icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBF スクランブルガンダム レビュー

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG スクランブルガンダム」のガンプラレビューです。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズに登場する、スクランブルガンダムをご紹介。

2016年発売。

ゼータガンダムにデスティニーガンダムの要素を追加したデザインになっていますが、流用はなく新規造形にて立体化されています。

飛行形態へも変形可能

という事で、HGBFスクランブルガンダムをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBF スクランブルガンダム

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

ニールセン・ラボにて開発されたガンプラ、スクランブルガンダム。

ちなみにバリエーション機として、メイジン・カワグチが改造したホットスクランブルガンダムという機体も存在しています。(ガンダムビルドファイターズA-Rに登場)

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

組み立て書には謎の少女が記載。例の夫婦の娘です(*´ェ`*)

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、ツインアイと脚部ダクトを補うもののみ付属します。

本キットの色分けは優秀ですが、色は少しだけ足りないところがあります。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品は「ビームライフル×2」「ビームサーベル×2」「飛行形態用パーツ」のみとシンプルな内容。

手首パーツも左右の武器持ち手のみです。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBFスクランブルガンダムがこちら。

ゼータガンダムにデスティニーガンダムの要素が足されたデザインになっていて、ゼータを基本に「翼」「フロントスカート」がデスティニーっぽい形状になっているのが特徴です。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

銅が短く足が長い、ビルド機体っぽい体型バランス。ライトニングZガンダムやディナイアルガンダムに近いハンサム体型で立体化されています。

また、全身には粒子蓄積用のクリアパーツがふんだんに使われています。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、腕は水平以上上がります。

開脚範囲も広いのですが、サイドアーマーと干渉するため↑以上上げるとサイドアーマーが外れる感じです。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度・ヒザ関節は90度以上大きく曲がり、無理なくヒザ立ち可能です。

上半身も柔軟に可動します。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身を少し引き上げれば、360度回転します。

総じて可動域は広く、現代のガンプラらしい自由度の高いポージングが可能です。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

ゼータ風の頭部ですが、ゼータやデスティニーと違い「フェイスマスクにへの字スリットが入っている」のが特徴です。

元々シンプルなカラーデザインをしているため色分けは良好ですが、バルカンはグレーで要塗装です。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

トサカ後ろ側のセンサーは、内部からクリアブルーのパーツが露出する構造です。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

フェイスマスクを超アップで。ツインアイのシール下はクリアブルーのパーツになっているので、クリアパーツをいかしフチを黒く塗るだけでもOKだと思います。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

首はポリキャップではなくKPS(やわらかプラ)が使われていて、ある程度可動します。

胴体は前後はめ込み式で、肩を取り付けるポリキャップの上側に合わせ目が出ます。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

上から見た図。「胴体」「肩の端っこ」「バックパック基部」「ウイング」と、意外と合わせ目の量が多いです。

肩には細かくクリアパーツが使われています。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

翼にもふんだんにクリアパーツが使われていて、大きく広げる事ができます。

デスティニーガンダム風味を感じるデザインですね。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

腕は肩の端っこと前腕部に合わせ目が出ます。

「肩の内部ブロック」「二の腕」は筒型パーツで、関節は合わせ目がモールド位置になっています。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

前腕部はロール回転します。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルは前腕部のクリアパーツにはめこみます。

ダボ穴などはなくかぶせるだけなのですが、安定して取り付ける事ができます。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部はフロント・サイドアーマーともに大きく可動。サイドアーマーにはビームサーベルの柄が収納されています。(左右とも)

リア側の↑枠は色が足りず、グレーで要塗装です。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は優秀なパーツ分割構造をしていて、ヒザ関節含め合わせ目が出ません。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

ただ、ふくらはぎのスラスターのみグレーで要塗装です。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏は多少肉抜きアリ。股下はアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルは基部で回転し、銃口を前へもっていく事ができます。ただ、側面には合わせ目が出ます。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

暴走するスクランブルガンダム!

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

翼が大きく広がるので、迫力のあるポーズで展示する事ができます。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

サイドアーマーに収納されているビームサーベルを持たせてみます。

ビーム刃のエフェクトパーツはクリアレッドのものが2本付属します。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像ですHGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

襲いかかるスクランブルガンダム!

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

搭載されている武器が「バルカン砲」「ビームライフル」「ビームサーベル」のみという事で、結構シンプルなガンプラになっています(*´ェ`*)

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

ちなみに、サーベル柄をサイドアーマーにマウントしたままサーベル刃を展開する事もできます。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてこちらが飛行形態

Zガンダムのウェイブライダー形態ような複雑な変形ギミックではなく、上半身を回転させるようなウイングガンダムに近い変形方法です。

すぐに切り替えできます。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

追加するのは↑のビームライフルを取り付けるジョイントパーツのみです。

首からお腹にかけて挟み込むように取り付けるのですが、カチっと安定して接続されます。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

HGBFカミキバーニングガンダム(塗装済)と大きさを比較。

スクランブルガンダムは頭1つ分ほどでかいです。

【ガンプラ】HGBF カミキバーニングガンダム レビュー

 

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

モチーフ機体のゼータガンダム、デスティニーガンダムと比較。

※「HGUCゼータガンダム(GUNPLA EVOLUTION PROJECT版)」「HGCEデスティニーガンダム

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

ビルド系らしい、ブレンドされたデザインになっています。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

この3体はどれも出来がいいのですが、この中だとHGCEデスティニーガンダムのクオリティが抜きん出ていると思うぞ……(*´ェ`*)

【ガンプラ】HGUC ゼータガンダム レビュー【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】
【ガンプラ】HGCE デスティニーガンダム レビュー

 

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

体型バランスの近いHGBFライトニングZガンダム(スミ入れ済)と比較。

小顔・脚長とシルエットに近いものを感じます。

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBF ライトニングZガンダム レビュー

 

HGBFスクランブルガンダムのガンプラレビュー画像です

HGBF スクランブルガンダムの感想

ということでHGBFスクランブルガンダムのご紹介でした。

 

上半身やウイングまわりの合わせ目は意外と多いですが、下半身は合わせ目無し構造で色が足りない箇所も少なく、組んでいて現代のガンプラといった印象をうけました。

バルカンやバックパック、脚部スラスターなどに少しグレーを足せば大体の色分けは完了します。

塗装派モデラーさんは、クリアブルーのパーツを粒子がかったパープルで塗装して劇中のような姿を再現してみても面白いかもしれませんぞ!

 

以上、「HGBF スクランブルガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る