スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG シャルドール改 レビュー

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGシャルドール改」のガンプラレビューです。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムAGEに登場する、シャルドール改をご紹介。

2012年発売。

マッドーナ工房の量産機ですが、ジムっぽいデザインで立体化されているほか特徴的なイエローグリーンの成形色で再現されています。

という事で、HGシャルドール改をレビューしていきたいと思います!

HG シャルドール改

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

民間の企業体で開発・生産されていたものを、軍が正式採用して改修を加えた機体シャルドール改さん。

その見た目の通り、ファーストガンダムのジムを思い出すデザインで立体化されているよ……(*´ェ`*)

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

組み立て書にはシャルドール改と、頑固親父ムクレド・マッドーナさんが記載。

ちなみに本機体は、民間から臨時登用されたパイロットたちから人気を博したMSとの事です。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

メインカメラや、黒いラインの色を補うものが中心です。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ドッズガン」「ビームサーベル」「シールド」「手首パーツ×4」「余剰パーツ」

手首パーツは左右の「武器持ち手」、左の「握り手」「平手」の計4つが同梱します。サーベル刃は1本余剰となります。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGシャルドール改がこちら。

緑の平成版ジムみたいな、量産臭ただよう弱そうな(褒め言葉w)デザインで立体化されています。

まさかAGE作品でジムっぽいMSが出るとは思わなかったよね……(*´ェ`*)

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

ガンプラ的には2012年製のHGという事で、今のガンプラ目線で見ても古さを感じないパーツ分割構造・色分け・可動にて立体化されています。

自立性・接地性ともに優れています。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は水平まで広がります。

顔を上げる動作も得意です。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、ヒザ立ち可能です。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

スッキリとしたメカデザインも相まり、可動域はかなり広いです。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。メインカメラやトサカのセンサーには光沢感のあるシールを貼りますが、クリアパーツは使われていません。

一応シールを使わずとも、中のパーツがライトブルーで再現されています。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

左側面にのみアンテナを搭載しています。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

胴体も前後はめ込み式ですが、側面は襟部含め段落ちモールド化されています。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーをアップで。黒いラインは各所ホイルシールで色を補います。

肩は前後はめ込み式で、上部・側面に合わせ目あり。ボールジョイント接続で、ある程度前後に可動します。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

腕部をアップで。合わせ目は肩内部ブロックのみに出ます。

色分けも優秀かつ合わせ目の量が少ないので、非常に組みやすいガンプラに仕上がっている模様。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。このあたりの黒いラインもシールです。

ガンダムマーカーやスミ入れペンなどで、簡単に部分塗装できそうな部分ですね。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

脚部は、ふくらはぎ付近にのみ合わせ目があります。

関節フレームに合わせ目はありません。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

足裏は、つま先付近に肉抜きがあります。

股間軸は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

バックパックにはビームサーベルが1本マウントされており、グリップを引き起こす事ができます。(基部のグレーパーツもロール回転可能)

下部のメインスラスターはポリキャップ接続になるのですが、当たるとポロリしやすいので紛失にはご注意を。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

シャルドール改、出撃!

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

シールドはグリップを握らせ、手首付近の穴に接続して持たせます。

手首付近のパーツの取り付け角度を変える事により、好きな位置にマウントする事もできます。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

シャルドール改の基本装備、ドッズガンがこちら。

ガンダムAGE-1のドッズライフルを参考に初めて連邦軍が量産に成功した、MS用ビーム兵器となります。

ビームスプレーガン時代から進化しているよ!(*_*)

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

ドッズガンで攻撃!

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像ですHGシャルドール改のガンプラレビュー画像です HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

可動域が広いので、色々なポージングが可能です。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像ですHGシャルドール改のガンプラレビュー画像です HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルを抜刀!

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

斬りかかるシャルドール改!

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

左手は平手も付属するので、色々な表情付けができます。

HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

ドッズガン+ビームサーベルでパシャリ。

HGシャルドール改とシャルドールローグの比較・違いのガンプラレビュー画像です

本キットのリデコキットである、HGシャルドールローグと全身を比較。

HGシャルドール改とシャルドールローグの比較・違いのガンプラレビュー画像です HGシャルドール改とシャルドールローグの比較・違いのガンプラレビュー画像です

違いは「頭部(前面パーツ)」と、

HGシャルドール改とシャルドールローグの比較・違いのガンプラレビュー画像です

武装」「成形色」「シール類」の4点です。

ビームサーベルとシールドはどちらにも付属しますが、「シャルドール改はドッズガン」「シャルドールローグはドッズバスターとビームアックス」が同梱するのが特徴となります。

HGシャルドール改とシャルドールローグの比較・違いのガンプラレビュー画像です HGシャルドール改のガンプラレビュー画像です

HG シャルドール改の感想

ということでHGシャルドール改のご紹介でした。

 

設定段階でシンプルなカラーリングをしている+体型デザインをしているため、色分けが良好かつ高可動なガンプラに仕上がっています。

合わせ目の量も少ないので、パチ組み派モデラーさんにもオススメです。

無理矢理弱点を挙げるとするなら、バックパックのメインスラスターがぶつかるとポロリしやすい点ぐらい。逆に言えば、ほとんど不満点はないです(*_*)

 

頭部や肩などを変えるだけで「改ではないシャルドール」が再現できるので、是非発売して欲しかったですが現段階ではほぼ無理かな?といった感じですね……コアなモデラーさんは、1/144ジェムズガンの頭部とかを持ってきてトサカをいじるなどして改造してみても面白いかもしれませんね。(他に似てる頭部あるかな?)

 

以上、「HG シャルドール改」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る