジル・ジジンが搭乗

ガンプラでは「グリムゲルデ」「ヘルムヴィーゲ・リンカー」「ジークルーネ」に続き、ヴァルキュリア・フレームが使われた4機目のキットとなります。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

組み立て書は白黒ですが、今回は一般発売の鉄血HG系と同様にパイロットや各武装設定が解説されたものになっています。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、メインカメラと胸部にしか使いません。

色分けは良好だぞ!(>ω<)

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

外装や武装は新規造形ですが、余剰パーツはほとんど出ません。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

そして完成したHG 1/144 オルトリンデがこちら。

ホワイトとグリーンを中心としたシンプルなカラーパターンで再現されていて、頭部アンテナと左肩の十字イエローも細かく色分けされています。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

もともと出来のよいヴァルキュリア・フレームが採用されているということもあり、高可動かつプロポーションの良さが引き立ちます。

フルフレーム構造になっていて、グネグネと柔軟に動くのはHGシリーズの中でも屈指のクオリティといったところ。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がり顔を上げる動作も得意です。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

上半身は、前後に柔軟に可動します。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

手足の関節も90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転。全体的に見て、可動域はかなり広いです。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。メインカメラはクリアブルーのパーツが採用されていますが、表面にシールを貼る仕様です。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

左側についている頭部アンテナは色分けされていて、特徴的な形をしています。

設定的には、ダインスレイヴを運用可能にするための高い索敵能力を有しているとのこと。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

ちなみに頭部のメインカメラ部は選択式で、↑のように中にシルバーのシールを貼り、クリアブルーのパーツを被せるだけの状態も再現できます。

今回は、クリアパーツの上にシールを貼った状態でレビューを続けます。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

胴体は、前面左右のくぼんでいる部分にシールを使います。

このあたりの外装は前後はめ込み式ですが、合わせ目は出ません。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

バックスラスターは、上下に可動します。

腰部の動力パイプもしっかりと色分け済み。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

肩部はボールジョイント接続で、前後に可動します。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

肩は、左右で形状が違います。

右肩は尖ったデザインになっていて、内部はグレーの裏打ちパーツで再現されています。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

左肩は黄色い十字がデザインされていて、シールドバインダーを取り付けるジョイントパーツがついています。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

「広域のエイハブ・ウェーブを感知するレーダーの傘」として機能する、シールドバインダーがこちら。

オルトリンデの特徴部分の一つです。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

シールドバインダーは5パーツ構造で、軸接続によりそれぞれ角度を変えることができます。

地味に、裏側にもモールドがあるのがいい感じです。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

腕部は、二の腕の装甲だけグリーンというオシャレな色合い。

二の腕から下はロール回転し、合わせ目もありません。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

腰部。左右のアーマーは、脚部に接続します。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

リア側。丸い部分は、グレーで要塗装です。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

足の付け根軸は可動せず、シンプルな軸接続です。

底面にはスタンド用の3mm穴あり。リアアーマー内側にもモールドが刻まれています。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

脚部がこちら。ご覧のように、足の付け根の球体にアーマーを取り付けます。(アーマー自体はボールジョイント接続で、角度変更可能)

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

後ろ側はフレームがむき出しになるのですが、よく見てみるとこのあたりの肉抜きが目立ちます。(こういうデザインなのかもしれませんが)

ここが本キットの弱点部分かな?

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

特徴的な足首パーツまわりがこちら。

各部細かく動きます。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

オルトリンデ、出撃!

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

片側の刃が希少金属で構成された双頭のブレード、ヴァルキュリアダブルブレードがこちら。

設定的には、ダインスレイヴの発射機構を転用した装備となります。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

ヴァルキュリアダブルブレードを構えるオルトリンデ!

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

連結状態は、まるまる別のパーツが付属します。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

連結状態のヴァルキュリアダブルブレードを構えるオルトリンデさん。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

両手で持たせることもできます。

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

飛びかかるオルトリンデ!

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

左手のみ、平手パーツが付属します。

ヴァルキュリア・フレームのバリエーションガンプラ画像です

ヴァルキュリア・フレームが採用されているガンプラ勢ぞろいでディスプレイ。

※左から「 HG 1/144 ジークルーネ」「HG 1/144 グリムゲルデ(塗装済)」「HG 1/144 ヘルムヴィーゲ・リンカー」「本キット」

この中では、今回のオルトリンデのみプレバン限定です。

ヴァルキュリア・フレームのガンプラはどれも出来がいいので、オススメだよ……(*´ェ`*)

【ガンプラ】HG 1/144 グリムゲルデ レビュー
【ガンプラ】HG 1/144 ヘルムヴィーゲ・リンカー レビュー
【ガンプラ】HG 1/144 ジークルーネ レビュー

 

HGオルトリンデのガンプラレビュー画像です

HG 1/144 オルトリンデの感想

ということでHGオルトリンデのご紹介でした。

 

ヴァルキュリア・フレーム採用型HGということで、今回も安定のクオリティで立体化されています。

目立つところに合わせ目はないですが、厳密に言えば「足の付け根球体」や「ふくらはぎのフレーム部」には合わせ目ありです。が、どこも目立ちません。

それよりも、フレームがむき出しになる脚部後ろ側の肉抜きが気になる方はいるかなといった感じ。

とはいえ外装と武装が完全新規造形になっているし、めちゃめちゃ動くので不満点の少ないHGに仕上がっていると思います。

 

以上、「HG 1/144 オルトリンデ」のガンプラレビューでした!

icon

 

 

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る